基礎知識
ダイエット停滞期を乗り越える6つの方法

ダイエット期間中に急に体重減少が止まることがありますよね。いわゆるダイエット停滞期なのですが、頑張りがなかなか報われないのは非常につらいものです。今回はダイエット停滞期の対処方法をご紹介します。

スポンサーリンク

そもそもなぜ停滞期が訪れるのか

主な原因は2つあります。1つは防御本能が働いているから。もう1つは筋肉が増えているから。まずは防御本能についてご紹介します。

防御本能=ホメオスタシス機能

ダイエット中は食事制限や運動増加により体に栄養が少ない状態が続きます。脂肪が消費される時期でもあるのですが、体には栄養をコントロールする防御本能「ホメオスタシス機能」というものが備わっています。

ホメオスタシス機能が発動していると体を今までの状態に戻そうとエネルギー消費が省エネになったり、食事からの栄養吸収効率が高まります。そうすると少し前までは普通に痩せていたのに、同じことをしていても防御本能のホメオスタシス機能の調整により痩せにくくなってしまいます。これがダイエットのスランプ状態(停滞期)です。

ホメオスタシス機能はいつまで続く?

人によって様々ですが、2週間で終わる人もいれば1ヶ月以上かかることもあります。急激なダイエットをすると早く強くホメオスタシス機能が発動します。

停滞期のもう1つの原因は筋肉

運動量の増加により確実に筋肉がついているはずです。ジョギングだけでも足の筋肉だけでなく体の筋肉が少しずつついています。脂肪は減っていても筋肉がつき体重的にはプラスマイナスゼロな状態になります。さらに筋肉は脂肪よりも重いため、場合によっては体重が増えます。このプラスマイナスゼロが停滞期と感じる原因になります。

停滞期の原因がつかめた所で、本題の対処法をご紹介します。

あきらめない

ダイエット停滞期で1番大切なことは、あきらめないことです。これがなにより難しく、ダイエット停滞期脱出の近道でもありますので対処法のトップとさせて頂きました。

体重が減らないからといってこれまでのダイエット習慣を中断すると、また太り始めてまたダイエットしようと思いそうですよね。忘れてはならないことは、次回ダイエットしようと思った時もほぼ停滞期は訪れます。少し厳しいですが、今回はたまたま停滞期だから仕方がない、という言い訳は、次回もきっと言ってしまうことでしょう。停滞期の克服の仕方を良いきっかけだと思ってこの機会に体に覚えさせましょう。

体を慣らすことを優先する

食べたら太る、食べないとホメオスタシス機能が働く、じゃあどうすれば良いかというと体を慣らすことが重要です。今の体の状態に、体が慣れていくとホメオスタシス機能が徐々に緩んでいくそうです。なので、急激なダイエットではなく、じっくりダイエットに取り組み、キープすることがダイエット成功のカギといえそうです。

筋肉をつける

一見、筋肉がつくと太ると思いがちですが、筋肉がつくと体が引き締まってみえます。さらに、基礎代謝や普段の生活の運動量が増えるのでダイエットには筋肉が必須です。

ちなみに、筋肉太りを恐れないことも大切です。筋肉太りの原因は遺伝的なことも多少ありそうですが、むくんだような固いお肉の主な構成要素は脂肪です。特に、学生時代にスポーツに励んでいた人が、スポーツをやめて筋肉が脂肪に変換されたパターンの場合は筋肉太りが起こりやすいです。筋肉の上にも中にも脂肪が入り込んだ状態ですので消化してあげる必要があります。

たまには休む

ここでいう休むのはダイエットを休むことではなく、体を休めることです。体が栄養失調状態のまま運動をするとかえって筋肉が減ったり、脂肪が付きやすくなり、ホメオスタシス機能のバランスが悪くなって体調を崩しやすくなります。ダイエット習慣のひとつにあえて休むことを取り入れましょう。

単食ダイエットをしない

キャベツダイエットや豆腐ダイエットなど、間違った方法でやっている方はこの機会に見なおしましょう。特にこの2つは人気があるのですが間違ったやり方が横行しています。やり方を間違えると短期間で痩せはしますがリバウンドも高速でおこります。これだけ食べていればOKということではないので、もし自分のダイエット方法が間違っていたら早めに修正しましょう。

足し算のダイエットをしない

体重の減りが緩やかになってくると、もっと他のダイエットに取り組みたくなります。あれもこれもとダイエット方法を試していくと、結局は断食に近い食事制限に行きついてしまいます。栄養バランスが悪いダイエットはリバウンドしやすいのでNGです。ダイエット方法をあれこれ試さず、体重が減らない時期もあるんだなとゆるく考えて、生活のリズムを崩さないことが重要です。

停滞期に無理してダイエットをすると気持ちの落ち込みが激しくなったり、逆に諦めてたくさん食べてしまうとリバウンドが起こりやすくなります。自分の体は自分の生活習慣が形づくると思って、体を徐々に慣らす心構えが大切ですね。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ