部分やせ
下腹がぽっこりしている女性向け!女性ならでの2つの原因と解決法

身体全体は細いのに、下腹だけがぽっこりとでていることはありませんか。美意識が高くて食事にも気を使っていても、下腹だけは痩せにくいものです。本記事では、下腹が出てしまう女性ならではの原因2つと引き締めるためのトレーニング方法を紹介いたします。

スポンサーリンク

便秘と骨盤のゆがみで下腹が出ることも

お腹をさすり仰向けになっている女性

腹筋をしているのに下腹が引き締められない、と感じたことはありませんか?下腹の引き締めには、腹筋だけでは不十分です。原因を探って、より効果的に下腹痩せを狙いましょう。

下腹が出る原因とは何でしょうか。脂肪がたまったことや背中の筋力不足などいくつかありますが、注目したいのは便秘にならない習慣と骨盤のゆがみです。腹筋だけで痩せなかった女性はこの2つが原因の可能性もあります。

食事改善で便秘を解消し引き締めましょう

ホームメイドヨーグルト

便秘が原因の方は、食事内容を改善させて便秘を解消しましょう。具体的には、食物繊維の豊富な野菜やダイエットのためにホットヨーグルトなどを摂取することです。また、お腹を「の」の字にマッサージするのも効果的です。食事内容を改善して内部から腸内環境を整えるとともに、外部からも刺激を与えてあげましょう。便秘はストレスも関係しているので、ストレスを緩和させるような生活を心がけたり、腹式呼吸でリラックスする時間を取るのも大切です。

下腹ひきあげ運動やお尻ウォーキングで引き締め

お腹に力を入れてひっこめても下腹はまったく動かない、ということはありませんか。ウエスト部分にひっぱられて動くだけで下腹だけを動かすことができない方も多いと思います。そんな方は、下腹をひっこめる運動を取り入れて、下腹が動く感覚をつかみましょう。

<下腹ひきあげ運動のやり方>
1.背中を壁につけます
2.下腹をひきあげるように肩をひきあげます
3.下腹を壁にくっつけるイメージで大きくひっこめます

下腹の動く感覚がつかめてきたら、骨盤矯正にも効果があるといわれているお尻ウォーキングを取り入れるようにしましょう。お尻だけでずるずると歩くお尻ウォーキングは手軽で楽しく行えるのでおすすめです。

<お尻ウォーキングのやり方>
1.床に座ります
2.足と背筋をまっすぐ伸ばします
3.そのまま、お尻でずりずりとウォーキングします

道具もいらずお金もかからず、気が向いたときに室内でできるトレーニングです。取り入れやすいので、続けやすいですよ。

腹筋美人をつくる立ちエクササイズ3選

下腹がひっこんだら自信もつきます

下腹がへこんだ女性

レストランで座った時にも気になる下腹。姿勢がよくてまっすぐ立っていたらそれほど目につかない下腹でも、座るとポコンと出て恥ずかしい気持ちになりますよね。腹筋だけでは痩せなかった人も、食事改善と骨盤矯正で美しい下腹を手に入れてくださいね。

丹田がすごい!ドローインとは違う丹田を意識した呼吸法

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ