やせ習慣
「筋トレが面倒で続かない」人でも筋トレが楽しくなる方法

楽しみながら筋トレする方法を紹介。ダイエットのために筋トレは欠かせませんが、筋トレは面倒ですよね。「やり始めたら10回2セットくらい最後までできるけど、やり始めることができない」という方も多いと思います。アプリ活用やストレス解消など、思わず筋トレがやりたくなるような方法と考え方をピックアップしました。

筋トレが面倒なときの対処法

ファンシー色のトレーニンググッズ

筋トレをすると引き締まった身体が手に入るとわかっていても、面倒くさいですよね。筋トレはやり始めたら気分ものってくるのに、やり始めることがむつかしいものです。

筋トレは単調な動きを一定回数も繰り返さなくてはいけないので、飽きてくることもあります。地味な動きを丁寧に繰り返す作業は自分との闘いです。とはいえ、きれいに引き締まった身体のためには筋トレが必要不可欠です。

そこで、筋トレが楽しくなる方法を紹介します。「ウォーキングやジョギングなど外で身体を動かす有酸素運動は好きだけど、室内で身体をきたえる無酸素運動が苦手」という方はぜひチェックしてみてください。

筋トレを楽しむ方法

おなかがほっそりとした女性

筋トレのモチベーションをあげるために、筋トレを楽しいものにしていきましょう。

精神的疲労感が解消できると知る

精神的に疲れているときは、筋トレをするとスッキリすることが多いものです。筋トレの「力を入れて脱力する」という緊張と弛緩を繰りかえす動きがストレス解消にいいのでしょう。

また、筋トレは呼吸が大切といわれていますよね。「吸ってはく」を意識的にゆっくりと繰りかえすことで呼吸が深くなり、リラックス効果を得ることができます。「単調な動きを繰り返す」作業は脳にもいいそうです。

筋トレ後のストレスが発散されたようなスッキリ感を繰り返し味わうことで「筋トレをやろう」というモチベーションにつなげていきます。

アプリで筋トレ回数をカウント

腕立て伏せなどをしているうちに何回行ったか分からなくなることがありますよね。プランクなども自分で秒数を数えていたら数え方にむらができて、規定時間できているかわからないときがあるものです。

しっかりやれないとやる気がでないタイプの方もいるかと思います。そこで、スクワットなど筋トレした回数をカウントしてくれるアプリを活用しましょう。

筋トレ回数が数値化されて目に見えるので、モチベーションもあがります。アプリによっては、筋トレした回数などが記録され、これまでの実績等も振り返ることができます。コツコツと積み上げていきたいタイプの方におすすめです。

たとえば、こちらの“Runtastic”のように腕立て伏せの回数をカウントをしてくれるアプリがあります。

ios版:Runtastic 腕立て伏せ回数カウント

ハッシュタグでダイエット成功者&継続者を検索

おなかがスリムな女性

TwitterやInstagram、各種ダイエットSNSには、ダイエット情報や画像がたくさんあふれていますよね。膨大な情報のなかから、秀逸な情報を探し出すのはむつかしいものがあります。

そこで、よりよい情報の集まる傾向が高いハッシュタグを紹介します。ぜひ、定期的にチェックして、ダイエットに成功した自分の姿と重ねてみてください。

#筋トレ女子・・・Instagramでのハッシュタグ。筋トレをしている人たちがご自身の身体などの画像をあげています。筋トレしているだけあって引き締まった身体の人が多くモチベーションがあがります。

#よかったらダイエットのモチベーション上がる写真載せてくれませんか・・・Twitterでのハッシュタグ。スリムで引き締まった身体の画像がアップされています。「こんな身体になりたい!」とやる気がでてきます。

#ハッピーダイエッター・・・ダイエットアプリ「あすけん」の『日記』で使われているハッシュタグ。栄養バランスのよさそうな食べ物の写真が多めです。きれいに配膳された食卓から、自分を大切にすることがヘルシーな生活と見た目につながる気がして、丁寧に身体を鍛えたくなります。

筋トレ効果のあるスポーツを始める

プール

単調な筋トレをすることが苦手な方は、スポーツの動きを通して筋肉を使うようにしていきましょう。スポーツをすると全身の筋肉を使うことになります。楽しんでスポーツをしているうちに、筋力もアップしていたということはよくあります。

バスケットやサッカーなどは全身を使いますが、特に下半身の筋力が鍛えられます。水泳は、全身の筋肉をバランスよく鍛えるとして有名ですよね。スポーツをしていると、もっと上手になりたくて自発的に筋トレを始めることもあります。

ボルタリングやスケートなど、ある程度痩せているほうが上達しやすいスポーツを始めてみるのもおすすめです。スポーツをするためにどこかに出かける時間のない方は、エアー縄跳びを始めてみてはいかがでしょうか。

理想のボディラインに近づくイメージをする

筋トレすることによって、身体が引き締まって理想のボディラインも手に入ります。今すぐには無理ですが、続けた先には必ず待っています。

脂肪の上に筋肉がのってしまうことだけ注意しましょう。筋トレするときは、有酸素運動と適した食生活で脂肪を落とすことも意識したいところです。

同時並行していくと、メリハリのある身体ができるはずです。筋トレでの努力はほぼむくわれる、と信じてモチベーションをあげましょう。整ったスタイルの自分をイメージすると、筋トレもワクワクする楽しいものへと変化していきますよ。

筋トレ初心者が気を付けたいこと

理想的な筋肉がついた女性

今まであまり筋トレをしてこなかった初心者さんは、怪我に気を付けてバランスよく取り組むようにしましょう。

ほどほどのところから始める

筋トレ初心者さんは、いきなり根を詰めてやりすぎず、ほどほどのところで切り上げるようにしたほうがいいでしょう。やり慣れない筋トレをやりすぎると、身体をいためてしまう可能性があります。

また、筋トレを始めたばかりときに熱中してやりすぎて疲れてしまうと、次に筋トレするときになかなかモチベーションがあがらなかったりします。

性格にもよりますが、「あ~心地よかったな。たまには筋トレもいいものだね」という程度で抑えておくほうが、次回の筋トレにつながりやすかったりします。

バランスよくトレーニング

お腹の筋肉を鍛えるトレーニングをしたら背中も鍛えるなど、バランスよくトレーニングするようにしましょう。1セットあたりの回数が多いと、数種類のトレーニングをする気になれないかもしれません。

できたら、筋トレだけではなく有酸素運動も取り入れるなどして、バランスよく取り組みましょう。体系の変化が目に見えやすくなり、筋トレのモチベーションと楽しさがあがります。

筋トレが楽しくなってきたら習慣化までもう少し

海を眺めるボディラインがきれいな女性

筋トレを面倒に感じる人が楽しむための方法を紹介しました。筋トレは単調な動きを繰り返すものなので、地味で面倒な作業です。リアルタイムで結果が見えないものをコツコツ続けるのは、バイタリティも必要とします。

すぐに結果として理想のボディラインは現れませんが、精神的疲労感が解消したスッキリ感は筋トレ直後に得ることができます。まずは「ストレス解消になる」ことを身体に学習させて、「筋トレは心地よいものだ、楽しいものだ」という意識を根付かせていきませんか。

次に、美しく引き締まったボディラインを頭にイメージして、「いつかあの姿に到達する」と信じて続けましょう。やる気がでないときは、SNSでおすすめハッシュタグを検索しましょう。筋トレを続けているといつか必ず結果がでます。一緒に頑張りましょう。

夜に筋トレしたい方は、「脂肪を効果的に燃やす!夜筋トレのススメ」の記事もチェックしてくださいね。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ