やせ見え
エビングハウス錯視で小顔にみせる方法

小顔になる努力って何をしてきましたか?痩せるクリームを使ってのリフトアップマッサージ、あいうえお体操、舌まわし体操・・・。今まで数々の努力をしてきたと思います。そして、結果は得られましたでしょうか。雰囲気は少し変わるけど、顔ってなかなか痩せませんよね。やるだけやっても、結果がついいてこない時は、目の錯覚の力も借りちゃいましょう。

スポンサーリンク

「エビングハウス錯視」を活用

shutterstock_137473241

「エビングハウス錯視」をご存知ですか。同じサイズの円でも大小違うサイズの円で囲うと、見え方が異なるという目の錯覚のことです。上の画像も赤い円の大きさは同じなのですが、大きい円で囲われた左下の赤い円のほうが小さく見えませんか。この目の錯覚を小顔効果にも活用しましょう。

大きい襟を選んで小顔に見せて

shutterstock_309324158

襟元にも同様のことが言えます。対比の法則で、大きい襟に挟まれると顔が小さく見える傾向にあります。肩幅もしかりです。’80年代のファッションで肩パッドが入った服が流行しましたが、その時の画像を見ると皆さん顔が小さく見えませんか。肩パッドは今のファッションに取り入れるの無理でも大ぶりの襟は取り入れられますので、ぜひ活用してみてください。

つば広ハットや大ぶりのピアス

shutterstock_158637449

他にも、ハットやピアスも大きいものを選びましょう。ピアスを選ぶ時は揺れるタイプがおすすめです。動くたびに光が反射して小顔効果も高いと言われています。また、男性は狩猟本能的に揺れるものに弱く、揺れるピアスにひきつけられるという説がありますよ。個人差はあるでしょうが、お気に入りのあの人はどうなのか試してみる価値はあります。

目の錯覚を利用して小顔を手に入れて

shutterstock_211477864

毎日頑張って顔やせ体操をしても、顔のお肉が応えてくれなかったら心も折れてしまうもの。リバウンドに走る前に、ちょっとしたテクニックを使って痩せてみえるように試みてみましょう。大きいアイテムに囲まれて小さなかわいい自分を演じているうちに、しぐさも愛らしくなってきたりするから不思議です。やりすぎ注意ですが。明日の皆さまが今日より輝きますように。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ