体験談
太らない生活習慣、体重45㎏を10年以上キープさせた私の体験

太らない生活習慣というのはあるのでしょうか。私はあると思います。10年以上、何を食べても162㎝45㎏体脂肪率18%をキープしていましたが、生活習慣が変わっただけで一気に8㎏も増えてしまったからです。周りからも「痩せない体質の人」と認知されていましたが、太ったのでかなりショックでした。

この経験から、痩せていた要因は体質でなく習慣だった、と身をもって痛感しています。決して太ることのなかった生活習慣を紹介します。

スポンサーリンク

162㎝45㎏だった学生時代

食事習慣

学生時代の週末のランチはお好み焼き1枚におにぎり2,3個。晩御飯もお腹がいっぱいで動けないほど食べていました。でも、やせ形でした。当時は、「痩せの大食い」、「胃下垂なのかな?」と言われていました。ですが、痩せる原因は食事量より生活習慣にありました。

当時は運動部で毎日朝から晩まで激しい運動をしていました。土日ももちろん1日中走り回っていました。食事量も多かったですが、運動量もとても多かったのです。

身長体重を維持して体脂肪率18%だった社会人時代

プール 水中

社会人になって運動は激減しましたが、体重をキープしていました。習慣としては、週に2、3日ほど出勤前に1時間半ほどプールでウォーキングをしたり、就業後ジムでヨガをしたり筋トレやジョギングをしたりしていました。プールに通えなくなったら早朝路上ウォーキングに切り替えて軽い運動は続けていました。

水中ウォーキングダイエットのメリットと隠れた注意点

食事は、今までのように食べたいものを食べたいだけ食べていました。お菓子も1袋位すべて食べていました。ですが、夜21時を過ぎてからは、ほとんど食べていません。仕事で遅くなって外食をする場合でも、サラダなどを食べていました。

自宅での運動は腹筋・背筋・ストレッチ・ヨガのポーズ2,3種

座ってヨガをする女性

自宅では、寝る前に腹筋・背筋を15回2セットに、気が向いたときにストレッチをしたりヨガを2,3ポーズほど楽しんでいたりしました。たまに、下腹を引き締めようと下腹にきく筋トレなども取り入れましたが、きつかったのであまりやりませんでした。

自宅での腹筋などの目的はダイエットというより良質な睡眠のためでした。腹筋だけで終わらせたら腰をいためるので、腰を守るために背筋もしているだけというライトなものでした。

ヨガについてはヨガ特集を執筆しましたのでご参考ください。

週に2,3日は運動をして21時以降は食べ過ぎない

緑黄色野菜のサラダ

体質にもよるでしょうが、このシンプルな習慣が痩せる秘訣だと身を持って感じています。21時以降は今も食べませんが、運動を全くしなくなったら8㎏も一気に増えました。

そんな中、この3ヶ月くらいヤセタガールの原稿を毎週書かせていただくようになって、ダイエットへの意識が高まり、先月くらいからウォーキングをたまに再開させていたら1㎏やせました。緩やかかもしれませんが、このまま体型をもとに戻していきたいと考えています。

日常生活に簡単な運動と21時以降の食事管理を

ふとももの計測

生活習慣が体重に与える影響はとても大きいものです。なかなか痩せない、と試行錯誤している人は多いと思いますが、生活習慣を見直してみませんか?とても緩やかですが、健康的に減らせますよ。半年後の素敵な姿を想像して、ともに取り組みましょう。

【2017年2月追記】

私がやせるきっかけとなった水中ウォーキングですが、メディキュットから履くだけで「水中ウォーキングのような」筋肉加圧効果のあるタイプが発売されました。わざわざプールに行かなくても、普段の生活でできるのはいいですね。

【編集後記】

まさかヤセタガールのライティングがきっかけでダイエットに取り組むことになっていたとは。この原稿が編集部にあがった時はビックリしました。ヤセタガールのコンセプトは「なりたい自分になる!」です。読者のみなさまだけでなく、私達のいる編集部、ライターや関係者方々もヤセタガールがひとつの成長のきっかけになれば嬉しいです。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ