基礎知識
メイクで作る!本場「外国人風」小顔テクニック

顔が痩せて見えるだけで、ほっそりとした印象になると、小顔メイクがポーランド女子はもちろんのこと、ヨーロッパ中で話題に。その火付け役は、日本でも有名なL’Oreal Parisから新発売の「Infallible Sculpt Contouring Palette」というハイライト×シェーディングがセットになったコスメ。

その人気ぶりといったら、人気色がなかなか入庫しないほどです。日本では未発売ですが、アマゾン等で購入できるようです。今回は、ほっそり顔に大変身!ヨーロッパ女子の小顔テクニックをご紹介させて頂きますね。

スポンサーリンク

メイクで顔痩せ!まずはシェーディングとハイライトの色&質感を決める

チークの種類

シェーディングの色は明るすぎても暗すぎてもNGです。基本的には、「自分の肌よりも2トーンくらい下げた色」がオススメ。ハイライトはこちらでは基本的に白・クリーム系が圧倒的な人気です。ヘルシー・セクシーなメイクが主流だららでしょうか。日本では、クリーム系、ピンク系が人気のようです。白浮きせずに顔に馴染む色をチョイスすれば大丈夫です。

質感としては出来ればクリームタイプがおすすめ。ヨーロッパで大流行中の上記でご紹介したコスメもクリームタイプになっています。粉タイプよりもお肌に自然に馴染み、また密着度が高いので色が落ちにくいというメリットがあります。1日中、メイクで顔痩せをキープするなら、クリームタイプが優秀だと言えるでしょう。

顔痩せだけで見た目3キロ減を狙う

メイクで顔痩せ!シェーディング テクニックをご紹介します

ヨーロッパ女子がお手本にする、小顔メイクをご紹介させて頂きます。憧れの外国人顔・小顔の両方を手に入れてみて下さいね。こちらの動画は、ヨーロッパで大人気商品となっている「Infallible Sculpt Contouring Palette」を使用したメイク方法です。

ステップ1:まずはシェーディングから
耳に近い頬骨の出っ張っているところからシェーディングを入れます。ノーズシャドウもここで入れてしまいましょう。

ステップ2:おでこ、顎下にシェーディングを入れる(必要な人のみ)
上記動画のように、おでこ、顎下にシェーディングを入れる方法もありますが、私の知人では日常シーンで、そこまで手の込んだことをしている人はいません。必要であれば取り入れてみて下さいね。

ステップ3:ハイライトを頬に入れる
ハイライトは、頬の高い部分に入れます。目じり~目頭~小鼻の三角ゾーンに入れるとキュッと引き締まった印象となります。

ステップ4:明るめチークを入れる(必要であれば)
こちらでは、入れない方も多いです。ピンク系のチークを最後にプラスすると、可愛らしい雰囲気になります。キム・カーダシアンのようなセクシー系小顔であれば、チークなしの方が、よりシックでクールな小顔になります。

ワンポイントアドバイス
シェーディングを入れた後に、ブロンズ系薄めのパウダーや、フィニッシュパウダーで抑えると色が落ちにくくなるうえ、サラリとしたマットな印象となりおすすめです。

動画ではなく、画像バージョンのシェーディングイメージであれば、以下のようになります。
シェーディング
http://www.empik.com/l-oreal-paris-infallible-sculpt-paleta-do-konturowania-rysow-twarzy-03-medium-dark-10-g-l-oreal-paris,p1121711897,perfumy-p

エビングハウス錯視で小顔にみせる方法

最後に

シェーディング

ヨーロッパ流、小顔メイクをご紹介させて頂きました。この夏は、いつもとは少し違う「セクシー・ヘルシーな小顔メイク」に挑戦してみてはいかがでしょうか。メイクで顔痩せ、見た目-3キロも夢ではないかもしれません!真夏の太陽に映えるメイクを叶えてみて下さいね。

ヘルシーくびれボディの11の秘密~ヨーロッパ(ポーランド)女子編

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ