体験談
旦那をやせさせたい!旦那をやせさせる4つのヒント【筆者旦那の実例】

「昔はスラッとしてカッコよかったのに。」旦那様のことをこんな風に思っている方は多いことでしょう。何を隠そう筆者も、自身の旦那様に対してそう思っていました。元々の体質がどうであれ、ほとんどの人が老化と共に代謝が悪くなり、また若いころのように痩せにくくなります。

でもやっぱり旦那様には、少しでも痩せて健康的に、そしてカッコよくいてほしいと思いませんか?そう思う女性のかたは、ぜひ下記を参考に彼を「痩せる道」に導きましょう。

スポンサーリンク

旦那をやせさせる1.まずは自分自身を見直す

旦那様に対してどうこういう前に、まずは自分自身の見直しをしてみましょう。下記3つを今すぐチェックです。

あなた自身は変わっていませんか?

結婚前と結婚した後では、男性だけでなく女性だって変わっていきます。特に子供ができると、お母さん業を優先してしまうので、自分のことは後回しになってしまいます。だからといって女性としての意識を忘れてしまっては、いくら旦那様に「痩せてほしい」なんて思っても、その気にさせることは難しいでしょう。

あなた自身、すっぴんにジャージ姿、休みの日はパジャマのまま、結婚してから太った、なんてことありませんか?完璧を目指す必要はありません。旦那様を痩せさせたいのなら、あなた自身も普段から美に対して意識することが大切です。

運動してますか?

定期的な運動はしているでしょうか?「痩せてるからしなくても大丈夫」なんてナンセンスな事言わないでくださいね。運動はもちろん痩せるためにも行う事もありますが、ストレス解消にもいいんです。自分が何もしないで旦那さんだけ「運動しなさいよ!」では、ほぼ効果はないでしょう。

それは例えあなたが太っていなくてもです。奥様が定期的に軽い運動をしている家庭は、旦那様もつられてやる確率は多いです。環境作りをするためにも、あなたから運動することを試みましょう。

食事作りに気をつけてますか?

ブロッコリー入りのサラダ

最近は男性が食事を作る家庭も増えましたが、まだまだ女性の仕事だと私は認識しています。旦那様に痩せてほしいなら、まずは食事を見直してみることが肝心です。共働きなどで忙しい家庭も多いですが、かといって外食ばかりしたり、味の濃い惣菜ばかりに頼っては痩せません。

何も手の込んだ食事を毎回作らなくても、シンプルな素材で簡単に作れるもので十分。油を使わずに茹でてみたり、白米を雑穀米に変えたり、野菜の量を増やしたり、色々工夫してみましょう。ダイエットメニューを参考にするのもいいですが、蒸したり茹でたりするだけで十分だと思います。

旦那をやせさせる2.旦那をその気にさせる

スタイリッシュな旦那例

モチベーションをキープしてもらうためには、奥様のヘルプが大切です。途中でへこたれないよう、たまには声掛けをしてあげましょう。そうです、奥様はチアリーダーなのです。

気づく

ちょっとした変化にも気づいてあげましょう。ダイエットを始めて少し経ったときには、やはり変化も現れてきます。お腹回りが少しマシになったなら「あれ?お腹回りへった?」とか、「スッキリしたんじゃない?」とか、ちょっとした変化でも言ってあげると、かなり気分が上がります。

そしてまた頑張ろうという意気込みも沸き、ジャンクを食べたい、ビールを飲みたいという心をグッと抑えることができるそうです。(筆者の旦那様はそうでした)

とってつけたような言葉ではなく、真実を(ちょっとだけ大げさに)言ってあげましょう。

褒める

ダイエット中は体重が気になり、ヘルスメーターでチェックする機会も増えるでしょう。旦那様の体重が少しでも減ったなら(例え500gでも)「すごいじゃない!」と(ここも少し大げさに)褒めてあげましょう。

その時に「がんばってね!」じゃなく、「がんばろう!」のような一心同体を思わせる言い方はグッドです。「あなた一人ではなく私も一緒だからね」という気持ちを忘れずに。奥様の応援ほど心強いものはないのです。

励ます

ダイエット経験者は理解できると思うのですが、ダイエットの途中で「停滞期」、「体重増加」が起こるときがあります。

停滞期はどんな人でも起こりますし、ダイエット中にナゼか体重が増えたという経験がある人もいます。せっかく頑張っているのに、そんな状況に陥ると誰でも落ち込むものです。原因をあーだこーだと追求するよりも、「ま、今はそんな時期なんだよ」くらいで、ダイエットを止めないようにしましょう。ここは奥様の腕の見せ所、励ましてあげましょう。

ほかの男性と比べない

「~さんとこの旦那様は素敵よね~」このセリフは絶対禁句です。男性タレント、男性有名人であってもタブーですよ。というよりダイエットに限らず、ほかの男性の話題は出さないほうがいいですね。色んな意味でトラブルの元です。

特に男性は傷つきやすくナイーブな生き物です。ダイエットの話ではないのですが、以前「~さんとこメキシコ行くんだって。いいな~。」といった私のひと言で、旦那様がやや落ち込んだんです。別に「連れていけ」とも何も言ってないのですがね。笑 ちょっとした何気ないひと言でも、男性って敏感なんだなとその時に思いました。お気をつけて。

旦那をやせさせる3.旦那と一緒にできるダイエット

ベッドでほほえましく朝食をとる男女

旦那を痩せさせたいのなら、二人三脚でがんばらなくてはなりません。奥様も(もしお子さんがいるならお子さんも)一緒になってやりましょう。

食事で一緒にやせる

ダイエット食は質素なのか?とよく問われますが、私は質素だとは思いません。ダイエット食こそ美食であり健康食だと声を大きくして言えます。外国で生活しているせいか、汁物がひとつ、そしておかずが3品(主菜1+副菜2)の「一汁三菜」はとても贅沢に感じます。

栄養バランスもいいし、ダイエットだけでなく健康維持、美肌には最適です。例え肉料理でも基本の「一汁三菜」を意識すれば、自然と栄養バランスも考えられると思います。食事を見直すべく、まずは和食の基本に返ってみましょう。

お酒の飲み方を一緒に変える

旦那様とあなたはお酒を飲みますか?筆者はお酒が全く飲めないので、旦那様の「ビール抜きダイエット」はやりやすかったかもしれません。両方がお酒好きとなると、二人の決断が必要になってきます。片方が美味しそうに飲んでいたら我慢できませんよね。これは甘いものでも同じこと。カフェに行って友人がケーキをオーダーしたら、つい気持ちが緩みませんか?

お酒を抜くダイエットは、驚くほどの効果があります。これはうちの旦那様の実例ですが、毎日飲んでいた350mlのビール1~2本を3か月止めただけで、体重が7~8キロほど落ちました。それでビールのカロリーの恐ろしさを知りました。お楽しみを止めろとは言いませんが、量を控えたり飲まない日を作ってみるのもおすすめです。

運動で一緒にやせる

休みの日にサイクリングに出かけたり、ジョギングをしたり、またウォーキングに出かけたり。筆者の場合は食後の散歩とヨガです。

食後の散歩は消化にもいいし、話しながらだとけっこう長距離歩けます。その日あったことや、言い忘れてたことなも話せますし、コミュニケーションを取るにもいい時間です。そしてヨガは家の中でもできることなので、ビデオを見ながらやります。ヨガを続けるコツは基本的な呼吸法を知って、youtubeやDVDを観ながらやることです。一つだけでもいいので、一緒にできる運動を探してみましょう。

ちなみに私がヨガにハマった経緯はこちらで公開しています。初心者向けのヨガの話が中心です。

旦那をやせさせる4.旦那とダイエットの目標を一緒につくる

腹筋が割れた男性

目標・目的・イメージがブレると「何のためにやってるんだろう?」になってしまいます。ここはちょっぴり精神論も入りますが、この部分が一番大切だと言っても過言ではありません。

目標を設定する

ダイエットをするぞ!の意気込みはあっても、目標が無ければ意味がありません。いつまでに、何キロ(もしくは何センチ)など、目標をしっかり設定することが大切です。この時に注意したいのは、短かすぎる期間の目標は立てないほうがいいということ。

本当は一年後の目標設定が理想ですが、短くても半年後の目標を立ててください。ダイエットは長い目で見ることが大切です。習慣を変えるのに最低3か月はかかります。3か月をクリアしたら、もう3か月ということで、半年が第一回目の目安になります。

目的を明確に

目標を設定しても「何のために痩せたいのか?」という目的がなければ、これまた最初の決心が途中で緩んでしまうのです。筆者の旦那様の場合は、「腰を痛めたので体重を落としてからエクササイズをする」というのが目的でした。

例えばメタボを改善、元の体重(結婚前の)に戻す、筋肉質な体作り、コレステロール値を下げるなど、人により目的は違うので、夫婦でじっくり話し合うのもいいかもしれませんね。

イメージング

ダイエット後の自分を想像なんていうと、とても女性的ですが、実は男性だって痩せた自分を想像したいのです。痩せたらあんな服に挑戦したい、筋肉ムキムキマッチョになりたい、お腹がヘこんだ自分の体を見てみたい、本音を聞けば出てくる出てくる女性以上に。それを聞いてあげるのは奥様の役割。愛する旦那様と一緒に、痩せたときのイメージをしてあげましょう。

ご褒美を考える

達成したときのご褒美を考えると、もっとやる気が出ることでしょう。ここで言うご褒美というのは、豪華な食事や焼き肉食べ放題ではありませんよ。例えばあこがれのブランドの洋服を買う、もしくは海外旅行に行くなど、考えただけでウキウキするようなことです。それを目標にがんばろうという気にもなるし、奥様の方も達成できればご褒美が一緒に味わえるのです。ぜひドキドキするような楽しいご褒美を、一緒に考えてください。

旦那をやせさせる奥様に

旦那様をその気にさせるのは、パートナーである奥様の仕事。まるで子育てのようですが、実際にはほぼ変わりません。というより子供より手がかかるかもしれません。愛情があるからこそできる技です。ぜひ旦那様をうまくリードして、健康で生き生きした男性に育て上げましょう。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ