ダイエット方法
「塩・砂糖・油」の摂り過ぎをリセットしてくれる食材とは?

食生活において太る原因の3大要素といえば、塩分、糖質、油脂です。塩、砂糖、油を過剰に摂取してしまうことで、体に水分を溜め込んでしまったり脂肪細胞を太らせたり増やしてしまったりします。そのためダイエット中はこれらをなるべく控えたいところです。しかしそうはいっても、世の中の食べ物には塩、砂糖、油はつきものです。美味しいものに限ってたっぷり使ってたりしますよね。分かってはいても誘惑に負けてついつい食べてしまうことも、、、。でも、食べ過ぎてしまっても落ち込まないでください。実は食べ過ぎをある程度リセットしてくれる食材があるのです。

スポンサーリンク

塩分をとりすぎた場合

塩分をとりすぎた場合はカリウムを多くとると良いそうです。カリウムには体内の塩分と水分を引きつけて尿として体外に排出する働きがあります。カリウムが多く含まれる食材は、野菜やフルーツ類など。また、こんぶ、ひじき、わかめなどの海藻類、あずきや栗などにも豊富です。

糖分をとりすぎた場合

糖分をとりすぎた場合はビタミンB郡の多い食品や、糖を分解するアミラーゼという酵素の多い食品を多くとると良いそうです。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあり、ビタミンB6には脂肪の代謝に必要な栄養素が含まれます。豚肉や卵、山芋、にら、なっつ、バナナ、タマネギなどに多く含まれます。

脂質をとりすぎた場合

脂質をなかったことにする食材はないのですが、納豆には脂肪を分解する酵素のリパーゼや脂肪の吸収を抑え、分解を促進する効果が多く含まれるので、積極的にとるようにしましょう。

食べ過ぎた後はこれらの食材を多めにとり、2、3日の間はカロリーコントロールするようにこころがけましょう。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ

ダイエット方法人気記事

まだデータがありません。