運動
腹筋美人をつくる立ちエクササイズ3選

夏前に慌ててダイエットやエクササイズをするなんて、今ではもう非常識。美しいボディ作りは、日常からやることが大切です。特に脂肪がつきやすいウエスト周りは、日ごろのコツコツが非常に重要。

夏まであっと言う間です。ウエスト周りのお肉を徹底的に排除したい!と思うのなら今からが勝負。結果を急がず無理のないエクササイズをして、夏に向けて少しずつ腹筋を鍛えましょう。

スポンサーリンク

毎日スクワット

スクワットは「下半身のエクササイズ」というイメージがあります。もちろん太ももやヒップアップにも効果はあるのですが、同時に腹筋+背筋も鍛えられるというスーパーエクササイズ。ですから正しいスクワットを毎日するだけで、下半身にキレイな筋肉がつくということが期待できます。

ただ、スクワットのやり方を間違うと、何回しても効果はなし。ジムに通っている人はトレーナーに聞いたり、動画などを見て正しいやり方でやてください。最初は10回でもキツイですが、慣れると20回、30回とできるようになります。まずは無理せずに一日に数回分けて、気づいたときにやるとストレスがたまりません。毎日続けてこそ、効果が出るエクササイズです。3日坊主になることなく、ぜひ毎日行ってくださいね。

お腹の脂肪+背中の脂肪まで落とすスクワット

ロングブレスは効果テキメン

少し前に話題になった美木良介さんの「ロングブレス」覚えていますか?上半身の素晴らしい腹筋を見せて、テレビや雑誌などでかなり取り上げられました。この呼吸法ダイエットは、色んなダイエット方法がある中、腹筋を鍛えるには正しく適した方法だと思います。

腹筋運動は寝転んでやるイメージですが、立ったままできるので体に負担をかけずできます。一日3回~5回するだけで、腹筋を鍛えるほか腰痛にも効くので、健康的なエクササイズができます。私はロングブレスをやり続けていますが、腹筋の縦線が少し見えてきました。くびれを作りたい人は別のエクササイズ方法を取入れることにより、もっと早く効果が出ると思います。

美木良介が教える健康エクササイズ 「ロングブレス」で体を変える

下腹力を高めよう

34/365 - B is for Battling the Bulge
毎日の生活の中で簡単にできるエクササイズは、常に下腹に力を入れることです。これが一番効果があり、お腹に贅肉がつきにくい体にする究極の方法です。姿勢の悪い人は例え痩せていても、必ずと言っていいほどお腹に脂肪がついています。

立っているときはもちろん、座っているときも必ず姿勢を真っすぐにして、下腹に力を入れます。普段姿勢の悪い人は、慣れるまで筋肉痛や腰痛が起こるかもしれません。でも慣れてしまうと筋肉痛もなくなり、おなか回りが不思議とスッキリしてきます。姿勢のいい人はスタイルも不思議といいですよね?エクササイズよりも効果的と言われるこのやり方は、ぜひとも日常に取り入れていただきたいです。

まとめ

腹筋力をつけると腰痛にもなりにくいので、意識ひとつで美プラス健康も手に入れることができます。お腹回りはどうしても落としにくいと思いがちですが、毎日コツコツやることにより脂肪をつくにくくすることは可能です。目標が決まったらモチベーションを維持して、ぜひこれらのエクササイズを毎日の習慣にしてください。習慣になれば生活も変わり、ボディも変わっていくことでしょう。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ