普段の食事
食べ過ぎたくない!そんなアナタに習慣づけてほしいダイエット方法

「早食いは太るもと」とわかってはいても、空腹だとつい一気に食べてしまいませんか?そこにアルコールが入ってしまうと、さらに太るもとを作っているようなものです。でもこの食べ過ぎを防止する簡単な方法があるんですよ。

もちろん意識しなければできませんが、毎日実行することにより習慣になっていきます。このやり方は米国栄養士が、「食べ過ぎを抑えたいダイエット患者」にすすめている方法です。食べ過ぎを抑えたい方は、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

食事の前の飲み物と食べ方

食事の前には必ずグラス一杯の水、もしくは白湯、緑茶などを飲みましょう。そしてゆっくり深呼吸し5分ほど瞑想にふけってみましょう。外食中に瞑想することは難しいかもしれませんが、軽く深呼吸ぐらいはできますよね。

飲み物を飲み、リラックスすることで、消化器系を穏やかにする効果があります。そのうえ、深呼吸することは、あなたの摂食を遅くする助けにもなります。そして食べるときはゆっくり食べることを心得て、しっかり噛むことを意識してください。

途中休憩10分間

米国栄養士栄養士(Whole Health Nutritionの)がすすめる、食べ過ぎを抑えるための方法のひとつに、「食事の半分を食べて10分間の休みを取る」という方法があります。食事を半分くらい食べたら、いったんお箸を置いてください。とりあえず休憩時間をもうけることが推奨されています。

その間にレモン水や炭酸水(無糖)を飲んだり、白湯や緑茶などを飲み、心を落ち着けて深呼吸したり、人と話したりしてください。休憩時間を挟むことにより、脳に食事の満足感を送ることができます。そして残りの食事をいただくときは、「本当に食べたいかどうか」を判断しましょう。最初は難しいですが、いったん習慣づけば食事後は非常に気分がよくなってきます。

ダイエットを意識づける瞑想

リラックスしている女性

もし今までの人生で瞑想したことがなくても、まったく心配しないでください。瞑想はやり方を追求すれば奥深くなりますが、要は「心をリラックスさせること」です。目標を持ったときや何かに集中したいときは、瞑想すると成功することが多いものです。

まずは簡単なアプローチを始めてください。朝一番に、カップ1杯の白湯、またはお茶をすすって、深く呼吸して「ダイエットの成功」をイメージしてください。1週間毎日5~10分間、それを試してみて自身の感覚の変化を確認してください。瞑想は丹田を意識して呼吸するとやりやすくなりますよ。

最後に

ダイエットは体重減少を目的にした人だけでなく、健康や美を意識した人にも永遠のテーマです。そこをコントロールするのは、やはり心を落ち着かせていなければいけません。ダイエットしたいのに食べ過ぎてしまう人に起こりがちなのは「意識が足りない」ということです。

本気でダイエットを考えるのであれば、まずは日々の意識、そして習慣づけが大事だということです。食事はなるべく時間をかけてゆっくり食べることが、一番太りにくい体を作ります。とくに一人で食事をとる機会が多い人には、ぜひ上記のやり方をおすすめします。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ