運動
楽しみながらシェイプアップ!ボルダリングジムへ行こう

道具を使わずにカラフルな壁を登ることができるボルダリング。近年人気が高まってきてボルダリングができるジムが増えつつあります。「スポーツクライミング」という名で、東京オリンピックの追加種目の一つとして提案もされています。
全身を使って楽しめるのでシェイプアップには最適で、全身を鍛えることができるので均整のとれたメリハリボディを作るにはもってこいのスポーツです。手軽に始めることができるのも大きな魅力で、楽しみながらシェイプアップができると評判です。
そんなボルダリングについて紹介します!

スポンサーリンク

初心者でも大丈夫?ボルダリングってどんなスポーツ?

冒頭でも少し触れましたが、道具を使うことなく自分の体だけで壁を登っていく競技です。カラフルなホールドと呼ばれる取っ手のついた壁面をスイスイよじ登っていく姿をテレビで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

一見すると腕力が必要なように見えますが、体のバランスやちょっとしたコツが大切なスポーツです。非力な女性や子供でも十分楽しむことができますので、また行きたくなること必至です。

ボルダリングの動画はこちら。

競技人口は女性も多い?馴染みやすい雰囲気で入りやすい

こういったスポーツではなんとなく男性が多いイメージがあって、女性はなかなか入りづらいと思い込んでいませんか?ボルダリングは女性の競技人口も数多く入りづらい場所ではありません。ビギナーから上級者まで実力も様々で、同じ室内でやっているため話しがしやすく常連の上級者からアドバイスをもらえることも。

施設内は明るくて、更衣室などもそろっているところがほとんどです。また1人で来ている女性のお客さんも多いためとっても馴染みやすい雰囲気があります。

全身を使うボルダリングでメリハリボディを手に入れよう

楽しいとはいえボルダリングはスポーツです。やっている間は夢中で壁にしがみついて、落ちないようにがんばっています。そのため途中から握力が無くなってきたり、指が痛くなってきたりします。他にも足で体全体を持ち上げるような動作もしますので、腕だけでなく体幹や足など全身の筋肉痛に見舞われることがあります。特にビギナーは余計な力を使ってしまいがちですのでその傾向が顕著です。

それだけ全身をしっかり使っている、ということはメリハリボディを作る筋肉が鍛えられているということ。がんばらなくても楽しいから続けられる、続けられるから上達する、そして体が鍛えられて美しいボディを手に入れることができる、という嬉しいメリットがたくさんです。

まとめ

最後にボルダリングジムへ行くときの注意事項や質問事項をまとめてみました。

Q:未経験でも大丈夫?
A:大丈夫です。初回講習を行いますし、スタッフが必ずついていますので質問などありましたらいつでもどうぞ!

Q:服装はどうすればいいの?
A:動きやすい服装ならばどんなものでもいいです。ただジーンズなど伸縮性のない素材だと、動きに制限が出ますのでジャージなどが望ましいです。またチョークという滑り止めで汚れますので、多少汚れてもいい服でお願いします。

Q:持ち物は何が必要ですか?
A:まず最初はタオルや着替えなどの最低限の持ち物で構いません。シューズやチョークなど必要なものはレンタルで済ませてしまいましょう。慣れてきたら購入を考えてもらえば大丈夫です。

Q:料金はどれくらいですか?
A:ジムによって違いがあります。ほとんどの施設で初回登録料と施設の利用料、用具レンタル料がかかります。
  ■初回登録料 2000円前後
  ■施設利用料 1000~2000円程度
  ■レンタル料 1000円前後(クライミングシューズ+チョーク含む)
上記くらいの料金設定が一般的ではないでしょうか。お得な期間パスポートや回数券を取り扱っている施設もありますよ。

Q:他に気をつけたほうがいいことはありますか?
A:女性のお客様ですと、爪を短くしていただくことと指輪やネックレスなどのアクセサリーはプレイ中は外していただくようお願いしています。施設の損傷にもつながりますし、ケガの原因にもなりかねません。他のお客様もいますので、お互い譲り合いができるマナーもボルダリングを楽しむのに必要ですね。

いかがでしたか?
夜遅くまで営業しているところも多いので仕事帰りにも立ち寄ることができるのは嬉しいですよね。またボルダリングジムも増えており、都心だけでなく地方でも楽しむことができる環境になってきています。
貴方も鍛え上げられた美しい体を手に入れるためにボルダリングを始めてみませんか?

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ