普段の食事
しっかり食べても太りにくいのは朝?昼?晩?

「朝ごはんをしっかり食べて、お昼と夜を軽めに食べると太らない」、「朝と夜は軽めに食べて、お昼をしっかり食べることで太らない体質を作る」、「一日一食だけにするとかなり痩せる」、「断食をすると手っ取り早く痩せることができる」などといったダイエット情報は、日本だけでなく世界中で常に氾濫しています。

ダイエットを本気で考えている人にとっては、何を信じればいいかわからなくなってしまいますよね?では本当にいいやり方はどれなのかについて、少し考えてみましょう。

スポンサーリンク

一番しっかり食べていいのはお昼?

ランチ中の2人

米国にある某ダイエット雑誌に「Big meal(たくさんの量)を食べるなら、午後1時から午後5時の間がベストである」という情報が記載されていました。なんでも、有名なダイエットインストラクターが言っていたそうです。確かにこの意見は納得する部分もあり、また筆者自身もそのように実践しております。

朝ごはんを軽く取っておくと、お昼にはお腹がとても空いている状態になります。そこでしっかり食事をすることで、夕方までお腹が空きません。もちろん個人差はありますが、スナックなどの余分な間食がいらなくなります。逆にお昼を軽く済ませてしまうと、夕食までに必ず軽食やスナックに手を出してしまうでしょう。

間食を食べてしまうと一時的にお腹は満足し、本来食べるべき夕食時にはお腹が空いていない状態になります。そうすると今度は夜遅くにお腹が空いてきます。夜遅くに食べることにより太りやすい体になり、体重減少が期待できなくなるということです。

「まごわやさしいこ」は、ダイエット中の食事バランスを最強に整える!

朝、夜の軽い食事とは?

野菜スープ

では、軽い食事とはどれくらいのことを言うのでしょうか?カロリーにあまりこだわるとストレスが溜まりますが、ダイエットをするためには知っておくことも大切です。軽い食事というのは400カロリー未満とか言われていますが、あまり難しく考えなくてもいいでしょう。

筆者が普段食べている夜ご飯の例を挙げると
◆サーモンなどの魚の切り身+蒸しサツマイモ1/4+グリル野菜
◆野菜スープ、またはレンジ豆スープ
◆キヌアと野菜のサラダ
◆赤身肉100グラム+グリル野菜

あくまでも一例ですが、白米やパン類は基本的にお昼に食べ、朝と夜には抜いています。

朝や夜にしっかり食べたい人

レモン入り炭酸水

朝ご飯をしっかり食べることは、特にあまり問題視しなくてもいいでしょう。しかし夜ご飯に重いものを食べるのは、ダイエットするには少々考えものです。もしお付き合いや、どうしても夜にしっかり食べたいのであれば、食事前にレモン水や糖分の含まない炭酸水を飲んでください。お腹を少し膨らませると空腹感をマシにしてくれます。

そして、もし可能なら、食後の散歩などをおすすめします。そうすることで睡眠までに、お腹の中をスッキリさせてくれます。一番いけないのは「食べてすぐ寝る」ことです。できるだけ寝る3時間前には、全ての食事を終えておきましょう。

もう一つの説、朝昼晩の食事その黄金比率とは

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ