コラム
【ダイエットあるある】ダイエット中の「ヤバイ!」と解決策4本

今回はダイエットでの食事制限とそれに付随する運動を行っているときの、「困った!」あるあるをご紹介します。

ダイエット中のちょっとした息抜きもかねて、一緒に『あるある!』してみてください!

スポンサーリンク

① ストレッチ中にあしが攣(つ)った!

Yo-Fi with Mitchel Bleier: Backbends

あしが攣ってしまった場合はすぐに直そうと焦ってはいけません。

びっくりしてあしが宙に浮いている状態から、まず攣った身体(あし)が力を抜いていられるための、あしを置く角度を見つけましょう。そして痛みが少し楽になるのを待ってから、徐々に徐々に優しくゆっくりと、ストレッチやマッサージを行うようにしてください。

特にふくらはぎが攣る「こむら返り」では肉離れの危険がありますから、焦りは禁物です。

病気以外の運動や就寝中の脚・足の痙攣は、筋肉-神経間で筋肉の収縮と弛緩のやり取りが上手にいかなかったときに起こる、痛みの伴う筋肉の強い収縮です。
この症状は水分・ミネラルバランスの崩れ、冷え、筋肉の減少と疲労などによって引き起こされます。

例えば、運動をして汗をかくと水分とともにミネラルが流出し、筋肉も疲労している状態になります。疲れた日の睡眠中にあしが攣りやすいのもこうした理由によるものと考えられます。

あしが攣るのを防ぐためには、日頃よりあしが攣らないためのケアが欠かせません。睡眠・入浴・適度な運動、ミネラル分の多い水分補給を心掛けましょう。

スポーツドリンクは糖分が多くカロリーもあるため常飲には向いていませんが、水分・ミネラルを素早く体内に補給するのに適しています。市販されているスポーツドリンクそれぞれの成分・特性を把握して、状況にあったスポーツドリンクを選択してください。

② ダイエット中の食事の材料を切らしてしまった!

supermarket-949912_1920

その日のうちに補充できるのであれば、補充してダイエットの継続が途切れないようにしましょう。また代替手段があればそれを実行することと、次回繰り返さないためにどうするかを考えましょう。

「ダイエットをしている」という、いい意味での緊張感を切らさないようにすることに注力します。

食品に限らずですが、多く買いすぎてしまった物=在庫は場所を取るコストと考えているので、筆者はあまり買い置きをしません。特に食品の場合は、賞味期限が切れればその分が無駄になってしまいます。

そのため気に入っている商品については、「どこのお店で買えるか」、「いくらで買えるか」を生活で利用する各エリア内でリサーチしておき、急に必要になった時に焦らないようにしています。毎日使うものであれば「冷蔵庫で残り一つになったら新たに買う」、「防災グッズのリストに加えておいて、ストックする状態を作っておく」などルールを決めておくと便利です。

③ お腹が空いて眠れない・・・!

938344ee697ef0498fdc10125668dab9_s

カロリーゼロで空腹を紛らわすには「お水を飲む」こと、夏であれば「口に氷を含み、その氷が溶ける前に床に入ってしまう」ことがあげられます。

筆者のおすすめは白湯です。白湯だと物足りない場合は、白湯になる前の熱いお湯に塩を一つまみ入れておくと、少しお湯に味が付き空腹感が和らぎます。

ただ本当にお腹が空いたままで寝てしまうと、深夜に目が覚めてしまうことがあります。
睡眠不足は健康にも影響しますので、少しであれば寝る前に食べることを自分に許してあげても良いと思うのです。

その場合は、ホットミルクやわかめスープ、くず湯はいかがでしょうか。あまり凝った料理では料理中に眠気が覚めてしまいますし、寝る前にカロリーのあるものを食べることは、本来であれば脂肪の蓄積につながることを忘れてはいけません。

眠れない場合は、簡単に作ることができて身体の眠る準備を妨げない、適度な温かさの飲み物をゆっくり飲んでリラックスしてから寝るようにしてみてください。

④ 突然、体重が落ちなくなった!

training-828726_1920

それまで体重が順調に落ちていたならば、筋力トレーニング(筋トレ)で筋肉を鍛えて基礎代謝を上げましょう。食事制限でダイエットを行っている場合は、脂肪と一緒に筋肉が減っている可能性があります。極端なダイエットをしていなければ、筋トレを始めてみましょう。

身体は寒さを防ぐために脂肪を蓄積しようとしたり、お腹の赤ちゃんを守るために脂肪が付いたりと、自然と生命を守るための防御を行います。そのため、ダイエットによる急激な体内の変化もまた、生命維持の危機と無意識に感じているのです。

ダイエットは自分の理想の体型を手に入れるもので、手に入れるためにはそのような身体の防御機能(ホメオスタシス)と戦うことになります。

正しいダイエットであればペースを緩める必要はありませんが、この時期はさらに厳しい食事制限をするべきではありません。栄養不足になっていないかを見直し、きちんと栄養を摂りつつ身体機能アップのための筋トレを行うことをおすすめします。

トレーニングジムでメニューを組んでもらうと自分に合った筋トレができますので、初心者の方におすすめです。簡単なものであれば筆者の以前のエントリも参考にしてみてください。
そして、筋トレ後や筋トレの合間、筋トレの休息日にストレッチやジョギング・ウォーキングなど軽めの有酸素運動をとり入れると、脂肪の燃焼や身体のリフレッシュに良いようです。

以前のエントリ:ふくらはぎのむくみを解消する1分トレーニング
          信号待ちでできる簡単ストレッチ/トレーニング8選

最後に

身体は何かが足りなくなったり、無理をしてバランスが崩れたりすると必ず信号を送ってくるものです。それをいかに解決しながら健康的にダイエットしていくのか考えると、とても楽しいですよ。時々起こる「あるある」をクリアして、ぜひみなさん自身の目標を達成させましょう!

鈴木泰子 (yasuko es.)

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ