やせ習慣
ダイエットにつながる節約生活のやり方を紹介

節約生活は、交通費や食費を抑えることで痩せやすくなります。電車やバス、タクシーを利用せずなるべく歩くようになり、コンビニのお菓子などの間食頻度が下がるからです。お金もたまり、ダイエットへとつながる理想の節約生活を始めてみませんか。

節約しながらダイエット

小さな噴水

節約生活はダイエットにつながります。電車賃を節約するために歩くことでウォーキングになり、お菓子代を節約することで摂取カロリー過多を防ぐことができます。

お金がたまって脂肪はなくなるなんて、素敵ではありませんか。でも、節約もダイエットも我慢がつきものです。いかにして我慢をし続けていくか、我慢ととらえず発想をかえるにはどうしたらいいのか、ということに成功のキーワードが隠されています。

本記事では、節約生活のモチベーションをあげるために、節約することがダイエットにつながる理由を紹介します。節約生活がストレスになってやめてしまわないように、節約を続けるコツも解説。お金をためて脂肪を減らしていきましょう。

節約生活で交通費・食費・体重を減らして

赤い電車と風景

節約するとよく歩くようになり、不要な間食も抑えられるようになります。詳しくみていきましょう。

交通費を節約してウォーキングに

節約生活のなかでダイエットに直結する最初の項目は“交通費”です。ちょっとそこまでの1駅を歩くようにしたら、片道で15~20分くらいのウォーキングをすることができます。地方で駅の距離が離れているところなら、もっとウォーキングすることができます。

大きなターミナル駅の乗り換えが大変でタクシーを使っていたのなら、節約できる金額はもっとあがります。

お菓子代を節約して摂取カロリーダウンに

意外とお菓子代も馬鹿になりません。1つ100円くらいのコンビニのお菓子でも30日で3,000円です。1つ200キロカロリーでも、30日で6,000キロカロリーです。毎月6,000キロカロリーを不要に摂取していると思うと、恐ろしくなりませんか。

今から毎日のお菓子をやめたら、これから毎月6,000キロカロリーの摂取量がダウンされます。肌荒れも改善するでしょう。お金もたまります。3,000円あればデパートのコスメも買えますよね。今からやめましょう。

旬の野菜を食べるように

自炊ができる方なら、節約のため旬の野菜を選びやすくなります。旬野菜は値段も安いため、スーパーなどの売り場でも目立つポップが掲げられています。値段で選ぶようにしていると、栄養たっぷりの旬のものを手にしやすくなりますよ。

また、冬場は根野菜が豊富なので、さつまいもなどお腹が膨れるヘルシーな食材も安価に手に入ります。お腹がいっぱいになって安くヘルシーな食材としてお芋類はおすすめです。

節約を続けるコツ

今日の服

節約は我慢が必要なイメージですよね。発想を転換させたら、ストレスも軽減されます。

収入1割減の金額を月収と思い込む

節約を続けるコツは、月収のうち1割ほどのお金を最初からもらっていないと思い込むことです。月収30万円なら、月収27万円と思い込みましょう。お小遣い帳を付けている人は、収入欄には27万円と書くのです。3万円は貯金します。

「節約しよう、残そう」と思うからストレスを感じるのであって、最初からもらってないものだと思えば、多少はストレスも軽減されます。お金がなかったなら、あるものだけでやりくりするようになります。

限られたお金でやりくりする以上、今までよりお菓子などに手が伸びにくくなります。

お金をためることで得られるものを思い描く

「お金をためて、あのお洋服を買う」や「あの靴を買う」など、欲しいものを思い描きましょう。間食や交通費を抑えて節約しているので、お金のたまる頃には少しは痩せていて、素敵な洋服や靴が似合う自分になっているはずです。

「今の自分には似合わない」と思わず弱気になってしまうような身体のラインやデコルテの出るようなお洋服をピックアップしておくのがいいかもしれませんね。

節約しながらダイエットの注意点

セブンイレブン

痩せるための節約です。痩せにつながらないような節約にならないよう注意しましょう。

炭水化物をとりすぎないように気を付けて

“所得が低い人のほうが炭水化物の摂取量は多くなる”という調査結果をご存知でしょうか。収入の低い人は、手軽で安いお米・麺・パスタなどでお腹を膨らましやすいというデータがあるそうです。

食費にかけるお金を節約するあまり、食事内容に影響が出すぎないように気を付けましょう。炭水化物は糖質ですので、太りやすくなってしまいます。

お出かけの楽しさはキープして

節約していると、外出をしなくなりがちになります。「出かけるのにも交通費がかかるし、外でご飯を食べることになって外食費もかかる」と頭がよぎるからかもしれません。でも、家にいるより外にでるほうが人からの視線を感じるから痩せやすくなります。

街のキラキラしたものに触れたほうが洗練されていきます。ときには多少の出費は目をつぶり、オシャレをして街に出かけるようにしましょう。

節約を助けるおすすめアプリ

アプリを使う女の子

節約につながるおすすめのお小遣いアプリを紹介します。私はこのアプリを使って数年たちますが、使い始めてからもうほかのアプリは使えません。

自動的に記帳される“マネーフォワード”

“マネーフォワード”というアプリは、カード情報を紐づけしていたら、自動的に支出が記帳されるアプリです。銀行口座と紐づけることもできます。

今まで、私はありとあらゆるお小遣い帳アプリを使ってきました。“OSN家計簿”、“Zaim”、“レシーピ!”、“ReceReco”、“マネーツリー”などなど。いろいろ使ってきたなかで、群を抜いた使いやすさと見やすさと節約できる金額の高さで“マネーフォワード”をおすすめします。

自分で記帳をしなくても、カードや電子マネーの買い物情報が自動的にグラフ化されるので、つけ忘れが防げるうえに、見やすくて分析しやすいのです。

“マネーフォワード”を使い始めてから、本当に無駄遣いが減りました。結果、無駄な間食などの出費が防げています。食費にいくら使ったかが、グラフで表示されるので、「今月は買いすぎている=食べ過ぎている」ということが視認できるのです。

カードと電子マネーでほとんどの支払いをしていて、節約しながらダイエットをしたい人におすすめのアプリです。現金で払ったものは、レシート入力もできますが、手作業が必要になってきます。

ただ、どのお小遣い帳アプリにもいえることだと思うのですが、情報漏えいのリスクはあるので、その点だけご注意ください。

iPhone版:家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿

android版:エディターのおすすめエディターのおすすめ家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ

節約生活でダイエットを成功させて

晴れの日パラソル

節約することがダイエットにつながる理由などを紹介しました。節約生活を送ると、交通費や食費を抑えるようになるので、よく歩き間食も防げるようになります。都内で10,000歩を歩く方法はこちらの記事を参考にしてください。

旬の食材は値段も安価なため、旬野菜を食べるようにもなります。節約を続けるコツは、収入の1割はもともともらってないものだと思うようにしましょう。1割分は貯金にまわします。「貯金ができたら、あれを買う」と目標を掲げるのもいいですね。

節約をするあまり、お米や麺類など手軽にお腹が膨れる食材ばかりを食べないように気を付けてくださいね。出不精にもならないよう、街へは繰り出すようにしましょう。洗練された生活は痩せにつながります。貯金も痩せも叶えられますように。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ