季節やせ
手っ取り早く無理なく短期型ダイエットに挑む!

2016年の夏はプールやビーチに遊びに行きましたか?もっと早くにダイエットしておけばよかった!なんて後悔している人いませんか。夏の終わりのイベントの予定がまだある人もいると思います。

だからといってまだ暑い時期に慌ててダイエットに取り組むと、危険を伴う場合もあります。まずは下記の内容をよく理解し、無理なダイエットをしないようにしましょう。そして非常事態を解決できる方法を取り入れてくださいね。

スポンサーリンク

絶食まがいの究極ダイエットに注意

野菜

海やプールのデートで水着を着る前に、女性が良くおこしがちな行為です、早く痩せたいがために無茶なファスティングダイエットや、きつめの短期ダイエットをすると逆効果。栄養不足で貧血を起こしたり、体に不調が起こる場合もおおいにあります。知識のないまま自己流でのダイエットは、暑い時期にはおすすめできません。彼とのデートの最中にふらふらになっては、せっかくの素敵な時間も台無しですよね。

<非常時解決策>
精製した炭水化物(白米や白いパンなど)を、緑黄色野菜と入れ替えてみましょう。どうしても炭水化物を摂りたい場合は、玄米や全粒粉のものをほんの少量だけ。もちろんお菓子類は、徹底して抜きます。たっぷりの野菜を摂ると、体も軽くなり空腹感もありません。短期間だけ頑張ってみてください。

有酸素運動だけに頼らない

縄跳びをしている女性の足

一般にいわれているのは有酸素運動だけでは痩せないということ(※個人差はあります)。暑い時期にたくさん歩いても体重は減りにくい、ということを覚えておいてください。体作りに有酸素運動は必要ですが、さらに引き締めたいのであれば、プラスして無酸素運動も取り入れるべきです。結果を出すのに時間はかかりますが、有酸素運動のやり方次第では、一石二鳥という場合もあります。

<非常時解決策>
手っ取り早く体重を減少させ、筋力を作るには縄跳びと踏み台昇降がおすすめです。この2つのエクササイズのポイントは足を高く上げること。個人差はありますが、毎日10~20分やると、筋肉痛にはなるものの効果は目に見えてきます。

同じことの繰り返しはしない

足を支えてもらい腹筋している女性

短期型ダイエットに取り組む場合は、同じメニューの繰り返しはやめましょう。有酸素運動、無酸素運動ともに、交互でもいいので毎日違うメニューを取り組んでください。それは体の色んな部分にスポットを当てて、まんべんなく整えていけるからです。

<非常時解決策>
有酸素運動なら、踏み台昇降、縄跳び、ジョギング、ウォーキングなどを交互に。無酸素運動ならヨガ、腹筋などの筋力運動、スクワットなどを組み合わせて、毎日違うメニューで行うことをおすすめします。もちろん2種を交互にしても大丈夫です。自宅で簡単に行えるエクササイズは豊富にあるので、いくつか取り入れてみてください。

まとめ

上記は短期型の即興ダイエットのやり方です。普段から有酸素運動や無酸素運動で体を鍛えている人は、毎日同じルティーンを繰り返すことも大切です。ただ、当たり前なのですが即興でダイエットやエクササイズをしても、すぐに結果が出ないことは多いものです。

それによりイライラしたり、出かけるのが億劫になったりしては、せっかくの楽しい計画も水の泡ですよね。焦って結果を出すことを考えるより、「これで結果が出たらラッキー」くらいの気持ちでいれば心も楽なのではないでしょうか。身体のラインは必要以上に気にせず、思い切り季節のイベントを楽しんでくださいね。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ