食事・レシピ
餃子女子が急増中!栄養士が考える餃子のメリット

餃子はラーメンやチャーハンのお供にとガッツリなイメージがあります。臭いも気になるし、お店も男性をターゲットとしたものが多くみられ「女子」に好かれる要素はほとんどありませんでした。

そんな餃子が、女性からの注目を集めています。SNSには美味しそうな餃子の写真や餃子女子会の模様がアップされ、餃子のお店を紹介する本が出版されています。そして「餃子コン」「餃子ダイエット」なんて言葉もあるほど今や女性にとって餃子の位置づけは変わっているのです。

スポンサーリンク

餃子の人気はこの3つの理由から

餃子のアップ

まず1つ目は「におい」です。

今まで心配されてきた、においを気にせず食べられる餃子を提供してくれるお店が増えてきています。ニンニクやニラを使わず本格的な餃子を味わうことができます。それに合わせて、女性でも入りやすいお店の雰囲気作りも行われています。

2つ目は「材料の種類の豊富さ」です。

女性は、いろいろな味を少しずつシェアして食べるのが好きです。餃子は、具材や調味料のバリエーションが豊富な食べ物です。最近では、ラム肉やパクチーといった変わり種を食べられるお店もあります。

3つ目は「SNS」です。

今や当たり前になりつつあるSNSへの写真アップ。カフェご飯より誰もが親しみのある餃子をSNSに載せることで、男女両方からの支持が得られる点が注目されています。

餃子は栄養満点食

蒸し餃子

女子にとって、食べ物の栄養やカロリーは気になるところです。餃子の材料を1つ1つ見てみましょう。

皮→炭水化物

ひき肉→タンパク質・脂質

キャベツ→ビタミン

ニラ→ビタミン・ミネラル

なんと餃子を食べるだけで、5大栄養素がしっかり摂れています。

餃子のカロリーは、1人前で約400kcalと高めに見えますが、餃子を主役に他に食べなければとてもヘルシーな食事になります。

このことに目を付けたのが餃子ダイエットです。

餃子ダイエットとは?

餃子ダイエット

餃子ダイエットの良さは、個数を数えられ食べた数を把握しやすくバリエーションが豊富で飽きないところです。

ニラ・ニンニクに含まれるアリシン(豚肉のビタミンB1と摂取するとアリアチミンに変わり疲労回復)やラー油に含まれるカプサイシン(脂肪燃焼) とダイエットに嬉しい栄養素も含まれています。

1・夜に食べる
2・皮が炭水化物なのでご飯は食べない
3・おいしいからといって食べすぎない

この3つがルールになります。

肉1:野菜2の野菜がたっぷり入った餃子に、代謝アップにつながるニンニクやショウガを入れてあげるといいですね。

タレにはラー油をぜひ加えてあげて下さい。

おいしい餃子をたべたい!4月1日発売の餃子本

Pen(ペン) 2016年 4/15号 [1冊まるごと おいしい餃子。]
CCCメディアハウス
Pen(ペン) 2016年 4/15号 [1冊まるごと おいしい餃子。]

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ