やる気を出す
ウェルネスを実践して生活習慣・価値観を見直す

「ウェルネス」という言葉をご存知ですか?常に美と健康を意識している方はおそらくご存知だと思いますが、なんとなくでも耳にしたことがある人も多いかと思います。「ウェルネス」と聞くと、キーワードとして、ダイエット、エクササイズ、トレーニングジムなどを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

実はこの「ウェルネス」という言葉は、60年代にアメリカから発信された新語なんです。しかし最近になって、再び注目されています。日本でもウェルネスの考え方に基づいた、ダイエットや美と健康法などが流行しています。では一体ウェルネスとは何なのでしょうか?下記にわかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

ウェルネスとは

世界保健機関(WHO)が提示した健康に対する考え方。1961年にハルバート・ダンというアメリカの医学者が「ウエルネス」という用語を作りました。日常生活に運動などを取り入れて心身ともに健康的な毎日を過ごそう、という考えのもと提唱された概念です。病気になりにくい身体づくりをはじめ、栄養バランスがとれていることや適度な運動など総合的にとらえています。

全米ウェルネス協会が設立されたのは77年以降、そして日本には85年に「財団法人日本ウエルネス協会」が設立され運動が本格的にスタートしました。

ウェルネスの考え方

ウエルネスと書かれた文字

ウェルネスは、単に健康作りだけを目的とするのではありません。ひと言でシンプルにいうならウェルネスとは「心身ともによりよく生きる」ということを目的にしています。またこれは個々の価値観や人生観に基づくものなので「より良く生きるためにはどうすればいいか」の手段や方法は全ての人が同じではないということです。

ドラッグストアやホテルやスパにも「ウェルネス」という名前が使われているのは、こういったところからきていそうです。

運動と食事のセルフケア

健康な生活を意識している人は、運動と食事のセルフケアができていることでしょう。ただもう少し意識を高く持つと、さらに健康的に過ごしていけるのではないでしょうか。世界水準でみると日本は健康意識も高く、比較的肥満の人も少ないといえます。

でも、西洋化された食事が増えいてることや、忙しすぎて運動する時間がないという悪影響で、年々メタボリック症の人も増加しているようです。健康意識を高めるためには、食事と運動は基本です。できる範囲でケアをしていきましょう。

心のセルフケア

現在の自分の健康状態を自分で判定することを「主観的健康感」といいます。米国疫学学会研究(カプラン・マイヤー法)によると、「自分は健康である」と前向きに考えて毎日を送っている人ほど、いきいきと元気で長生きをしていることが判明しています。

そういった研究からも、病をはじめ障害の有無や老化によって、健康かどうかを決めるのではなく、「生きがいや生活へのハリの有無のほうが重要である」というウエルネスの考え方が、ますます認められるようになりました。

毎日の生活にハリはありますか?趣味や楽しみはありますか?日常の忙しさから、つい忘れてしまいがちな自分の楽しみを、今一度思い直してみましょう。

ウェルネスコーチがおすすめする6つの習慣

山の上で両手を広げる女性

米国にはたくさんのウェルネスコーチがいるのですが、最近では日本でもかなり増えてきましたね。ウェルネスコーチは、何もトレーニングジムやヨガスタジオだけにいるわけではありません。個々のウェルネスサポートをするために、個人でやっておられる方も多くなってきました。

ウェルネスコーチは、フィジカル(肉体)とメンタル(内面)の両方から、個々に合ったやり方をサポートしてくれます。その中でウェルネスコーチをしている友人がいう、誰でもすぐに取り入れられるウェルネス習慣を下記にまとめました。

1.食事のとり方

食事は口に入れて安全なもの選ぶことは、誰もが知っていることだと思います。でも、食事に関して間違った考え方や間違った習慣を持っている方もいらっしゃいます。まずはいったん今の食生活を見直し、確認してみませんか?そして健康な食生活をしている人はそのまま続行し、不健康な食生活の人は改善しましょう。

もし「今の自分が不健康な食生活かどうかわからない」という方は、周りにいる健康意識の高い人に聞いたり、本を読んだり、オンラインで調べたりして、しっかり見直してみましょう。

2.運動

週に一回激しい運動をするよりも、毎日コツコツ続けることが大切です。一日30分だけでも歩くと、健康維持だけでなく心の癒しにもなります。「時間が無くて運動ができない」は単なる言い訳であり逃げの言葉です。

めんどくさがらずに動く、エレベーターを使うより階段を使用、少しでも時間があれば歩く、軽くランニングするなど、日常にちょっとした運動を取り入れましょう。自宅でできる太ももシェイプアップのエクササイズもあるので参考にしてみてください。

3.ヨガ

ヨガは誰もがおすすめするストレッチです。体のストレッチだけでなく、心も清々しくなるほどの効果があります。何も難しいポーズをする必要はありません。簡単なポーズを5分~10分するだけでも、かなり体も軽くなり不思議と心も軽くなってきます。

そして毎日することにより、体全体が引き締まってくる感覚さえ覚えます。簡単ヨガの動画などを見て、毎日寝る前にでもやってみてはいかがでしょう。

4.瞑想

友人のすすめで、夜の寝る前と朝起きてすぐに瞑想をしています。そんなに長々とやってはいませんが、頭の中の疲れが取れるだけでなく、モヤモヤとした心もスッキリするので毎日自然と続けるようになりました。

人間、心を落ち着ける時間というのは、とても大切なことです。忙しい人はとくに、瞑想の時間を持ってください。やり方を追求するとどこまでも行ってしまうので、まずは簡単なところからやるのをおすすめします。

5.セルフ・エスティームを高める

セルフ・エスティームとは自己肯定感のこと。日本人は自己肯定感の低い人が多いそうです。「どうせ私は・・・」、「自信がない」、「自己嫌悪」だけではなく、「私はダメだ」、「取柄がない」など自分自身のことを低い観点でみていませんか?もちろん人間は落ち込むことだってありますし、自己嫌悪に陥ることだってあります。

でもそれを心でずっと思い続けると、健康を害する影響も大きくなります。自己肯定感を高めるのは、何をするにも大切なことです。最近はセルフ・エスティームを高めるセミナーや本も出ていますので、それらを利用して自分を見つめなおしてみるのもいいかもしれませんね。

6.ヒーリング

ヒーリング(癒し)には数えられないほど色んな方法があります。その方法はもちろん人によって異なります。ヒーリングは、目に見えないスピリチュアルなことが多いので、信じない人も多いものですよね。しかし人は知らないところで、ちゃんと目に見えないヒーリングをしているのです。例えばペット。犬や猫、そのほか動物を飼っている人は、毎日彼らから目に見えない癒しをもらっているはず。

それがヒーリングなのです。ほかには、山、海、木々が多い公園などに出かけたとき、ものすごく癒されませんか?その場所にある自然のエネルギーを体と心に受けたと感じるとき、それはまさしく目に見えないヒーリング効果なのです。

「なんかこの場所に行くと元気が出る」、「ここに来ると落ち着く」という場所があるなら、そこはあなたにとってのヒーリングスポットです。そこから見えないエネルギーをもらっているんです。そんな場所があると、そこで心をリセットしたり、リフレッシュできます。ぜひ自分のヒーリングスポットや癒される何かを探してください。

まとめ

ベッドの上でリラックス女性

「体重を落とすことだけがダイエットではない」。
この考え方は、少しずつ日本にも浸透してきたように思います。ダイエット=健康、そして健康=美です。そして健康とは、必ずフィジカル(肉体)と心(マインド)がセットです。

トータルで考えても、生きていくためにはこれらのバランスがとても大切です。わかってはいても、なかなかこのバランスをうまく取ることができません。だから体を鍛えるとともに、メンタルを鍛えるトレーニングもしなくちゃいけないんですね。ダイエットをする時に意識したい心身ケアにも気を配りたいものです。

メンタル面が強くなると、どんな目標を立てても達成するのが早くなります。ダイエットに挫折したり、何をしても三日坊主になってしまう人は、ぜひウェルネスの考えを取り入れてください。人生が驚くほどかわると思いますよ。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ