体験談
アパレルセールスで気づいた洋服を自分らしく着こなすために大切な3つのこと

ちまたにはさまざまな洋服があふれています。最近は、ファストファッションストアやインターネットでも手軽に洋服が買えますし、とても安価にさまざまなコーディネートを楽しめるようになりました。私はアパレルセールスのお仕事を通して、さまざまなお客様のお手伝いをしてきました。その中で気づいたおしゃれのヒントを3つ、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

1、サイズをきちんと選ぶ

ハンギングされた服のサイズ違い

洋服のデザインをはじめ色や素材などは洋服を選ぶうえでとても気になる要素ではありますが、実はサイズ選びはとても重要。おしゃれな方はサイズにとてもこだわっている方が多かったものです。サイズ一つでせっかくの服がだらしなく見えてしまったり、アカぬけない着こなしになったり、良い洋服も安っぽく見えてしまうこともあります。

洋服はブランドやデザイン、素材、どのような着こなしをしたいかなどによってその人に合うサイズが変わってきます。よくMサイズを着ているからと言って、いつもMサイズがぴったりというわけではありません。まず基本は自分に合ったサイズを知ること。サイズを測ってくれる店員さんがいる場合は測ってもらい、それに合ったサイズを用意してもらいましょう。

もし測ってもらうのが恥ずかしかったり、そういったお店ではなかなか買い物しなかったりする方は、しっかりと試着して自分に合ったサイズを見極めることが大切。普段Sサイズの人だとしても、その洋服はLサイズがかっこいいなんてこともよくあります。
身幅は合っているのに袖丈が長い、パンツの丈が長い・・・というような場合、お直しできるものはしてあげると、よりいっそう自分らしい着こなしになります。

ゆるい服に甘えない。ぴたっとした服でダイエットを成功させる3つの理由

2、手入れが行き届いていること

靴のお手入れ

アイロンのしっかりかかったシャツ、磨かれた靴、よれていないTシャツなど…。着ている洋服のお手入れはきちんとできているでしょうか?洋服が非常に安価で手に入り流行も変わっていくなか、手入れをして長く着るという習慣があまりないのかもしれません。しかしながら、どんなに価格が安くても少しだけお手入れしてあげるだけで、安いアイテムも見違えるように高級感ある素敵なものに変わります。

私の経験上、特に足元を綺麗にされているお客様は、とても良いお客様であることが多かったです。“良い”というのは、お金を持っているとか、社会的地位の高い方というわけではありません。

決して高い靴というわけではなくても、その靴を大切にして丁寧にこだわって身に着けている。

そういった方は、決して派手な着こなしや流行を追ったような着こなしをしていなくても、自分らしくおしゃれを楽しんでいらっしゃいました。

新しい洋服を買わなくても、いつものお気に入りのアイテムに少しだけ手をかけてあげるだけで、更におしゃれで素敵な印象になるはずです。

足痩せ・美脚を叶える最低なハイヒールの高さとは

3、自分自身の姿勢を正す

試着をする男性

私がメンズショップでセールスをしていた際、何人ものお客様に、とてもシンプルな定番のシャツとチノパンのコーディネートでご試着していただきました。男性のコーディネートの中では、基本中の基本のシンプルなコーディネート。小物などの違いを出すにしても、どの方でも着ていただきやすいコーディネートです。

しかし、何度もそのコーディネートのご試着を見ていくうちに気が付きました。同じものを着ているはずなのに、抜群にかっこよく着こなす方がいらっしゃることに。

「背が高くてすらっとしてて、モデルみたいな人なんでしょ?」「顔がすごくかっこいいんでしょ?」
いいえ、そういったことではありません。それは、凛とした姿勢と自信にあふれたその方が持っているオーラです。

経営をなさっている社長さんでも、企業に勤める会社員の方でも、はたまた大学生でも、それらの方々は非常に凛としていらっしゃいました。(中にはかなり貫禄のある体型の方もいましたし、小柄な方もたくさんいましたよ!)もちろん女性も同じこと。

まずは背筋を伸ばして胸を張ること。そうすることで、着ている服が自然とあなたの一部になってくれ、おしゃれで素敵な印象になることでしょう。

3キロ細く見える姿勢の正し方

自分らしい着こなしのために

スカートのすそを持つ女性

スタイルをよく見せたり、印象をよく見せたりするようなさまざまなテクニックもありますが、まずは今回ご紹介したことを基本にするだけで、よりおしゃれで素敵な自分らしい着こなしができることと思います。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ