食事・レシピ
朝昼晩の食事、その黄金比率とは

毎日欠かせない食事、みなさんは時間通りに食べていますか?人によっては1日2食だったり5食だったりしますが、今回は1日2食または1日3食の方向けに理想の食事量バランスをご紹介します。

スポンサーリンク

朝昼晩=5:3:2

ヤセタガールは、朝が一番多めがベストで、夜は少量にしましょう。特に夜は要注意で、寝る前に食事をとって寝てしまうと本来は回復にあたる睡眠が、食事の消化のためにエネルギーを消費してしまいます。そうするとたくさん寝たのになんか体が重かったり、朝ごはんがいらない状態になりやすいため午前中は力が出ないなど、良いことはひとつもありません。

晩御飯は寝る2時間前、理想は3時間前

忙しい人や付き合いの多い人にとってはなかなか難しいところですよね。食事量を気にする前に生活習慣を見直すのも、継続してダイエット生活をするために大事な一歩です。

朝がいそがしすぎる場合

朝食べない時は昼をきっちり食べて、夜は特に少量にしましょう。朝と昼を足して8とすると、夜は2くらいのイメージで良いのだそうです。でも、理想は朝昼晩をきちんととることです。

夜食べる量を減らすテク

夜にどうしてもお腹が空いてしまう場合のテクニックとしては、水分をとること。1日に必要な水分量は体重×50-500ml(ml)が適正なので、意識して水分をとらないとなかなか達成できません。夜に水分をとって食欲を抑える方法があります。

食べないダイエットはもう終わりにしよう

今日は食事を抜きにしようとか、今日はスープだけにしようとかは、体や気持ちに徐々に無理がたまっていきます。無理がたまるとダイエットは続きません。体をいたわって、体のために優しい食事を心がけましょう。

もう一つの説、しっかり食べても太りにくいのは朝?昼?晩?

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ