女性のカラダ
産後の下半身太りも解消!骨盤を整えてダイエット成功体質に

出産を経験された方の中には「体つきが変わった」、「痩せにくくなった」と感じている方も多いのではないでしょうか。特に腰回り、ヒップ、足などの下半身にはお肉がつきやすくなりますよね。食事制限で体重が減っても下半身は変わらず、出産前に履いていたデニムが履けなくなってしまった・・・なんてことありませんか?

その下半身太りを解消するには食事改善と運動をする前に、まず“骨盤”に意識を向けてみましょう!出産による骨盤の歪みを解消することはダイエット面でも多くのメリットがあるんです!

スポンサーリンク

骨盤とダイエットの関係

骨盤の歪みを解消することで多くのダイエット効果が期待できます。その効果とは・・・?

代謝が上がります!

骨盤が正しい位置に戻ることで血液の流れが良くなります。血液が全身をうまく循環することで代謝がアップし、痩せやすい体になっていきます。

冷えやむくみの改善

血流が良くなると冷えやむくみも改善されます。足などの下半身はむくみが解消されるだけでも見た目にかなりの違いが出てきますよ。

ぽっこりお腹の解消!

骨盤は子宮や腸などの内臓を支えて守る役割をしています。骨盤を整えることで内臓が下がるのを防ぎ、まっすぐでキレイなお腹をつくることができます。

便秘解消

骨盤が正しい位置に戻ることで老廃物がしっかりと排泄できるようになります。便秘の解消はダイエットだけではなく美肌にも効果的ですよ。

足の歪みもなくなります!

O脚やX脚の原因にも骨盤の歪みが考えられます。骨盤を意識して整えることは足の歪みの解消にも繋がります。

ダイエット効果の他にも腰痛、頭痛、肩こりなどの症状を緩和できます。骨盤は歪むと体全体に影響を与えてしまうほど、私たちにとって重要な部分ということですね。骨盤の歪みによる下腹ぽっこりの解決策もあるので、骨盤の状態をチェックして改善させていきましょう。

自分の骨盤をチェックしてみましょう!

寝ている女性

骨盤が歪んでいるかどうかは普段の生活の中で簡単にチェックすることができます。次の項目に当てはまるものがないかどうかチェックしてみましょう。

・左右どちらかがすり減った靴底
・仰向けで寝たときに左右の開きが違う足
・歩いている時に回るスカート
・横向きやうつ伏せ寝が多い

いかがでしたか?どれかに当てはまる場合は骨盤が歪んでいる可能性があります。

たった5分で!簡単にできる骨盤矯正法

骨盤チェックで「歪んでいるかも・・・」と思われた方へ、自宅で簡単にできる骨盤矯正のやり方をご紹介します。

寝て矯正

①バスタオルを丸めて枕状にしたものを腰の下に敷き、仰向けに寝ます。
②足は親指同士をくっつけて、八の字になるように意識してください。
③手は組んで頭の上の方に伸ばし、肘をまっすぐにします。

体の力を抜きリラックスして、この状態を5分キープしてください。骨盤が正しい位置に戻されるだけではなく、体全体が伸びるのでお風呂上がりのストレッチなどにも最適です。

回して矯正

①足は肩幅くらいまで開きます。
②腰に軽く手を当て、上半身はなるべく動かさないように腰をゆっくりと大きく回します。

左右10回ずつを目安に行って下さい。回すだけで簡単なのでテレビを見ながらでもできちゃいます!ぜひ空いた時間に試してみてくださいね。

また骨盤はお腹にある筋肉によって支えられています。出産するとしばらくは動くことがなくなり、それが続くと筋力も低下して骨盤が歪みやすくなりますので普段から腹筋を意識することも大切です。筋トレももちろんいいですが、夕飯を作る時はお腹に力を入れる、歯を磨くときにウエストを左右にひねるなど、ちょっとした腹筋運動を日常生活の中に取り入れていくと習慣になりやすいのでオススメです。

骨盤が歪む原因は出産だけではありません!

座っている女性

出産すると骨盤が開いてゆるんだ状態になり、ちょっとした動作でも歪みやすくなります。ですが骨盤が歪む原因はそれ以外にも多くあるんです。骨盤を元に戻すためにベルトなどの矯正グッズを使っていても、歪み癖を知らずに続けてしまうと骨盤はなかなか正しい位置に戻ってくれません。骨盤を歪ませている原因を知って、骨盤の歪みを予防していきましょう。

歪みの原因その1:足を組む癖

座っている時に足を組む癖がある人は要注意です。骨盤を歪ませる原因となります。どうしても足を組まないと落ち着かない人は左右の足を組み替えてどちらかにかたよらないようにしましょう。

歪みの原因その2:かたよった体の重心

立っている時、左右どちらかに体重をかけてしまっていませんか?普段から背筋を伸ばしまっすぐ立つことを意識しましょう。またヒールの高い靴を履き続けると前に重心がかかり、骨盤も歪んでしまいます。

歪みの原因その3:寝る時の姿勢

うつ伏せや横向きで寝ると骨盤にも影響します。仰向けよりうつ伏せや横向きが楽だと感じる場合はすでに骨盤が歪んでいる状態かもしれません。なるべく仰向けで寝ることをお勧めします。

食事も改善させてダイエット効果アップ!

骨盤が正しい位置に戻ってくると代謝や消化がスムーズに行われるようになり、見た目がすっきりするだけではなく痩せやすい体質になっていきます。

さらに効果を出すために、冷え対策で温かい飲み物を飲みましょう。また、代謝をアップさせる生姜や、むくみを予防する野菜と果物などカリウムを多く含んだ食材を取り入れるよう工夫していきましょう。

産後、授乳中の方は健康な母乳を作り出すためにも過度な食事制限はNGです。また授乳期ではなくても綺麗に痩せるためにはバランスのとれた食事が大切になってきます。減らすことばかりではなく体にとっていいものをプラスして、健康的なダイエットをしていきましょう!

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ