運動
スクワットで効果が出ない?やり方をチェックしてみましょう

スクワットはエクササイズの中でも、手軽でありながらお腹から下半身にかけて抜群に効果がある運動です。しかしそれは正しいやり方でやっている場合のみ。スクワットは、効果を発揮する正しいやり方があります。

もし間違ったままやっていたとしたら、効果はほぼあらわれてこないでしょう。スクワットをやっても効果がでない方、ぜひ下記の例を見てください。ひょっとしたらあなたのやり方は間違っているかもしれません。

スポンサーリンク

ひざの先端が足のつま先より前に出ています

スクワットの基本中の基本ですが、けっこう守れていない人が多いと聞きます。しゃがむ時、ひざがつま先より前に出てはいけません。ひざが足の先端より前に出ることで、ヒップ部分や前太ももエクササイズの効果が減少します。効果をより早く求めたい人は、かならずひざとつま先をチェックしながらやってください。

ひざを曲げすぎ、お尻を深く落としすぎています

スクワット初心者がよくやりがちなのは、ひざを曲げすぎてお尻を落とし過ぎること。つまり、しゃがみ込むような状態になるということです。そして回数だけを増やし、まるで屈伸運動のような動きをすること。

私も以前はそうでしたが、こういった間違いは女性に多いようです。ひざの屈伸は気を付けないと、しゃがみ込んでいる間、ひざ靭帯に相当な圧力を与えることもあります。怪我のもとにもなるので、屈伸運動のようなスクワットはやめましょう。

ひざ角度が90度になっていません

水色のシャツを着てスクワットをする女性

スクワットは、太ももとフロアが平行になるまで下がり、ひざの角度を90度にしている状態が正しい姿勢です。その時、お尻をできるだけまっすぐ下に降ろしていきます。もちろんへっぴり腰になってはいけません。できれば鏡を見てやるのが理想的です。

もし鏡がない場合は、ひざくらいまでの高さの箱、またはステップを後ろに置いて、お尻が箱にちょうど触れるまで降ろす練習をしてください。すぐに感覚はつかめると思います。

同じスクワットをし続けています

首に手を当ててスクワットをする女性

毎日同じスクワットをするのは、決して悪いことではありません。しかし効果が思った以上に出てこない場合は、いつも同じ足幅、同じポーズではなく、たまには足位置をかえてみてはいかがでしょう?

スクワットにも種類があり、ちょっとした工夫で内ももやお腹の筋肉に効果的な方法があります。スクワット初心者にはおすすめできませんが、少し慣れてきた人はぜひチャレンジしてみてください。

軽すぎるスクワット

バーベルをもってスクワットをする女性

スクワットで効果が出てきたけど、それ以上の効果を求めたいときは「軽すぎるスクワット」を卒業しましょう。どんな運動でもいえますが、重量を持たせるとカロリーもさらに減らせます。

スクワットをするときには、ダンベルを持ったりペットボトルを持ったりして、少し重みをもたせてやってみましょう。それにより多くのカロリーを消費し、筋力がつくこと間違いなしです。

最後に

もうずいぶん前になりますが、スクワットと屈伸運動を大きく勘違いしていました。スクワットだと思い込んでいた屈伸運動を100回ほどしていた私は、「正しいスクワットをすれば、1日20回で痩せる」と聞いたときは驚きました。

最初は10回するのも大変な状態でしたが、慣れるとサクサクできるようになります。現在では毎日30回ほど色んなバリエーションを加え、自分なりに工夫しています。たかがスクワットと思いがちな手軽な運動ですが、体型維持や体をもっと引き締めたい人にはおすすめです。ぜひ正しいやり方で挑戦してください。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ