成功例
タイ人女性に学ぶ、たくさん食べても太らない3つの秘密

アジア人は欧米人に比べると、スレンダーでプロポーションがいいと言われています。最近ではタイ人女性の美貌が注目されているのをご存知ですか?タイでは食事はほとんど外食です。そしてタイ人女性はとにかく食べます。それなのになぜ太らないのでしょうか?それには食事のとり方に秘密があるようです。

スポンサーリンク

一日5~6回食べる

Som Tham Thai

外食が中心のタイでは、一日の食事(おやつも含みます)は一人だいたい5~6回。
その食事のとり方に実は秘密が隠されています。日本人は昔から「3食しっかり食べる」という文化が根付いていますが、タイではそのような文化はありません。

日本の「3食ちゃんと食べる」という考えは、一昔前の食事が粗食だったため。粗食ではなくなった今、3食しっかり食べることはあまり重要視されず、ファスティング(断食)をするなど、食べ過ぎを防ぐためのダイエットなどもすすめられています。

逆にタイ人の食事のとり方は、一回にとる食事の量は少なく、私たちのようにしっかり食べません。マメにちょこちょこお腹に入れている感じでしょうか。このやり方はお腹が減りすぎて次の食事をとらないので、一気に血糖値が上がるのも防ぎます。それにより太りにくい体質を作ります。そういった食事のとり方の違いで、タイ人たちはスリムな体型を維持できているとも言われています。

食事の秘密

Tailand Vegan

タイ料理は唐辛子をよく使います。唐辛子には多くのカプサイシンが含まれています。カプサイシンには発汗作用がありますので、これらの食事から自然とダイエット効果があるのかもしれません。タイ人女性たちは少し太ったかなと思ったら、春雨やパパイヤのサラダを食べるそうです。

サラダに入れる肉類も炒めずに茹で、ナムプラー、ライム、唐辛子のドレッシングで和えます。特に青いパパイヤのサラダは、タンパク質や脂肪を分解する酵素が入っていると言われており、ダイエットしたい人には持ってこいのメニューです。

おやつの秘密

coconut

タイ人は本当によくおやつを食べます。ただ、内容がとてもヘルシーなものなので、これも太りにくい体質を作っている理由の一つだと言えます。例えばフルーツや野菜の甘煮、タピオカやもち米にココナツミルクを混ぜたものや、緑豆が原料のものなど、素材を生かした健康的なもの。

砂糖や生クリームを使った甘い洋菓子や、脂分の多いスナック菓子ではなく、昔ながらの素朴なものが多いのです。そういった嗜好品の違いなどから、最近は世界から見直されてきている食文化と言えるでしょう。

まとめ

17.jpg

人間の体は食べると代謝が上がるのですが、3~4時間後に代謝が低下し始めます。代謝を高く保つなら1日の量を少量ずつ、5~6食に分けて食べるのが理想です。無理なくダイエットをしたい方は、タイの女性たちを見習ってみてはいかがでしょうか。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ