ヨガ
ヨガで失敗しない下着選び

ヨガをするときの下着選びは悩ましいですよね。普段と同じだと肩紐がずれたりショーツのラインがひびいたりと気が散ってしまいます。ヨガに集中するためには下着に対する不満感を取り除きたいもの。適した下着でヨガをするメリットとプチプラから人気ヨガウェアブランドまでおすすめ下着を紹介します。

スポンサーリンク

ヨガに適している下着をつけるメリット

青いタンクトップでヨガをする女性

ヨガをするときは、ポーズや瞑想に集中したいものです。ヨガのパンツは身体にピタッとフィットするデザインが多いので、ラインがひびいてないか気になることもありますよね。ヨガ教室には男性参加者がいる場合もあり、ホットヨガなどで汗をかいたときに見られるのが嫌なこともあります。ヨガに適した下着を着用するメリットをみていきましょう。

ポーズがとりやすくなります

ヨガに適した下着を選ぶと、腕や足が動かしやすくなりポーズをとりやすくなります。身体をねじったポーズでもカップがずれてバストにくいこむということが防げます。下着をつけないでするより、カップ付きのトップスでバストを支えてあげると、胸のクーパー靭帯に負担もかかりません。

ショーツのラインも気にせずにいられます

適したショーツを選ぶと、パンツにラインがひびきにくくなり食い込みにくくなります。ヨガは足を大きく広げるポーズもするので、自分では気が付かなくても後ろの人からはくっきりとしたラインが見えていることはよくあることです。下着をつけずにすると、人によっては透けていたというケースもあるのですが、そういう思わぬトラブルも防げます。

また、ヨガをするとき以外でも、アウターにひびかないショーツが1枚あると便利です。白いスカートや薄手のパンツを履くときに重宝しますよ。

ヨガをするときにおすすめの下着

ヨガをするときの下着は、身体にフィットして伸縮性のあるものがおすすめです。ヨガ初心者の方がお試しで買いやすいプチプラの下着からヨガ愛好家に人気のあるヨガウェアブランドのショーツまでピックアップしたので、参考にしてください。

ずれない食い込まないブラトップ

いつものブラジャーをつけるとカップがずれたり身体に食い込んだりして気になりますよね。タンクトップやキャミソールにカップが縫い付けてあるブラトップのようなタイプだと、食い込んだりすることなくしっかりカバーしてくれるので安心です。質のよくないブラトップは洗濯を重ねると胸元が伸びてくるので注意しましょう。

(Bethesda Park) ヨガウェア ブラトップ カップ付き 速乾

伸縮性のあるブラトップ。丈が長めなのでウエストまわりも安心です。カップは取り外し可能なので、好みによって入れ替えることができます。プチプラなので、まずは試してみたい方にぴったり。

便利で洗濯も楽なスポーツブラ

ポーズによってブラトップの裾がめくれる人は、スポーツブラがおすすめです。洗濯を重ねても胸元の部分が伸びて見えかけるということはほとんどありません。洗濯後に干しやすく乾きやすいのもうれしいところ。ランニングやウォーキングなど他のエクササイズにも使えます。ワイヤーが入ってなくて楽なので普段の生活にも使いたくなるほどの心地よさです。

グンゼ スポーツブラジャー 汗のニオイが気にならない

ブラックや派手カラーが多いスポーツブラのなかでめずらしいホワイトとベージュの2色展開。Tシャツやタンクトップにブラのカラーがひびきにくいことが魅力です。グンゼから発売されていて防臭効果もあります。

ヨガをするときの王道下着であるTバック

ヨガのインストラクターさんにも多いTバックのショーツ。つくりは前側が普通のショーツで後ろ側が紐状になっています。後姿にショーツのラインが出ないので、思い切り身体を伸ばすことができます。普通のショーツように動いているうちにずれて食い込んでくることや、毎回直すような手間はありません。

Tバッグならではの食い込みが気になる方もいますよね。良質なものだと違和感なく履けるのでレビューなど評判をチェックしてから買うことをおすすめします。

トリンプ ウルトラヒップストリング

食い込みが気にならないと絶賛されているTバッグ。下着をつけている感じがしないと好評価です。カラーはベージュもあります。ヒップが大きめの方は少し大きいサイズを買うとより食い込みが気にならなくなりますよ。

ラインがひびかない「ルルレモン」のソング

ショーツはパンツにラインがひびかないソングやタンガが安心です。ソングとは、Tバックと同じつくりです。前は普通のショーツのようなデザインで後ろは紐状になっています。Tバッグは和製英語なので、欧米圏でいわれているようにソング(Thong)と表記されている場合があります。タンガはソングをより華やかにしたデザインのものです。

(ルルレモン) lululemon レディース インナー パンティー Mula Bandhawear Thong 並行輸入品

ヨガウェアの人気ファッションブランド「ルルレモン」のソング。淡いカラーのパンツを履いていても透けにくいベージュカラーで後ろのラインもひびきません。ヨガウェアといえば質の高さから「ルルレモン」というほどの人気ブランドです。

食い込まずひびかないシームレスなショーツ

ソングやタンガはヒップに食い込んで気になる、という方は縫い目のないシームレスでナミナミにカッティングされたショーツがおすすめです。

後ろが紐状じゃないので食い込みにくいですし、ナミナミにカットされているので肌にフィットしてずれにくいのが特徴です。シームレスですのでパンツにラインがひびくこともありません。カラーは透けにくいベージュやモカにしておくと無難です。ボーダーや派手で明るいものだとパンツから透けてしまったという方もいます。

ワコール  ノーマルヘムショーツ

ワコールのナミナミといえばこのショーツ。ナミナミのカッティングでパンツに響きにくいデザインです。さらりとした履き心地なので汗をたっぷりかくホットヨガにもぴったり。男性からの視線も気になりません。

下着のラインを隠せるミニスカート

ヨガのパンツはピタッとしているので、ショーツのラインのみならずヒップの形もくっきり出てしまいますよね。気になる方は、ミニスカートで隠してみませんか。

好みのショーツをはいてもひびくことを気にせずヨガを楽しむことができます。1着あると、ランニングやダンスなどにも活用できるので便利ですよ。

レイヤードミニスカート ブラック ヨガ ピラティス

ストレッチ素材で伸縮性があるプチプラのミニスカート。よく伸びるのでヨガのポーズも取りやすいと評判です。長めの丈が好きな方はローライズで履くとちょうどいい長さになります。

下着選びの注意点

ヨガをするときの下着選びで注意したいポイントはどんなものがあるでしょうか。注意点をおさえて、下着に対する不安を払しょくさせておいたら、もっとヨガに集中することができますよ。

伸縮性のある素材

とくにブラトップは伸縮性のあるストレッチ素材にしましょう。伸縮性がなく大きめのサイズだと、前かがみになった時にバストが見えてしまいます。ショーツも伸縮性がありフィットするタイプのほうがごわつかずパンツにラインがひびきません。

ヨガのポーズをとるときも、ストレッチのきいているほうが動きやすいものです。下着を気にせず動きやすくなるので、思い切り身体を伸ばすことができますよ。

マタニティヨガで必要なアイテムを探されている方は、授乳もできてお腹周りがゆったりしているブラトップがおすすめです。

ショーツはローライズがおすすめ

ヨガのパンツはローライズのものが多いですよね。ポーズも腰をしっかりと伸ばすものが多いです。ショーツの丈が長いとパンツのウエスト部分から見えてしまうことがあります。気が付かない間にパンツの下から覗いてしまうことを防ぐためにも、ローライズのタイプにしておくと安心です。

Tバッグのローライズは肌にふれる面積も小さいので、ヨガをしているときに下着を疎ましく感じないと評判です。でも、小さすぎるそのサイズ感から、ジムに置き忘れたという人もいるので、お気を付けください。

下着を気にせずヨガに集中

両手をあげてヨガのポーズをとる女性たち
ヨガは深い呼吸で精神を集中しリラックスすることのできるエクササイズです。そんなヨガをするときに、下着がすけてないかな、ずれて気持ち悪いな、と気にするのはもったいないですよね。できるだけ、下着に対する心配事を事前に取り除いて、ヨガだけに集中できる環境を作りましょう。

肩紐がずれたりすると腕を上げるポーズも思いっきりは行えません。ヨガの特徴である身体をしっかり伸ばすポーズを堪能できるようにしましょう。下着のズレを気にしないですむと、指先や身体の細部にまで意識がいくようになりますよ。集中力が増して気持ちもすっきりとクリアになっていきます。

自宅で肩こり改善などのヨガをするときも普段の下着よりヨガ用の下着の方が集中できます。ヨガを楽しむためにも、心地よいお気に入りの下着を見つけてくださいね。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ