季節やせ
夏やせ5つの法則

本格的な夏が近づいてきて露出機会がますます増えてきましたね。プールに海水浴と体型が気になってしまいますよね。今回は夏の特別編、この時期だけの夏やせ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

炭水化物を減らす、そうめんに注意

低糖質、糖質制限をすると太りにくい生活習慣に変化します。日本人の主食はごはんや麺類やパンで、炭水化物+おかずがほとんどですから、日本は炭水化物天国といえます。普段から炭水化物天国にいるわけなので、自然と炭水化物の摂取機会が増えています。意識して減らさないと難しいので、食事中の炭水化物の量は常に頭にイメージできるようになりましょう。

夏場はさっぱりしたものが食べたい季節ですよね。ヘルシーの代表格そうめんは、実はヘルシーではないとご存知でしたか?

ごはん1杯150gは250kcalですが、そうめん1人前200gは350kcalもあります。そうめん+揚げ物なんてやったらヘルシーどころかデブシーなのでご注意を。

とにかく水分補給

ダイエット中の水分は夏だけでなく日頃からとっておきたいものです。夏は特に体から水分がなくなりがちなので、熱中症対策の意味でも水分はきちんととりましょう。

また、汗で水分と一緒に塩分も流れてしまいますので、塩分入りのものをこまめにとってください。梅干し、塩レモン、塩飴やソルティライチなど、塩分入り重視のものもオススメです。

絶対に間食をしない、絶対に絶対に

暑いからアイス、水分補給はアイスラテなど、必要以上にカロリーをとっていませんか?夏やせを目指すなら何を飲んで食べているか見直す必要があります。間食断ちをするだけで見た目に変化は現れます。痩せたいならすぐに始めましょう。

暑かったらアイスをやめて、手首に保冷剤を当てましょう。その方が体の熱は逃げていきます。水分はアイスラテよりも、麦茶がオススメです。ミネラルが豊富でカロリーもほぼゼロです。

買わない、置かない、見かけない

シンプルに考えて、買うから食べるんです。置いてあるから食べてしまうのです。目に入って見かけるから気になってしまうのです。本気で痩せたかったら、まず買わない。次に、置いておかない。そして、見かけないように意識からはずしておきしょう。

とにかく7月だけの期間限定と思って頑張りましょう!

スクワットでフン!フン!

夏は代謝が落ち、痩せにくい季節と言われています。だからといって痩せないわけではありません。体温が上がっていると体が活発になりますので、今こそ体を動かしましょう。

オススメなのはスクワットです。スクワットは正しいフォームでやると全身運動になってカロリーを消費するうえ、基礎代謝が上がります。室内でもできるので、暑すぎる外での運動を避ける事ができます。

また、体を動かすと幸せホルモンのセロトニンが出ます。セロトニンをジャブジャブ出して健康的でストレスの少ない夏やせを目指しましょう!

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ