食事比較
あなたはどっち派?チアシードvsフラックスシード栄養比較

全世界で認められているスーパーフードの「チアシード」と「フラックスシード」。

体に良しとされている栄養が手軽に摂取できるので、今ではセレブだけでなく一般の人たちにも定着してきたように思えます。特にヨーグルト、シリアルなど、朝ごはんに摂取する人が多いようですね。

ところで、この二つのスーパーフードの違いをご存知ですか?二つともタンパク質や、繊維、オメガ-3s、そのほかたくさんの栄養素をを含みますが、似ているようで実は異なる部分があるんです。ぜひこの機会にこれらスーパーフードの栄養価と、その違いを押さえておきましょう。

スポンサーリンク

チアシードとは?

チアシードのアップ

チアシードとは、アメリカ大陸中央部が原産でシソ科サルビア属ミントの一種。タンパク質、アミノ酸、必須脂肪酸、オメガ3、食物繊維、ビタミン、ミネラルが含まれています。

見た目は小さい黒ごまのような感じで、水分を含むと8倍ほど体積が膨らみます。そのため少ない量でお腹を満たすことができ、さらに豊富な栄養を摂取することができます。

「チアシード」のレシピと食べ方

フラックスシードとは?

フラックスシード flaxseed

「亜麻仁の種」と呼ばれるこのシードは、現代人に不足している栄養素を多く含んでいます。種の状態だと消化と吸収があまりなされないため、種をくだいてパウダー状にしたものや、フラックスオイルで利用することが多いです。

チアシード/フラックスシード栄養価比較表

下記の比較表は大さじ1杯分です。
ちなみにフラックスシードは挽いたものです。

チアシード フラックスシード
カロリー 60 37
脂質(g)  4  3
不飽脂肪酸(g)  0  0
炭水化物 (g)  4  2
繊維質 (g)  4  2
タンパク質(g)  2  1
カルシウム (g) 64 17.9
鉄分(mg)  1 0.4
Omega-3s (g) 2.4 1.6
Omega-6s (g) 0.8 0.4

 

まとめ

いかがでしょうか?けっこうな違いに驚きませんでしたか?チアシードはフラックスシードに比べ、カロリーは2倍ほどありますが、その分ほかの栄養価は倍以上あります。

もしあなたがより多くの栄養を得たいならチアシードを、カロリーを抑えながら小まめに栄養を取りたいならフラックスシードをおすすめします。

注意したいことは両方とも加熱調理には向かないので、加熱せずに摂取してください。そして人によりアレルギー反応が出ることもあります。アレルギー体質の方は、十分気を付けてくださいね。

↓数あるチアシードの中で人気です
健康大陸 チアシード 200g
ラティーナ
健康大陸 チアシード 200g

↓フラックスシードを粉状にしたものです
Swanson オーガニック フラックスシードパウダー (亜麻仁パウダー) 425g [海外直送品]

Swanson オーガニック フラックスシードパウダー (亜麻仁パウダー) 425g [海外直送品]

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ