やせ習慣
自分の体型を写真にとって記録するダイエット法を紹介

自分の体型を写真に撮って記録する「体型レコードダイエット」を紹介。自分を写真に撮ることで客観視でき、写真の加工をすることで理想のボディラインが認識できます。定期的に撮影することで体型の変化も観察できます。ダイエットのモチベーションがあがらない人は体型のレコードダイエットを試してみませんか。

PR↓少量の為、量を飲めない女性にもオススメです

写真を撮ってダイエット

きれいなラインの女性が全身鏡でポーズ

体重を記録してダイエットをするレコーディングダイエットがありますよね。それで体重が減るケースもありますが、体型はどうでしょうか。体型も撮影して記録して理想のボディラインに整えませんか。名付けて“写真で体型レコードダイエット”。

意外と写真には力があります。写真に撮られることによってきれいになっていくタレントさんも多いですよね。ダイエットビフォーアフターの画像をネット上に紹介されている人のなかで、写真を撮ることによって「痩せてやる」というモチベーションを上げている人は多いのではないでしょうか。

部屋の片づけをするときも写真に撮ることは有効だといわれています。いつも生活している部屋は見慣れてしまってノイズキャンセラーが働き、多少散らかっていても気にならないことがあるからです。

写真を撮ることによって見慣れた部屋が客観視できて、見落としていたちょっと散らかっているスペースに気が付くのです。身体のラインも写真に撮って客観視すると、気にしていなかった部分に意識がいくようになります。

自分の体型を写真で記録するメリット

大きな服を着たひっこんだお腹の女性

自分の体型を撮影し記録するメリットを3つ紹介します。

1.客観視できる

自分の体型を客観的に見ることができます。もともと、私が自分の体型を写真で記録していこうと思ったのは、部屋の片付けをするときに写真で撮ったほうが片付くことに気が付いたからです。散らかって気になる部分に〇をつけて、あとから一気に片付けるのです。

自分の体型も写真に収めることによって「この辺の贅肉が気になる」、「この辺のラインをもっと上に持ち上げたい」と意識下におかれるようになります。「さすがにこの辺のお肉は痩せなくてはまずいだろ」と強烈に自覚できます。

また、写真をとって客観視するのは、痩せているのに「もっと痩せたい」と強く思ってしまう人にも有効です。「この辺は充分に痩せている。食事制限でなく運動で引き締めたほうがいい」と思えるようになります。

2.理想の体型に修正できる

スマホで撮った画像は加工することができますよね。スリムな体型に修正させた画像を見ることで、ダイエットへのモチベーションをあげることができます。

体型を細くさせる加工アプリなどもあります。私は簡単なので、写真を撮った後そのまま自分の体型の気になったところをマーカーで色塗りしています。

白色のペンなどで塗ると、ムダな贅肉が見えなくなって理想の体型が浮かび上がります。「このラインをここまで引き締めたらこんな体つきになるんだ」と目に見えて分かるのでモチベーションがあがります。

「こんな体型になれるなら、多少の苦痛(トレーニング)は難ではない」と思えてきます。スマホの2Dの画像で見るだけじゃなく、いつか3Dプリンターなどで自分の体型を出力できるようになったら、もっとモチベーションがあがるのではないか、と妄想しています。

3.体型の推移が確認できる

スマホで体型の写真を撮っていると、3ヶ月前、1ヶ月前と見比べることができます。体型の変化をみることで、「よく頑張った」と自分を認めることも「もっとトレーニング内容を工夫しよう」と喝を入れることもできます。

ダイエットビフォーアフター画像の方を見ていても、スポーツブラと下着みたいなものを着用して、しっかり記録として撮影されている人もいますよね。「記録として残し推移を観察する」という目的があるから日々のダイエットも頑張れるのかな、と感じています。

学生のときもテストがあるから勉強をする、という面がありましたよね。ダイエットのやる気がでない人も、撮影日があるからダイエットをするという風に位置づけることができるかもしれません。

体型レコードダイエットのやり方

電車でスマホをする女性

自分の体型を記録するやり方などを解説します。撮影した画像を観察したり加工したりするとダイエットをする目的が定まりますよ。

1.写真撮影

まず自分の身体をスマホなどで撮影します。真正面からとると肉付きがよく分からないので、斜めからの撮影もおすすめです。暗めの照明だと影ができるので、下腹、太ももなどのお肉の付き方がよく分かります。セルライトチェックにもおすすめです。

自撮りならグリッド線を表示させる
自分でスマホを持って写真を撮るときは、グリッド線を表示させるようにすると、次回撮るときにズレにくくなります。グリッド線の表示方法は、iPhoneの場合“設定→カメラ→グリッド→表示”で行えます。

定位置に置いてのタイマー撮影はズレにくい
スマホをどこかに置いてタイマーで撮るようにすると、ズレにくくなります。撮影時はいつも同じところにスマホを置いて、立つようにしましょう。自分の全身が入る位置にスマホ置き場をつくることは難しい場合は自撮りするようにしましょう。

2.撮影したら気になる位置をマーキング

撮影後、写真を見て自分の身体の気になる部分にマーカーを引きます。「お腹の肉がなくなったらだいぶスッキリする」と気づくので、お腹の肉を伸ばそうと普段の姿勢がよくなりますよ。

3.定期的に撮影し観察

定期的に撮影し、経過を確認します。できたら人に見られながらダイエットをするほうが痩せやすいと思います。インスタなどでダイエットアカウントを作って、写真をあげながらダイエットに励むやり方ですね。でも、ネットにあげることが恥ずかしくても、自分だけで経過観察するだけでもいいと思いますよ。

体型を記録するアプリもある

自分の体型を記録するのに便利なアプリを紹介します。アプリを使うと手軽に記録できます。

「見た目ダイエット日記」

スマホで体型を撮影し、記録していくアプリがあります。OSはandroidです。iPhoneのIOSも探したのですが、今は日本のiTunesから落とせないもののようでした。androidでは、この「見た目ダイエット日記」がメジャーなアプリです。

写真だけでなく、目標体重と目標体脂肪率も設定することができ、推移がグラフ化されます。撮影した写真をパラパラ漫画のようにしてくれるので、体型の変化が分かりやすいのも魅力です。

情報を公開する設定もあるので、他の人に見られたくない人は非公開にするように気を付けましょう。

体型レコードダイエットの注意点

画像の漏洩注意です。自分の体型の画像をうっかり友達に送ってしまったりネット上にあげてしまったりしないように注意しましょう。ときどき、プライベート画像を間違ってツイッターに投稿して話題になる芸能人もいますよね。

私たちも普段の写真を複数枚選択して友人に送るときなどがあると思います。そんなときに間違って、自分の体型画像にもチェックが入って選択してしまっていないか気を付けましょう。知らない間に指が触れて選択されていることもあるかもしれません。

そんな不測の事態にそなえて、必要最低限の衣類は身に着けて顔はスマホで隠して撮影するのも一つの手です。

体型をレコードしてボディラインを整えて

真夏のビーチでジャンプするイケてる女性3人組

写真で自分の体型を記録してダイエットをはかる「体型レコードダイエット」を紹介しました。自分の体型を写真に撮ると、客観視できますし、加工した理想のラインを自分自身に見せつけることができます。

私はレコーディングダイエットで体重を減らすことができたので、体型を整えるために体型もレコードしていこうかと思います。

自分で撮影するのはむつかしかったり面倒だったりしますが、撮影日を設けることでダイエットの締め切り日を小刻みにつくり日々のモチベーションをあげることができます。

実際に、体型をレコードし始めてから、運動量があがり姿勢もよくなりました。それにともない、ウエストなども少しずつ引き締まってきています。ダイエットのやる気が出ない、いろんなダイエット法を試したけどうまくいかない、という方は一度挑戦してみませんか。

ダイエットビフォーアフターの画像を見てモチベーションを上げたい人はこちらの記事も参考にしてください。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ