女性のカラダ
妊娠中のオススメなトレーニング・NGなトレーニング

一昔前までは、妊娠中のトレーニングは全般的にNGとされてきました。

しかし近年では出産の際の筋力をつけるためにも、ある程度筋力トレーニングはしたほうがよい、という流れに変わってきています。

妊婦さん向けのオススメのトレーニング、逆に妊娠中は禁止のトレーニングを調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中のスポーツ安全管理基準

日本臨床スポーツ医学会によって2004年に定められた妊婦スポーツの安全管理基準がWEBで公開されています。

それによりますと、「妊婦が運動(筋トレを含む)を行えるのは、妊娠12週以降(安定期になってから)で異常がない場合、強度は「ややきつい」以下で行うこと。時間は10:00〜14:00の間で週2〜3回、1回につき60分以内」と定められています。

詳しくはこちらからご確認ください。
http://www.rinspo.jp/pdf/proposal_11-1.pdf

妊娠中の筋トレの注意点

安全管理基準にも記載されていますが、寝た状態からお尻をあげるトレーニングやベンチプレスなどの、仰向けで行うトレーニングは、大静脈を圧迫して血流に制限がかかるため気分が悪くなったりする恐れがあるので、16週目以降は避けるようにしましょう。

オススメの妊娠中の筋トレ

出産には、主に足腰お腹の力が必要とされますので、下半身の筋トレをメインに行うことをオススメいたします。

下半身強化にはスクワットが基本ですが、通常のスクワットより負荷の少ない、壁を使ったマタニティスクワットをご紹介します。

■マタニティスクワット

また、ストレッチやヨガも筋トレ効果がありオススメです。

youtubeをみていると、結構アクロバティックなことをしている動画もありましたが、あまり無理をせず、リラックスできる程度の軽い気持ちで筋トレを行うようにしてくださいね。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ