やせ見え
アパレルセールスで学んだ、美しいスタイルをキープする3つの秘訣

ショップの店員さんって、スタイルのいい人が多いですよね。私もアパレルセールスのお仕事をしている際、恐れ多くもお客様に良くスタイルを褒めていただきました。しかし、私がアパレルのお仕事を始めたとき、スタイルはそれほど良くはなくお客様に褒められることも皆無・・・。自分にも自信を持てませんでした。

そんな私も、気づいたときにはお客様によく褒めていただけるようになっていました。では、一体何が私を変えていったのか?私が気づいた3つの秘訣をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

鏡を見ること

鏡の前で服を合わせる女性

アパレルの仕事をしていると、毎日鏡に囲まれて過ごします。朝は鏡を磨くことから始めますし、お客様を接客する際には必ずといっていいほど鏡を見ます。

接客させていただくお客様がスタイルのいい方だと、並んだ自分に対して「お腹がちょっと気になるな」「背筋が伸びてないな」などとよくがっかりしたものです・・・。そうなると、嫌でも自分のスタイルが気になりはじめ、かっこよくなりたいと自然と意識をするようになります。

気になったお腹に少し力を入れて仕事をしてみる、背筋を伸ばして立ち姿を美しく保つように努力する、など、より美しくなるためにと意識が向いてきます。姿勢の良さは痩せ見えにもつながります。人間は意識をすればその方向に向かっていくもの。仕事場に鏡がなくても、毎日お家で鏡を見ることで自分を美しくなる方向へ導いてくれるでしょう。

新しい洋服を着ること

ワンピースやバッグやハット

アパレルのお仕事は、お客様に合わせたそのシーズンの素敵な着こなしをご提案すること。もちろん私たち店員も、シーズンの新しい洋服を着てお店に立つのが基本です。新しい洋服を着ると、毎回とても気持ちが引き締まります。そしてとてもワクワクします。

まるで新しい自分になったような感覚になり、さらに細部まで気になり始めます。洋服はとても素敵だけれど、私自身はどうかな?この洋服を素敵に着こなせているかな?と、考えるようになります。それまでは気になっていなかった部分に意識が向き、気づいていきます。

新しい洋服は、定期的に自分を見直すきっかけになってくれていました。いつの間にか満足してしまっている自分を見直すことで、さらに美しくなるきっかけを与えてくれるはずです。

人に見られている意識を持つこと

サングラスをかけて街を歩く女性

アパレルのお仕事でお店に立っていると、常に誰かに見られています。四方八方、どこからお客様が見ているかわかりません。お店に立つ際には、常に見られていることを意識して気を抜くことはできませんでした。

そして見られているかもしれないと思うと、やはり自分を少しでもよく見せたくなるのが女性の(男性も?)心情というもの。美しい歩き方や動作を嫌でも意識するので、頭から指先まで体全体の筋肉も自然と使えていたように思います。いつも誰かに見られていることを意識することで、なりたい自分のイメージにより向かっていくことでしょう。

まとめ

ちまたにはたくさんの種類のダイエット方法があふれています。しかし、特別なダイエットをする前にまずは日常の意識を少し変えてみる。そうすることで、無理なく自然とより美しいスタイルが手に入れられるかもしれません。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ