やせ見え
着痩せする素材選び

「どんな服を着ても着痩せしない・・・」そんなことってありませんか?服の形や色にこだわっても痩せて見えない時は、素材を厳選してみましょう。ダイエット中におすすめの3つ素材を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

厚手でしっかりとハリがある素材

厚手でハリがある素材は身体のラインを拾いません。具体的には、ユニクロから出ている2016年ssの「ポンチタックスカート」(2,990円税抜き)がおすすめです。タックが入っていて裾までふんわりと広がっているスカートです。実際は、お尻や太ももにおされて広がってたのだとしても、ハリのある生地なのでスカートの形で広がっているよう見えます。
膝から下は細いけど、お尻とふとももにお肉がついている人は着痩せして見えるアイテムです。

デコルテを見せて細見えを狙うシースルー素材

918b4e0fd28852bf3221a44dc6eb7296_s

2014年ごろから春夏の人気アイテムとして定番化してきているシースルー素材。デコルテがほんのり透けるので痩せて見えるアイテムです。鎖骨と胸の間などの部分は出したほうが細く見えますが、まるごと露出したらいやらしくなりますよね。でも、シースルーで少し隠せばいやらしすぎません。シースルーに抵抗がある人は、スカートの裾や袖先など一部がシースル素材のものにするだけでメリハリが出て細く見えますよ。

タイトな服が窮屈ならポリウレタン混を

freeimage.9-bb.com-02286

ピタッとした服のほうが細く見えるし、痩せようという意思も高まりますよね。でも、窮屈で着るのが嫌になってしまっては元も子もありません。そういう時は、ポリウレタンが2%くらい含まれている素材を選びましょう。
ポリウレタンはゴムのように伸縮性のある弾性糸でストレット性があります。Tシャツなどはコットン100%のほうが素材として優れている印象ですが、ポリウレタン混はストレッチ性がきいて多少小さめサイズでも着心地のいいものになります。イタリアのラグジュアリーブランドのアルマーニやフェラガモのTシャツにもたいてポリウレタンが2~5%入っています。

着痩せを狙うなら素材にもこだわって

着痩せする素材を3つ紹介させていただきました。上手に服の素材を選んで効果的に着痩せを狙いましょう。おしゃれが楽しくなってダイエットがはかどりますように。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ