基礎知識
シャワー派?お風呂派?ダイエットや美ボディを創る入浴方法の徹底比較

寒くなってくると湯船に浸かって、ゆっくりと一日の疲れを癒したいのが日本人です。しかし、湯船に浸かりたくてもお風呂環境が整っていない、浸かるのが面倒、時間が無い、朝シャワー派など、色んな理由でシャワーだけで済ます方も多いようです。シャワーだけでは新陳代謝が良くならない、疲れが取れないなどと聞きますが、それは本当なのでしょうか?

ということで、入浴方法としてシャワー派とお風呂派のリサーチをしてみました。筆者の周り50名ほどの(外国人含)美の追求者・美ボディたち、及びオンライン情報なども参考にしてまとめました。普段、ほぼ湯船に浸からない米セレブが実践しているシャワー美容法も紹介します。ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

湯船浸かり派

入浴している女性

湯船に浸かると疲れが取れると昔から言われています。しかしそれは間違いで、湯船に浸かると疲れが出るのが本当。だから寝る前にお風呂に入ると、疲れて寝つきが良くなるんですね。寝つきを良くしたい人は、湯船にゆっくり浸かるのがおすすめです。

湯船に浸かるメリット

・疲れが出るので、寝つきが良くなる。

・浸かるだけで体全体が温まるので、血行が良くなり代謝も上がる。

・毛穴が開きやすく、老廃物排除にいい。

・ゆったりした気持ちになり、リラックス効果がある。

・アロマオイルなど、入浴剤を入れると美容効果も上がる。

・ゆっくり考え事ができる。

・湯船に浸かりながら他のこともできる。(読書・顔パックなど)

湯船に浸かるデメリット

・追い炊き設備がない場合、すぐお湯が冷えるので長く浸かれない。(ワンルームユニットバスなど)

・夏の暑い時期は、出た後汗だくになる。

・時間が無い時は、ゆっくり入れない。

・家を出る前に入ると疲れるので、シャキッとしない。

・のぼせてしまって、出たあと体がだるくなる。

湯船に浸かる派の意見

断然多かった意見が「湯船に浸かる方がリラックス効果がある」「フィジカル、メンタル両方に作用する」ということです。米国は朝シャワーを短時間で簡単に済ます人が多いのですが、なんと米国人こそ「湯船に浸かる」という行為そのものを「贅沢なリラックス方法」と考えている方が多かったです。

確かに米国では湯船に浸かる習慣がほぼないのと、湯船に浸かる用のバブルバス設備がない家も多いです。だから「Take a bath」は優雅で贅沢な行為なんですね。

お風呂でくつろぐ女性

湯船に浸かってできる美容法

お風呂でできる美容法は、本当にたくさんあります。ここでは顔などのパックではなく、あくまでもボディ中心の美容法をまとめました。

マッサージ

湯船に浸かるならぜひマッサージをしてください。特にしやすいのは足マッサージです。マッサージのしかたも色々りますが、リンパの流れに沿ってやると効果的です。

体を温めて血行が良くなっているので、とくに力を入れてする必要はありません。優しくなでるようにするだけで、十分老廃物を排除できます。

リンパ図

リンパ
出典 the-lymph.jugem.jp

高温反復浴

短時間でカロリー消費ができるということで女性に人気出です。要はお風呂のお湯をやや熱い目に設定し(42度くらい)短時間で出たり入ったりする入浴法です。

そうすることにより代謝がよくなり、脂肪燃焼も期待できるということです。もちろん血液やリンパの流れがよくなるので、体の疲れやむくみなどにも効果はあります。

「高温反復浴」お風呂でカロリーを消費する

ビタミン補給

お風呂に浸かりながらビタミンを補給、一石二鳥の美容法です。これはシャワーを浴びながらできない技です。好みのフレーバー水を作ってお風呂に持ち込んで飲む。特にレモン水やキュウリ水はダイエットにもいいとされています。もちろんそれ以外でも好きなハーブを入れてもいいと思います。湯船に浸かっている間の時間を、有効な時間にするためにもぜひお試しを。

フレーバーウォーターはこちらも参考に☞ダイエットに効果的な氷+αドリンクレシピ

シャワー派

後ろ姿の女性がシャワーをあびている

「シャワーだけでは疲れが取れない」と言われていますが、筆者はそうは考えません。シャワーだけでも十分疲れは取れますし、かえってスッキリ感も出ます。ではシャワーにはどんなメリット・デメリットがあるか見てみましょう。

シャワーのメリット

・時間がかからない。

・朝に暑いシャワーを浴びると、目が覚めて頭がスッキリする。

・ガス代(もしくは電気代)が、お風呂を沸かすほどかからない。

・夏の暑い時期にはシャワーの方が楽。

・いつでも好きな時にすぐ浴びれる。

・のぼせないので安心。

シャワーのデメリット

・冬の寒い時期は、体が心から温まらない。

・体を温めるには長時間浴びなくてはいけない。

・浴びながらできることの範囲が決まってくる。

・リラックス効果は、シャワーだけより湯船に浸かる方が大きい。

シャワー派意見

忙しい時間を考えると断然シャワーがいいというのが、シャワー派意見では断トツでした。「湯船に浸かっている時間があるなら、その時間をエクササイズに使いたい」「朝の目覚めはシャワーでスッキリさせたほうがやる気が出る」などの意見も。

これは米国人に限らず、日本の働く女性(比較的年齢が低い)に多かったように思います。そして近年では、シャワーを浴びながらできる美容法などもあるので、「お風呂に入らなくてもできる」という意見もありました。シャワー派は現代人的な考えのようです。そういうところは欧米化してきたのかもしれませんね。

シャワーヘッドから水が出ている

シャワーでできる美容法

シャワーでも簡単にできる美容法はたくさんあります。しかし人それぞれなので、満足度が違って当たり前。そしてダイエットと同じく、続けることで効果がわかります。米セレブが行っているシャワー美容法も一緒に、ぜひ参考にしてください。

肩こり改善に

これはお風呂に浸かれない、米国在住の筆者が長年実践していることです。それはシャワーを浴びるとき、タオルを肩にのせて熱めのお湯をかけること。

執筆が多くおパソコンに向かう時間が多いので、これなくしてシャワータイムはありません。とにかく肩こりが酷く、肩の疲れを取りたいと思い自分で考えたのです。

そう思っていたのですが、けっこうやっている人が多かったようです。インターネットでもやり方などが載っているのに驚きました。ということは、それだけ効果があるということなんですね。肩こりが酷い人にはおすすめです。

老廃物を取り除く

リンパの流れに沿って、シャワーを当てていくだけのかんたんなやり方です。上記にもリンパの流れの図を貼り付けましたが、ぜひ参考にしてみてください。

シャワーを長時間浴びれない環境の筆者は、曜日を決めて部分的に実践しています。やらない日はなんだかスッキリしない感じがして、シャワーだけでもずいぶん違うんだなと実感しています。

足むくみスッキリ

座って仕事をする人、一日ちゅう立ちっぱなしの人、けっこう足が浮腫んでしまいませんか。

足首からふくらはぎにかけて、前部分、後ろ部分にゆっくり熱いお湯をかけていきます。そうすることによりシャワーから出た後は、むくみがスッキリしています。

これをお湯➡水交互にされる方もいますが、筆者は熱いお湯のみでやっています。スッキリ感は人それぞれ、まずは両方のやり方を試してみてください。

ストレッチ

シャワーは立ったまま体を洗うので、実はストレッチするにはいい時間です。足元を洗うときには足を曲げないで、立ったまま体だけを曲げて洗いましょう。体をゆっくり伸ばしながら、ストレッチがてら体を洗うことにより、筋肉を動かすこともでき、また血行もよくなります。

米セレブシャワー美容法

バスタブの中でシャワーを浴びる女性

一部の米セレブたちで流行しているのは、最後に冷たいシャワーを浴びること。それにより体がグッと引き締まるとか?暑い時期には水だけのシャワーをする人もいるようです。スポーツをした後の火照った体を冷ます効果があるということです。

このやり方には賛否両論ありますが、日本でも最後に水風呂に入って出る方もいるので、ひょっとすると人により効果があるのかもしれません。冬場にはあまり気が進まないですが、暑い季節にはいいかもしれませんね。

まとめ

もし湯船に浸かれる環境にあれば、筆者は断然”お風呂派”です。米国にも自宅にジャグジーなどを設置しているところもありますが、やはり日本のようなお風呂ではないので勝手は違います。ただ、今回のリサーチで思ったのが、シャワーしかしない人も多く、シャワーでできる美容法もあるのだということです。

新陳代謝を上げるのは「お湯に浸かるべし」と頑なに思っていたのですが、シャワーだけでも代謝を上げたり血行を良くしたりすることは可能だということ。

それに近頃ではシャワーの方がガス代、電気代が安く済むという理由で、シャワーだけの家庭も増えているようですね。どちらがいいかはさて置き、お湯に浸かる時もシャワーだけの時も、常に「美意識」を忘れないことが一番のようです。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ