失敗例
感情で食べてしまう「エモーショナルイーティング」の話

失恋した時、ストレスが溜まった時、ついやけ食いしてしまいませんか?特別な時ではなくても、食べてしまうのは感情が関係しているかもしれません。

スポンサーリンク

エモーショナルイーティングって?

エモーショナルイーティング(Emotional Eating)、直訳すると感情的な食欲。痩せようと絶食に近いことをやった反動で、今日は大丈夫と言い聞かせながらめいっぱい食べた経験、あなたもありませんか?食欲が感情に勝った状態です。

エモーショナルイーター

このエモーショナルイーティングを繰り返す人はエモーショナルイーター(Emotional Eater)、直訳すると感情的に食べる人となります。先ほどのめいっぱい食べることは体が飢餓状態で栄養を欲しているわけですが、エモーショナルイーターは飢餓状態でなくても食欲が感情に勝っている状態がずっと続きます。

ひどくなると

お腹いっぱいでも食べてしまいます。太るとわかってて食べて、後で後悔に襲われて、そのストレスで食べるのですから、非常につらいことです。

どうするとエモーショナルイーティングになりやすい?

ストレスがかかると感情的に食べる(または食べない)のはごく普通のことなので、気にすることはありません。むしろ正常といえます。

しかしながら、ダイエット効果を期待して偏食や過食、絶食など普段の食生活を急に変化させると体の変調が感情を左右して、どの状態が通常だったか忘れてしまいます。

通常の状態がわからなくなると体にも変化が現れて、急激に痩せたり、太ったりして、何か落ち着かないような気分になっていきます。気分が落ち着かないので、食べて落ち着かせようとして過剰に食べてしまうわけです。

そうならないために、バランスの良く楽しい食生活を心がけ、ダイエットは急激に行わず自分にあったリズムで取り組みましょう。

自分はもしかしたらエモーショナルイーターかも

もし、この記事を読んで、もしかしたら自分は過食や拒食気味のエモーショナルイーターかもしれないと思いましたら、とにかく誰かに話を聞いてもらいましょう。何かストレスになることを抱えていませんか?

一人で抱えるとちょっとしたことが気になったり、寂しさが食欲に変換されることもありますので、身近な友だちや家族、ネット上の誰かに悩みを打ち明けてみましょう。

過剰ダイエットはやめよう

ヤセタガールでは健康で続けられるダイエット情報をお届けしています。過剰なダイエットは体を壊すどころか、心もコントロールできにくくなりますから絶対にやめましょうね。健康にダイエットしてきれいになりましょう!

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ