グッズ・サービス
【2016年版】ダイエットが楽しくなるアプリ+ガジェット達

今回はダイエットをするときに、楽しくて・便利、やる気が出て・頼もしいデジタルガジェット、アプリをご紹介します。

既に活用している人も、デジタル機器が苦手な人も、新しい道具を手にしたときの気分がアガる感覚は、ダイエットにも良い影響を与えることと間違いなしです。

それでは、まずは定番の「Nike+」から、いってみましょう!

スポンサーリンク

【ナイキ】 モバイルアプリ「Nike+ 」と「Nike+ デバイス」シリーズ

shutterstock_267694895

自分のスポーツ記録を行いたいとき、真っ先に思いつくアプリ「Nike+」は、多くの人が使っている「Nike+ Running」をはじめとして、自分のレベルに合わせて100種類以上のワークアウトが選べる「Nike+ Training Club」も一定のダウンロード数を獲得しています。

そして、日常のあらゆる活動を計測できる「Nike+ Fuel(Nike+ FuelBand)」が、ダイエットに役立ちます。手首に装着する「Nike+ FuelBand」を常時装着すれば、身体の動きに連動した、実際の活動量に沿う活動計測ができるようになります。

「Nike+ 製品」サイトで確認すると、FuelBandと同じように活動量を計測することができるアプリ「Nike+ Move」はiPhone 5Sで、「Nike+ FuelBand」はほぼすべてのiOSデバイスで使用ができるそうですから非常に便利ですね。

ナイキジャパン – Nike
http://www.nike.com/jp/ja_jp/

NIKE+ 製品
http://support-ja-jp.nikeplus.com/

【JINS】 JINS MEME(ミーム)

shutterstock_255001651

PCメガネなどの機能性メガネで有名なJINSより、昨年メガネ型ウェアラブルデバイス、JINS MEME(ミーム)が発売されました。

ジャイロセンサー(微妙な動きの変化を検知する)が搭載されているメガネに非常に興味がわくと同時に、メガネ+アプリでワンセットのJINS MEMEで、ダイエットのサポートをしてくれそうなアプリを二つほど見つけました。
それは、現在リリース済みの「JINS MEME RUN」と、2016年2月8日リリース予定の「JINS MEME TAIKAN」です。

■ JINS MEME RUN
JINS MEME のセンサーによってデータ化された自分のランニングフォームから、より効率的で理想的な走りへと修正していくことができるアプリです。自分一人だけで走りのチェックと修正が可能になることで、これまでのランニングが何倍も楽しく有意義なものへと変わっていくことでしょう。iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

■ JINS MEME TAIKAN
身体内部にあるため、正しく・効果的に行えているのかを自分では判断しづらい体幹トレーニングにJINS MEMEを取り入れることで、トレーニングの効果が可視化できるようになります。
「JINS MEME RUN」で気づいたフォームの弱点を、「JINS MEME TAIKAN」の体幹トレーニングで修正するといった連携も可能です。
(「JINS MEME TAIKAN」のAndroid版公開予定は、サイトをご確認ください。)

JINS MEME : https://jins-meme.com/ja/

【TANITA】 Bluetooth通信対応 体組成計

2715167ad107982190de65bc144102f5_m

先日、一日だけ「株式会社バルス」と社名変更していた株式会社タニタより、ダイエット記録をつけている人に最適な、Web対応の体組成計が登場していました。

わざわざ機器に頼らなくても……と思うかもしれませんが、毎日の記録とグラフ化は、相当根気が必要なダイエット管理方法の一つです。

そして「筋肉を鍛えて基礎代謝を上げるといっても、実際効果があるのかわからない」という人には筋肉量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量の測定ができる体組成計は毎日の励みになりそうです。

タニタ : http://www.tanita.co.jp/

【パナソニック】 「スマート家電(美容・健康)」と「Panasonic Smart App」

shutterstock_129500324

記録系のダイエット管理を行っている人でより双方向性を求める場合は、パナソニックのスマート家電と組み合わせて使用するアプリ、「ダイエットメモ」がおすすめです。

自分の体型のタイプ診断から始まり、皮下脂肪の測定もできる体組成計項目、カレンダータイプの履歴表示ではダイエット実行度の記録もできます。
ほかにも、週一回のダイエットアドバイス更新、一日一回更新されるお楽しみコンテンツ、友達リンク、SNS連携など、継続するための至れり尽くせりのメニューがそろっています。

スマートフォン管理で、「ダイエットメモ」が手放せなくなってしまう中毒症状に注意してくださいね。

Panasonic : http://panasonic.jp/
スマート家電 : http://panasonic.jp/pss/

【ソニー】 みんチャレ

shutterstock_213231337

三日坊主防止アプリの「みんチャレ」は、「新しい習慣を身につけたい人が5人でチームを組み、チャットで励まし合いながらチャレンジする、三日坊主防止アプリです。(サイトより引用)」ですので、もちろんダイエット習慣のチーム作りも可能です。

サイトのコンセプト説明や利用シーンのイメージが非常にわかりやすく、すぐはじめたいと思えるアプリになっています。日頃よりチャットやメールでのコミュニケーション、SNSへの投稿が苦でない人なら、楽しんで取り組めると思いますよ。

チームマッチングで新しい交流が始まるかもしれませんし、チャレンジする期間の終了設定が選べるのもプラスの要素です。

みんチャレ : http://minchalle.com/

【BitBite】 BitBite

111

数年前にWeb上で紹介されているのを見て気になっていたのが、耳に伝わる自分の咀嚼を分析することで自分の食事の監視ができる、耳につけるクリップ型ウェアラブルデバイス「BitBite」です。

食べものを咀嚼する時の筋肉の動きや音、咀嚼の回数などから「BitBite」が食事内容を判断し、それを自分の食習慣の改善につなげていくという方法が、ユニークだと思います。

日本のサイトではRAKUNEW.comで製品が紹介されています(販売再開未定)。サイトの注意事項では、「表示や説明書のほとんどが英語表記である」こと、「海外仕様のため日本国内での動作は保障できない」こと、「各国の法律に基づき使用する」ことが書かれていましたので、日本で一般流通製品になるにはまだ時間がかかるのかもしれません。

BitBite : http://www.thebitbite.com/
RAKUNEW.com /BitBite|ダイエットや食習慣改善をサポートする耳用クリップ:
https://www.rakunew.com/items/69487

【マイクロソフト】 スマートウォッチ「Microsoft Band2」とモバイルアプリ「Microsoft Health」

Microsoft Band 2 / マイクロソフト バンド 2 iPhone / Android / Windows Phone 対応 (Medium) [並行輸入品]

Microsoft Band 2 / マイクロソフト バンド 2 iPhone / Android / Windows Phone 対応 (Medium) [並行輸入品]

PCのソフトウェアを動かす“OSの二大巨頭”と言えば、Microsoft WindowsとApple OSですよね。マイクロソフトを知らない人はほぼいないと思われますが、マイクロソフトが出しているスマートウォッチ「Microsoft Band」は日本国内の正規販売ルートが確立されていないこともあって、Apple Watchと比べ日本での認知度が高くありません。

今回は、2014年発売の「Microsoft Band」後継モデルとして発売された、「Microsoft Band 2」(2015年10月発売/日本未発売)をご紹介します。

「Microsoft Band 2」はリストバンド型のシンプルなデザインのスマートウォッチで、デザインとしては「Microsoft Band」より洗練された印象となっています。

ビジネスでも違和感なく使用できるデザインと機能を備えながら、11種類のセンサーによって、フィットネスシーン(心拍数、紫外線、消費カロリーなど)から睡眠品質までをモニター&トラッキングすることができるため、ヘルストラッキング端末として人気があるようです。

一方のアプリ「Microsoft Health」はクラウドベースの健康管理サービスで、Bluetooth通信を使いスマートフォン/クラウドと同期します。
身体活動のデータを分析し健康の改善を助けるツールとして、24時間身体の状態をトラッキングしながら、レベルに応じたゴールを継続して提供してくれることでしょう。

「Microsoft Band 2」は連携するスマートフォンのOSを選ばずに使うことができ、「Microsoft Health」はMicrosoft Bandを持っていなくても使えるというオープンさが魅力です。

≪マイクロソフト公式サイト(US)≫
Microsoft Band 2:https://www.microsoft.com/microsoft-band/
Microsoft Health:https://www.microsoft.com/microsoft-health/

ーーそしてマイクロソフトでは、集めたデータを保管するプラットフォームも用意しています。

■ HealthVault
「HealthVault」はフィットネス記録の保管だけではなく、家族の医療記録や投薬・アレルギー履歴の管理、医療機関との情報の連携など、健康記録のオンライン上での一元管理が可能となります。

また、血圧計や万歩計などの測定器や、ヘルス&フィットネス関連の多くのアプリと接続するので、使用しているデバイス&アプリで問題なく記録を続けられる場合も多いのではないでしょうか。

* 接続可能な機器・アプリの中には、もちろんFitBit Fitbitが人気、ダイエットのモチベーション維持に最適な理由もありますよ!
HealthVault(日本語):https://www.healthvault.com/us/ja-JP

【パナソニック】 ビューティトレーニング

パナソニック ビューティートレーニング ラン・ウォーク用ウエスト Lサイズ ピンク ES-WB60-PL
パナソニック
パナソニック ビューティートレーニング ラン・ウォーク用ウエスト Lサイズ ピンク ES-WB60-PL

昨年発売された、ランをしながら腹筋を鍛えるという、美味しいところ取りのベルトが「ビューティトレーニング」です。ランだけでなく、ウォーキング、ツイストとシーンに応じて適した選択ができます。

EMSシステムを使っているので、「テレビを見ながら」「何もしなくても鍛えられる」という通販で人気のEMSベルトと同じ?と思われるかもしれませんが侮ってはいけません。

「ビューティトレーニング」は身体の筋肉が伸びるタイミングに合わせて刺激が与えられるため、「身体を動かしながら」使うのが正解なのです。

■ 「ビューティートレーニング」は東京・大阪のadidas RUNBASEで“無料貸し出し中”です。ぜひ機能効果を試して実感してください。

Panasonic ビューティトレーニング:http://panasonic.jp/b-tre/
ビューティトレーニングの貸出について:http://panasonic.jp/b-tre/rental/

【ALEX】ALEX


以前ヤセタガールでも取り上げた、テキストネック(スマホ首)「テキストネック」猫背と二重あごはスマホ姿勢が原因かもを監視してくれるウェアラブルデバイスがありました。

「ALEX」は首掛け式のヘッドホンのような形状で、動作を邪魔することはありません。PCやスマートフォン操作中に首が前に来てしまった時に振動で教えてくれるシステムは、スマートフォンのアプリと連携して使用します。

「ALEX」の開発チームが望んでいるのは、「ALEX」を使うことで皆が自分の筋肉で正しい姿勢をキープできるようになり、最終的には「ALEX」を必要としなくなるような長期的な解決です(INDIEGOGO “ALEX, Wearable Posture Tracker&Coach” Webページより)。

PC・スマートフォンを使う時だけでなく、ついつい熱中して悪い姿勢になってしまう読書やゲームも、まず「ALEX」を首にかけ、耳にセットしてから始めるのが新しい習慣となる日が来るかもしれませんね。

2016年2月18日まで行っていた「Kickstarter」での支援募集を終了し、現在は「INDIEGOGO」でプレオーダーを展開しています。
Kickstarter “ALEX, Wearable Posture Tracker and Coach”:
https://www.kickstarter.com/projects/891603560/alex-wearable-posture-tracker-and-coach
INDIEGOGO “ALEX, Wearable Posture Tracker&Coach”:
https://www.indiegogo.com/projects/alex-wearable-posture-tracker-coach–2#/
※ 「Kickstarter」、「INDIEGOGO」ともに米国のクラウドファンディングサービスとなります。利用においては自己責任となりますので、システム・利用規約等を各自ご確認の上、トラブルにご注意ください。

おわりに

今後は遺伝子情報によるヘルスケア分野が、デジタル化され、さらに身近になってくるのではないかと考えています。
サイトによってダイエット食品やダイエットサプリメントと連動している場合もあり、今回は一律ご紹介していませんが、自分の身体の遺伝子特性を知ってからダイエットを開始することで、最短距離でダイエットができるかもしれないという期待が高まります。
テクノロジーは自分では考えつかないアプローチを提示してくれるので、これからもますます目が離せませんね。

鈴木泰子 (yasuko es.)

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ