食事の小技集
忘年会シーズンの9つのダイエット技

忘年会のシーズンですね!今週も来週も飲み会や女子会が続く方、多いのではないでしょうか?私達ヤセタガールにとってはちょっとつらーい時期でもありますよね。今回は忘年会でのダイエット技をご紹介します。

スポンサーリンク

鉄則、飲み過ぎない

ほぼ当たり前のことですが、飲むと食欲が増しいつもより余計に食べてしまいがちです。飲み過ぎると体に悪いですし、いつも飲んでしまう人はほどほどの量で楽しむ術を身につけましょう。

甘い飲み物は避ける

カルーアミルクは糖分がガッツリ含まれています。飲みやすく酔いづらいからといって2杯も3杯も飲んでいたらショートケーキを何個も注文しているかのごとく、デブまっしぐらです。甘めのカクテルも要注意で、特にスクリュードライバーもカロリーが多めです。カロリーが少なく翌日にも残りにくいウィスキーやウォッカをたしなみましょう。

サラダから食べる

サラダから食べると血糖値が上がりにくくなります。血糖値が上がりにくいと体が太りにくい体質になりますので、食事会に限らず普段の生活からサラダから食べましょう。みんな大好きシーザーサラダはドレッシングやチーズにカロリーがたっぷり含まれているので、自分の分はこっそり野菜だけ食べる感じでごまかしましょう。

注文役になる

席は店員と話しやすい端の方をうまいこと陣取って、お皿やグラスが空いたら店員を呼んで時間を稼いで下さい。人間、不思議なもので自分がお腹いっぱいだと、その場にいる人もお腹いっぱいのように勘違いします。料理が減っていく様子を見ながらちょこちょこ食べたフリして、みんなのお腹がいっぱいになるのを待ちましょう。

鍋奉行、サラダとり、唐揚げレモン、生じゃない人

これも時間稼ぎ技。せわしく動いていると食べるヒマがなくなりますので、その分食べる量が減ります。しかも、料理上手や気が利くように思われるのでメンバー間の評価が高まります。ただ、唐揚げにレモンかけるかは、だれもがどっちでも良いと思いながらなぜか気にするので、聞きましょう。生ビール”じゃない人”も某CMで話題でしたが、若干アレなので普通に飲み物を聞きましょう。

お好み焼きにがっつかない

濃い味はお酒に合いますよねー、お好み焼き、大好きです。ですが、お好み焼きや焼きそば、たこ焼きは炭水化物の温床です。炭水化物は脂肪に繋がりやすいです。美味しいからといって食べ過ぎには注意しましょう。もちろん雑炊やお茶漬け、うどんも食べ過ぎはアウトです。

2次会は食べるよりもトークや遊びを楽しむ

2次会でカラオケやボーリングにながれたら遊びを目一杯楽しみましょう。だれかがつまみを頼んでも手を付けずに酔ったふりして水や烏龍茶で胃を満たして明日につなげましょう。

締めのラーメンはやめる

アルコールを分解するには糖分が必要ですので体が糖分を求めがちになります。お酒の後のラーメンは炭水化物から糖分を取りたい衝動らしいですよ。食べた後にだいたい後悔するのでやめましょう。

途中参加、または、途中退場する

これは上級テクです。まったりしてくるとつい揚げ物つまみやお菓子系に手を出してしまいがちですよね。まったりする感じになる時間を作らないように、1時間くらいで切り上げて顔出し&義理立てするという技です。ただし、ノリが悪い奴と思われることもありますので使い所に要注意です。

いかがでしょうか?このシーズンのダイエット戦略で、来年の自分が大きく変わってきます。楽しいからといってあまり無理をしないようにしたいですよね!

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ