体験談
妊娠前から知っておきたい妊娠中・産後ボディケア【体験談】

産後ダイエットの情報は、雑誌やインターネット、あらゆるところで入手することができます。ですから情報不足になることは、まず少ないかと思いますが、下記に記載されていることは、超高齢出産を経て今も体型を維持している筆者自身の実体験です。これから妊娠する予定がある人、すでに妊娠中の人や産後の人、興味のある方はぜひ目を通してみてください。

スポンサーリンク

産後に体型が崩れる原因

出産すると体型が崩れるのは、誰もが知っていることです。しかし意外とちゃんとした原因を知らない人も多いようです。では「なぜ産後に体型が崩れるのか」の原因を軽くまとめておきました。

原因1 骨盤が大きくズレる

骨盤は何も出産したからといって、ズレるものではありません。日常生活の中でも、足を組んで座るクセがあったり、姿勢が悪かったりすると、知らない間に少しづつ崩れていきます。今ではあちこちに骨盤矯正クリニックがあるほど、骨盤がズレている人が多いようです。

日常でもズレやすい骨盤なのですが、妊娠中はもちろん、産後はかなりズレます。大きなお腹を骨盤が支え、また自然分娩で出産した場合は、骨盤がググッと開く形になります。産後は完全に骨盤がズレた状態。骨盤のズレを放っておくと後にその部分に脂肪がついてきます。だから産後はすぐに骨盤ベルトなどで、締めることが推奨されているんです。

原因2 お腹の皮が伸びきる

妊娠すると赤ちゃんを守るために、子宮の中には羊水、そしてお腹まわりには脂肪がついていきます。そして赤ちゃんの成長と共に、どんどん大きくなるのがお腹です。当たり前のことですが、それと同時にお腹の皮も伸びていきます。ここでちょっとだけ風船を思い出し想像してみてください。風船を膨らます前は、ゴムがまだ伸びきっていない状態です。

空気を入れて膨らませてみると、風船のゴムが伸びていって薄くなっていきます。今度は大きく膨らませた風船の空気を、抜いたところを想像してください。するとどうでしょうか、膨らます前の状態と、空気を入れて抜いた後の風船の違いは見なくても想像できると思います。空気を入れて抜いた後の風船は、シワシワ~となっています。それが産後ボディの状態なんです。一度膨らませた風船は、二度と元には戻らないんです。

原因3 通常より脂肪がつきやすい

妊娠すると脂肪がつきやすい体に変化していきます。それは赤ちゃんにとって大切な糖質を、優先的に送られるからです。それにより母体には脂肪分が残ってしまい、その脂肪分が母体のエネルギー源となります。

だから栄養分をいつもより多く摂ることが大切になってきます。しかし、栄養分を間違って過剰に摂り過ぎると、妊娠中毒症や糖尿症などの原因が起こることもあります。だいたい妊娠前期~中期は、脂肪をどんどん体に貯める時期となります。

妊娠中・産後の体にいい食べ物

木のボールに入ったスープ

「妊娠中・産後はとにかく水分補給と、良質のたんぱく源、野菜を摂るように」。
これはドクターから言われた言葉です。いかにして脂肪分を摂り過ぎずにたんぱく質を摂るか、となると新鮮な魚、豆腐、豆類が最適だと思います。私は、特に妊娠中と産後は必ず一日一回はたっぷりと汁物を食べていました。お腹も満足する上に、栄養バランスもいいのでおすすめですよ。

鯉こく

「妊娠中・産後の母体にとてもいい」ということで、私はいただいていました。ありがたいことに実父が作ってくれていたので、レシピはわかりませんが、今ならクックパッドなどでもたくさん記載されています。鯉こくをいただくと、妊娠中はもちろん産後はおっぱいの出がすごくよくなるので、本当におすすめです。

鯉こくとは、鯉のお味噌汁や鯉をお味噌で煮た料理のことです。鯉料理の代表格で、味も良く栄養価が高いことで知られています。正式名称は鯉濃漿(こいこくしょう)といい、お味噌で味を付けたお汁という意味の「濃漿」が短縮して鯉こくとよばれるようになりました。長野県の郷土料理です。

クックパッドのかんたん鯉こくレシピはコチラ

豆腐とたっぷり野菜の味噌汁

日本人に生まれてよかったのは、これだけ栄養バランスがいい汁物は他の国にはないということ。豆腐と季節の野菜をたっぷり入れた味噌汁は、美味しいだけでなく赤ちゃんにも母体にも最高の栄養分です。レシピは今さらいらないくらい誰でも作れる「お味噌汁」。お好きな具材でたっぷり食べることをおすすめします。

豆とたっぷり野菜のスープ

野菜スープだけでも十分だと思いますが、そこに豆類でたんぱく質をプラスすると、さらにバランスがよくなります。残り野菜でもちゃっちゃとでき、好みでトマト味やカレー味、またコンソメ仕立てにもできるので、一番手軽にできるスープなのではないでしょうか。

妊娠したら摂りたいサプリメント

ラッキーなことに妊娠してすぐに知ったのですが、葉酸というサプリメントが女性にいいということ。今ではオンラインでたくさんの葉酸サプリメントは出ていますが、当時は知らない人も多かったみたいです。

葉酸とは?

葉酸は水にすぐ溶けてしまう水溶性のビタミンです。通常なら不足することはないですが、妊娠中は通常の1.5倍ほど必要とされます。なので妊娠中は葉酸不足にならないように、意識して摂りたいところです。妊娠初期の女性が十分な葉酸を摂取すると、胎児の神経管の発育不全になるリスクを減らすことにもなるとされています。また産後は赤ちゃんに栄養分を運び、発達障害のリスクを減らす手伝いもします。

葉酸を含む食物

代表的なものは、ほうれん草です。あとは枝豆、ブロッコリー、アスパラ、納豆、イチゴなどがありますが、どれもけっこうな量を食べなくてはいけません。一気にそれらを食べるとなると、けっこう大変なんですね。なので私はそれらを意識しつつ食べ、サプリメントで補給していました。

葉酸サプリメント

当時はあまり種類がなかったように思いますが、今は色んなものが出ていますね。私が妊娠初期から産後の授乳期まで、飲み続けていたサプリメントは、すっかりリニューアルされていますが、ビーンスタークいうブランドでした。葉酸サプリランキングなどを参考に、ご自分にあったものを選ぶといいかと思います。

葉酸サプリランキング

ビーンスタークの葉酸サプリ

妊娠線予防は妊娠初期から

お腹にクリームを塗る妊婦

妊娠中に手を抜いて後悔することが多いのが、体型よりも妊娠線です。体型のことは妊娠初期から意識されるのですが、妊娠線を意識し始めるのは、お腹が大きくなってからという方が非常に多いです。妊娠線予防は妊娠がわかったらすぐにおこなってください。とくに難しいことはありません。お腹回り、ヒップ、太ももにいたるまで、「皮膚が伸びそうだな」と思うところにクリームを塗るだけです。

私はこれを妊娠がわかってすぐに徹底しました。産後もビキニを着る、ショートパンツを履くことを決めていたので、絶対に妊娠線を作りたくなかったからです。妊娠線予防のクリームはたくさん出ていますが、金額も可愛い値段ではありません。ですから保湿ができるものなら何でもいいと思います。要はお肌を乾燥させないことです。

ただ、クリームを塗ったからといって、完璧に予防できるとは限りません。少しでも妊娠線が目立たないように、を目標にしましょう。

妊娠線クリームを探す

人気のオーガニックマドンナ

妊娠中の運動・産後の運動

妊娠中と産後の運動は、やはり違ってて当然ですよね。妊娠中は「自転車はダメ」といわれたり、また「走ってはダメ」などといわれたりすることもあります。でもこれ、一概にはいえないんです。大きなお腹になれば、自転車に乗ってバランスを崩して転倒することもあります。こういった危険が伴うので、周りからは「禁止」といわれるのでしょう。

米国では日常から運動している人は、妊娠中であってもされています。もちろん通常通りではありませんが、ジョギングをする人は妊娠してもしますし、水泳している人も続行されています。なので妊娠したからといって、普段の運動を止めてしまうことはないとは思います。ただ注意したいのは、妊娠は病気ではありませんが、通常の体ではありません

運動するにも何をするにも、まずは自分の体をいたわり、常にドクターに相談することをおすすめします。産後の運動もいきなり始めるのではなく、徐々に体を慣らしながらやっていくこと。最近では産後ボディのサポートをしてくれるジムなどもあるそうですね。そういったところに行くのも一つかもしれません。

産後一ケ月は急に体を通常に戻すことはできません。もちろんですが普段通りの運動はさけた方がいいでしょう。しかし一般に産後半年以内には、体重を戻したり、体を整えたりすることが大切だと言われています。運動ができるまで体調が回復したら骨盤を整えて下半身太りを防止しましょう。

出産したらすぐに骨盤を整えるためにも、骨盤ベルトを取り付けゆがんだ骨盤を締めてください。こうすることで後の骨盤の歪み予防にもなり、また変な脂肪をつけないようにすることもできます。

トコちゃんベルトを購入

まとめ

体育座りをする女性

出産してもしなくても。体型は年齢と共にジワジワと崩れてきます。出産した人はさらに拍車をかけて体型は崩れていきます。だからといって放っておくのは、女性としてもったいないこと。最近は育児ママでもキレイな人はたくさんいますよね。それだけ美を意識する女性が、増えているということです。

美しさと健康は、ふたつで1セットです。美しさをキープすることにより健康も維持できます。そんな充実したライフスタイルを心がけると、年齢を重ねるのも怖くなくなりますよ。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ