やせ見え
「テキストネック」猫背と二重あごはスマホ姿勢が原因かも

「最近なんだかあごのたるみが気になる」「ちょっと背中が丸まってきたかな?」となんとなく気になっている方はいませんか?もしかしたら普段使っているスマホが原因かもしれませんよ。放っておくと二重あごや猫背になってしまう可能性もあり、スタイルや見た目もよくありません。

やはりスッと伸びた背筋、キレイなフェイスラインは誰もがキープしておきたいものです。猫背や二重あごとスマホにはどんな関係があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

スマホを使うと体には何が起きているの?

スマホを使うとき多くの方は机や膝の上に置いて使用していると思います。そのような姿勢は頭が下がっている状態ですので、頭そのものの重みが首に全てかかってきます。さらにはその姿勢を長時間続けると首の骨に負担がかかります。

一時的なものならばさほど問題はありませんが、現代の私達はスマホへの依存度が高く、長時間の使用で毎日首や肩、首の骨に大きな負担をかけていることになります。

首への負担が続いてしまうと知らず知らずのうちに「テキストネック」という状態になってしまい、これが猫背や二重あごの原因となる原因だったのです。

テキストネックって一体何?

テキストネックとはスマホやタブレットを使うことで下を向く姿勢を長時間続けることで首に負担がかかり、それが原因で首の形が変わってしまうことを言います。ストレートネックと混同されやすいですがこのような違いがあります。

■ストレートネック
元々は湾曲している頚椎(首の骨)が真っ直ぐになってしまっていること。

■テキストネック
スマホやタブレットを原因として頚椎の形が変化してしまっていること。真っ直ぐになっているかどうかは問わない。

そのテキストネックですが、モバイル機器を使うことでうつむくような姿勢が長くなります。すると次第に背中が丸まってきて猫背になってきます。そして次第にあごが前に出てきてしまいますので、フェイスラインにたるみが出て二重あごの元になるのです。

テキストネックにならない上手なスマホの使い方

「長時間のうつむき姿勢」これが一番背中や首に負担をかけることになり、猫背や二重あごの原因となります。そのうつむき姿勢を改善することができれば、テキストネックが原因の猫背や二重あごの対処ができるということにつながります。

では、スマホを使うときはどうすればいいのでしょうか。

スマホを使うときはなるべく視線の高さで使うようにしましょう。こうするだけでずいぶんと首への負担を減らすことができます。人間の頭は背中や首が湾曲してバランスをとっています。その上に頭が乗っている感じですので、そのバランスを崩すことなくスマホを使ってあげればいいのです。

スマホの使いすぎが原因で姿勢が悪くなり、そこから猫背や二重あごになってしまうことは何があっても避けたいところですね。まずはスマホを視線の高さで使うように心がけて姿勢を正す生活を送るようにしてみてください。

正しいスマホライフで美しいスタイルとフェイスラインを維持しましょう。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ