部分やせ
毒素排出で痩せる!「ゾーンセラピーダイエット」とは?

ゾーンセラピーダイエットを知っていますか?リフレクソロジーと足つぼマッサージを取り入れて、身体の代謝をあげるダイエット法です。使う道具はめん棒など自宅にあるものだけです。具体的なやり方と注意点をみていきましょう。

スポンサーリンク

ゾーンセラピーダイエットとは?

ゾーンセラピーとは、西洋リフレクソロジーをもとに行う療法のひとつです。リフレクソロジーとは、反射療法ともいわれていて、足裏のある部分を刺激することで身体のあるゾーンの機能を活性化させようというものです。

ゾーンセラピーは、西洋リフレクソロジーに加え、東洋医学の足つぼマッサージや心身の健康を考えるホリスティック医学療法も取り入れています。リンパ薬を用いず足裏を刺激することで、不調を改善する方法として広く用いられています。

ゾーンセラピーを使ったダイエットメソッドがゾーンセラピーダイエットです。足裏の刺激によって、内臓の動きを活性化させリンパや血液の流れをよくし代謝をアップさせます。それによって、ウェイトダウンやサイズダウンに導くというわけです。お腹やふとともやふくらはぎなど全身を刺激する場合もあります。

効果はむくみ改善と代謝アップなど

ソファーで寝転がる女性

ゾーンセラピーダイエットをするとどんな効果があるのでしょうか。気になる効果をみていきましょう。

毒素や老廃物が流れてむくみスッキリ

リンパの流れに沿って毒素の排出をうながすようにめん棒を動かすと、たまっていた毒素や老廃物が流れます。むくみが取れてすっきりとした美脚につながりますよ。

なかには、太ももが3,4cm細くなった人や一回り細くなった人もいます。座っていることの多いデスクワークの方におすすめのダイエット法です。二の腕などに試しても効果があります。

代謝がアップして内臓の機能アップ

毒素が排出されたり、足ツボを刺激したりすることによって、内臓機能もアップします。内臓の調子があがると、脂肪が付きにくくなり、痩せやすくなります。肌荒れも解消します。

ゾーンセラピーダイエットで使うもの

ゾーンセラピーは家にあるものだけで行うことができます。もし手元になくても、100円均一などで購入することができるので、気軽に始めてみてください。

1.めん棒

100円均一などで売っているめん棒で充分です。ラップの芯や100円均一のクラフト管を使う方もいらっしゃいます。めん棒以外のものを使う場合でも、めん棒くらいの長さのあるものを選んだ方が使いやすいですよ。

2.ストッキング、タイツ、スパッツ

素肌に直接めん棒をあててマッサージすると肌を痛めてしまうこともあります。また、体毛が濃くなったという方もいるので、ストッキング、タイツ、薄手のスパッツなどを履くようにしましょう。

3.マッサージオイル

入浴中やお風呂上りなど素足で行いたい場合は、マッサージオイルを使うようにしましょう。すべりがよくなって、肌トラブルを回避できます。なめらかに動かせるので、マッサージ効果もアップしますよ。

ゾーンセラピーダイエットのやり方

足裏のツボ

ソーンセラピーダイエットのやり方をご紹介します。足裏のツボが身体のどのゾーンにつながっているかについて描かれた図も参考にしてください。

食事制限と筋トレ不要のダイエット

ゾーンセラピーダイエットはきつい食事制限や筋トレが不要です。むしろ、ゾーンセラピーダイエットを始めた当初は、筋トレを行わないでください。エクササイズはヨガやストレッチなど強度の弱いものにしましょう。筋肉をつけると筋肉と脂肪の間にある贅肉が落ちにくくなるからです。

1.足裏でめん棒を転がす

足の裏でめん棒を踏んで、ころころと転がしましょう。力加減は痛気持ちいくらいがベストです。足の裏全体のがマッサージされて、身体がすっきりします。

2.足裏のツボをゴリゴリと刺激

1.で足裏のツボは刺激されているので、この項目は省いてもいいのですが、気になるゾーンがある方は実践しましょう。セルライトが気になる方は、上の画像で右足の「Heart」と書かれているゾーンを押し当てて刺激します。固くなっている部分があれば、ゴリゴリと刺激したりほぐしたりしてあげましょう。

3.足首を下から上へマッサージ

ゾーンセラピーダイエットは下から上へ流すのが基本です。足首も下から上へ老廃物を流すイメージで行いましょう。めん棒を持つ手は順手という手の甲が上を向いている持ち方です。

4.ふくらはぎを下から上へもみほぐす

「少し」痛みを感じるくるらいでちょうどいい力加減です。ふくらはぎを行うときは逆手という手の平が上を向いている状態で行うとやりやすいですよ。すねは順手で行います。

5.太ももは力を入れてマッサージ

太ももの外側も内側も力を入れてマッサージしましょう。立ったままより椅子などに座ってからのほうが行いやすいですよ。太ももの内側は、お肉がお尻の下に流れていくように仕上げましょう。

参考になるおすすめ実践動画

めん棒やすりこぎをつかって行うゾーンセラピーダイエットの参考動画をご紹介します。足痩せとウェスト痩せのための動画です。動画を見ながら行うとやりやすいのでおすすめです。

ダイソーのすりこぎを使って足痩せゾーンセラピー

ダイソーで買ったすりこぎを使って足のむくみを取るゾーンセラピーダイエットの動画です。まず、足裏を刺激し、足首、ふくらはぎ、ふとももの順でマッサージします。こちらの方は、ふくらはぎも順手でされています。

寝る前に行っているとのことで、すっぴんでリラックスした雰囲気の様子がうかがえる動画です。マッサージはきちんとしなくちゃ、と力んでしまう人は、こちらの動画を参考に、気楽に始められてはいかがでしょうか。

らくらくウエスト痩せ! 「めん棒ゾーンセラピー」でくびれ復活!!

ウエスト痩せを狙ってめん棒でマッサージをする動画です。太ももの付け根から行い、お腹も円を描くようにマッサージします。わき腹を肋骨に向かってもみほぐし、背中からわき腹の肉をおへそに向かって流すように行います。こちらも力まずリラックスしてマッサージしましょう。

ゾーンセラピーダエイットの注意点

食事制限も不要で簡単に始められるゾーンセラピーダイエット。注意点はどんなものがあるのでしょうか。

冷たいものを摂らないように注意

冷えたフードやドリンクは内臓を冷やしてしまいます。内臓は冷えてしまうと暖めようとして、お腹周りに脂肪を付けようとします。冷たいものの食べ過ぎ飲みすぎには注意しましょう。

力を入れすぎないようにしましょう

セルライトをつぶしたいと思うばかりに力を入れすぎないようにしましょう。あまり力を入れると青あざのようになってしまいます。本人が気持ちがいいなと思える力加減でとどめておくことをおすすめします。力の強さでなくこなした回数で痩せていきます。

マッサージ後に水分補給をしましょう

マッサージによって血流が促進されているので、終わった後は水分を補給するようにしましょう。毒素の排出もうながされてダイエット効果がアップします。

体質によっては生理不順に注意

生理も順調になるといわれているゾーンセラピーダイエットですが、体質によっては生理が止まったというケースもあります。もし、生理が止まったということであれば、ゾーンセラピーダイエットを中止しましょう。

自宅で手軽にできるダイエット

バスローブ姿でふくらはぎを触る女性

ゾーンセラピーダイエットは自宅でTVを観ながらでも手軽にできるダイエット法です。食事制限もなく、必要な道具もローコストで用意できるので、気軽に始めてみてください。

ポイントは、痛気持ちいというくらいの力加減で行うことです。ゾーンセラピーは心身の健康を求める健康法でもあります。ご自身にとって心地いいいやり方を見つけましょう。リラックスして身体の不要なものや滞っているものを流してあげるイメージで行います。

自宅で暇な時に行えるようにテレビ台の側、ベッドサイド、デスクの引きだしなどにめん棒を置いておくのもいいかもしれませんね。毎日のケアが習慣になって、美脚と美容へのモチベーションが手に入りますように。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ