運動
ランニングダイエット、走った後の6つのコツ

ランニングやスロージョギングなど走っているうちにあったかくなりますが、少し休むだけで汗をかいていたら体が冷えますよね。走り終わった後はお風呂に入りたくなる方も多いと思います。でもちょっと待った!実は走り終わりすぐのお風呂はNGなのです。今回はランニング後のケアのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

1.ランニング後のお風呂はNG

自分では平気と思っても、走り終わった後の筋肉や関節は痛んで炎症を起こしています。その状態でお風呂に入ると、血行が良くなり過ぎて炎症が広がり、ダメージからの回復が遅くなってしまいます。ランニング中のフォームも大事ですが、ランニング後のケアはとても大事なんです。

2.クールダウン・ストレッチ

ランニングでほてった体を軽くウォーキングするなどして、徐々に運動強度を落として呼吸を整えていきましょう。長く歩くと汗で体が冷えてしまって逆効果なので、適度に5分くらいお散歩よりちょっと速いくらいの速度で歩きましょう。また、落ち着いたらストレッチも効果的です。ふくらはぎを中心に、使った筋肉を伸ばしてあげましょう。

3.水分補給

有酸素運動で失われた水分はミネラルウォーターやスポーツドリンク等で補いましょう。体から水分が減っていると代謝が落ちますので、体の潤滑油と思って500mlくらい飲みましょう。水分と一緒に塩分やクエン酸も一緒に摂ると体の回復に効果的です。

ちなみにランニング後すぐに体重計に乗ると、体重が減っていることがよくあります。1kgくらい減っていることがあるのですが、それは体から水分が抜けて一時的に減っているだけです。ちょっと走ったら痩せられるという思い込みはダイエットの天敵になりますので注意が必要です。

アミノバイタル クエン酸チャージウォーター20本入箱

ランニング後のクエン酸補給にはこのアミノバイタルのこちらがオススメです。クエン酸3300gとけっこう多め&運動に必要なアミノ酸をダブルで補給できます。

4.短時間シャワー

すぐに汗を流したいという方は入浴はせずシャワーでさっと流す程度で。冬は熱すぎず、夏は冷たすぎない適度な温度が良いです。

5.アイシング

ランニング後に行ってほしいのがアイシングです。氷嚢や保冷剤で患部を冷やして炎症を抑えてください。

6.お風呂はランニング1時間後

お風呂はアイシング後か、炎症が治まってから。目安としては運動後1時間以上たったら入るように心がけましょう。お湯の温度はできれば体温よりちょっと高い程度で、体に負担をかけない半身浴をオススメします。早朝や夕方などの時間帯を問わず、ゆっくり入浴するのはランニングをしてからある程度時間が経ってからにしましょう。

エクササイズ後にやりたい7つのケア

マジのガチでランニングダイエットをするなら

これには2つの方法があるとヤセタガールでは考えています。「走り方を改善」「疑問を解決」。それぞれ参考となるものをご紹介しますのでお読みいただくことをおすすめします。

走り方を改善

世界一やせる走り方

主に女性アスリートをトレーニングしている著者による、やせる走り方の指南書です。特にランニングに慣れていない初心者に対して、より効果の上がるランニングとして良著だと思います。amazonでも高ランク、トレーニング本として1位も獲得していますね。

販売サイトで購入

疑問を解決

Tarzan (ターザン) 2015年 2月26日号 No.666

毎年恒例のTarzanのやせRUN特集。2017年版も出ていますが、こちらの2015年版の方がしっくりきたためヤセタガールでは2015年版をおすすめします。やせRun、しめRun、プレRunと3つの要素に分けて解説。管理栄養士兼ジョギングインストラクターの深野祐子さんが監修されています。

販売サイトで購入

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ