体験談
ダイエットの挫折。フラクタル心理学ダイエットコーチに体験をふまえた対策を聞いた

ダイエットのモチベーションをキープするためにはメンタルを強くすることが大切ですが、挫折の原因として単純にやる気を維持するだけでは難しいということが、今回フラクタル心理学ダイエットコーチのMika Kashimaさんにインタビューしてわかりました。

何度ダイエットしても挫折する人は、ぜひ今回の記事をお見逃しなく読んでいただきたいです。この考え方は、ダイエットだけに限らず、資格取得、貯金など継続して行うことが必要な色んな方面で活用できると思います。

スポンサーリンク

フラクタル心理学って?

心理学はいろんな考え方や論理などがあり、一概に「これが心理学の考え方です」とはいえないものだと思います。心理学と聞けば「過去のトラウマが今の現状を作っている」という考え方があったりします。

そして、その数ある心理学の中、フラクタル心理学というのは比較的新しい心理学です。フラクタル心理学とはこういう考え方だと記されています。

フラクタル心理学は過去も現在も同列で扱う心理学です。つまり現在起きていることは、過去にも起きたことで、そのときの考え方のパターンが、現在も過去も同じ、ととらえます。

-フラクタル心理学のインナーチャイルド療法よりー

過去の考え方のパターンが、今もそうさせている。だからダイエットをしてもまったく成功しない人は、フラクタル心理学では「過去の思考パターンが原因」と考えられます。

体験談インタビュー

みかさん

そこで今回は現在アメリカ・ロサンゼルスで活躍されている、フラクタル心理学ダイエットコーチのMika Kashimaさんに、自身のダイエット体験談、そのほか気になる質問をさせていただきました。

Mikaさんは実際にフラクタル心理学を学び、過去の自分の考え方のクセを発見されました。そしてその思考を変え、見事にダイエットに成功され、今は幸せいっぱいの生活をされています。

Mikaさんが思うフラクタル心理学を簡単に言うと?

フラクタル心理学は「思考が現実化する」という考え方をとり入れているので、どんなことも自分が発信源だと考えます。自分の思考を変えれば、体型や体重だけでなく、人生も変わって行く考え方を基にした心理学です。

どんなダイエットのやり方ですか?

「メンタルを上手く利用してダイエットを簡単にしてしまいましょう」というのがフラクタル心理学のインナーチャイルドダイエットです。

よくある「メンタル面を強化して、食欲を我慢して頑張ってダイエットしましょう」というダイエットではありません。なので辛い思いをしながらではないので、楽しみながらやっていくダイエットです。

なぜ多くの人がダイエットに挫折をするのだと思いますか?

今までの生活習慣を変える事が難しいからだと思います。

ダイエットを「一時的に体重を減少させることだ」と捉えてくるからではないでしょうか。

ミカさんが挫折しなかった理由とは?

ダイエットは結局ヘルシーな生活習慣を身につける事、思っていることは本当に現実になるんだと分かった事、この2つを頭だけでなく実感したからです。

世界で一番大切な自分自身のために、ヘルシーな生活習慣を一生続けて行こう!って心から思えました。

あと、ダイエットすることを「自分の理想の体重や体型や人生などをクリエイトしていく手段」だと捉えられたので、楽しくダイエットが続けられました。気付いたら25キロ体重が減っていました。

ダイエットの具体的な方法論というよりも、フラクタル心理学によりダイエットに対しての捉え方を変えていたように思います。

Mika befor2

写真はダイエット前のMikaさん

ダイエット前とダイエット後のご自分の違いは?(体型・心など)

75キロあった体重が、1年でマイナス25キロ減で50キロになりました。

体調がものすごく良くなり、身体が面白いくらい軽く動くので、何でも楽に行動できるようになりました。現在もエネルギーに溢れる日々を送っています。

体重減少と同時に心も軽くなった感じで、痩せたらなぜか特に何もしなくても楽しい毎日を送る事ができてきて、幸福感を感じられるようになりました。

ダイエットに成功してから生活は変わりましたか?

脂肪を落とすと同時に、心の中のうやむやも無くなった感じです。そして自分の本当にやりたいことが見えてきました。

自分にとって大切な事と、そうでないことも分別がつくようになってきました。

太っている頃は、「なんとなくしなければならないから」とか「おつきあいだから」とかいって、あまり気の進まない行動もとっていました。しかし、現在は自分のやりたい事や大切だと思う事しかしていません。やりたくない事はきちんと断れるようにもなりました。

そして何よりシンプルな生活になりました。

ビフォーアフターのMikaさん

IMG_6205

ダイエットをしたいけど続かない人にメッセージをお願いします

ダイエットは自分の理想の未来を作る手段だと捉えたら、とても楽しく続けられると思います。

今までの自分の思考のパターンを変えることができたら、ダイエットは本当にビックリするほど簡単になります。

「理想の自分」を描くことができれば、それが必ず現実化してきます。思考パターンは誰でも変える事がでるので、ぜひこのフラクタル心理学ダイエットにチャレンジしてみてください。

~以上Mika Kashimaさんのインタビューより~

mika全身

Mikaさんに質問等ある方はこちらからどうぞ

ブログ
http://ameblo.jp/ilovelos/

Facebook
https://www.facebook.com/mika.kashima.56

冒頭の写真

ここまでお読み頂いているみなさんはお気づきかと思います。冒頭の写真は、インタビューをしている筆者とMikaさんではなく、どちらもMikaさんご本人です。とても同一人物には見えませんよね。

フラクタル心理学の本

筆者自身は以前から心理学や精神学に興味があったため、色々と勉強はしていました。

そして今回インタビューするにあたり、フラクタル心理学を理解するために沼田和子さん(現 堀和子さん)の本を購入しました。

心理学を勉強した人はサクサク読めるかと思います。また、専門用語は多少出てきますが、初めて心理学本を読む人も非常に読みやすいのではないでしょうか。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

フラクタル心理学のインナーチャイルド療法~アメリカの心理カウンセリング事情とフラクタル心理学の特長~

インタビューを終えて

自分の思考(潜在意識)をしっかり理解し、本質に気づきアプローチしてダイエット成功に導いていく。

このやり方は本当に自然な手法なのではないかと思いました。色んなダイエットのやり方はありますが、まずは自分自身の心と話し合うところからですね。

なぜダイエットしたいのか?ダイエットできたらどうなるのか?目標をもって何かをする前には、まず今までの考え方のパターン(クセ)を知り、そこを変えていくことがとても大切になってくるようです。

フラクタル心理学の考え方は、ダイエットだけに限らず生きていく上で役に立ってくれそうだと思いました。今回インタビュー、及び写真提供をしていただいたMika Kashimaさん、本当にご協力ありがとうございました。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ