失敗例
体重を落としたい人がやりがちな5つの間違い

ダイエットをしてすぐに効果を期待するのは誰にでもありがちです。でもやり方を間違ってはしまっては、せっかくのダイエット期間が水の泡。リバウンドのないダイエットが目的であれば、以下の5つのやり方は避けたほうが無難でしょう。

中にはすぐに体重減少するものもあります。しかしぬか喜びもつかの間、普段の食生活に戻した途端、リバウンドの可能性も大です。では一体どんなことに気をつけないといけないのでしょうか。

スポンサーリンク

夕食を抜く

ダイエットのために夕飯を抜いて、お腹が空いて寝れなかったりストレスがたまるなら、そのほうが不健康で長続きしません。夕食が遅くなる人は、消化の良いものや軽食にするなど、健康的なオプションを選んでください。

もしあなたの夕食が毎日夜8時以降であれば、それがあなたにとっての生活習慣です。重要なのは一日の運動量と総カロリーです。夜遅く食べるからといって、それが自動的に全て脂肪に変わるということはありませんが、寝る直前に食べることは胃に負担がかかるので、寝る2時間前の食事は避けた方が無難です。

強制的にすべてを断つ

ダイエットをするぞ!と意気込むのはいいことですが、最初から張り切り過ぎると危険です。炭水化物、砂糖類、揚げ物などをダイエットの敵と考え、最初からすべてを完全に断ってしまうと、後でリバウンドが起こるケースが多いです。

ダイエット期間を終えた後、またダイエット期間中であっても、我慢の限界が襲い掛かり食べてしまうこともあります。するとせっかく減っていた体重も、またゆっくりと戻ってきます。体重減少を維持したいなら、ある程度のゆとりを持ったほうがいいということですね。

人間、2つのことを同時に我慢することはできないようです。

低脂肪食品に頼ること

低脂肪、脂肪ゼロなど、色々な飲み物や食品が出ていますが、よくよく表示を見てください。低脂肪食品は味を調えるために、砂糖が使われていたり香料が使われています。こういった飲料や商品を、全面的に信じないようにしましょう。

面倒かもしれませんがダイエットするなら、できるだけ自分で手作りを心がけましょう。新鮮な野菜やフルーツを使ってスムージーにしたり、簡単なスープを作り置きしておくのも手です。もちろん市販品でもいい物もあります。しかし魅力的な謳い文句に惑わされず、表示を見てダイエットに適していない物は手を出さないように。

食事を一切とらないこと

痩せるためには、カロリーを取り過ぎないようにしなければいけません。しかし一切の食事を抜くのは、あまりいい方法ではありません。最近ではファスティングが流行していますが、特殊なダイエット法で専門の方の指導のもとで行うことが推奨されています。

やはり食事をとることは、生きていく上で大切なこと。それをスキップするのは、後々のことを考えても好ましくはありません。カロリーを抑えたいのなら、1週間だけ「肉・揚げ物は取らない」や「ベジタリアンになる」など、軽い考えで食事を変えてみましょう。空腹状態を続けるのは、非常に危険です。

運動したら大丈夫という考え

運動は確かに体重減少方程式の一部です。しかし運動しているからと言って、何でも食べていいというのは大間違い。友人と一緒にトレーニングジムに行った帰り、「運動したから」という理由で、ご飯だけでなくデザートまで食べたという話を聞きます。

「運動したから大丈夫」という考えは、頭から排除しましょう。デザートをプラスしてしまったら、せっかく運動で消費したカロリーをまた倍以上増やしてしまいます。軽いエクササイズは、普段の心がけでいくらでもできます。キッチンで、リビングで、お風呂で、軽く体を動かす習慣をつけてください。

最後に

ダイエットに成功しない人には、必ず「理由」が隠されています。ダイエットとは何も特別なことではありません。毎日の健康生活こそが、私たちが必要なやるべきダイエットです。今以上の美を求めるならば、今より少しの努力でいいので毎日コツコツすることが大切です。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ