基礎知識
ダイエットで最初に見直したい3つの『あ』

暖かくなってダイエットにも気合が入る季節になりました!体重が増加する原因は、基礎代謝と活動によって消費するエネルギ―よりも食事として摂取するエネルギーが多いからというシンプルな理由が多いです。今回は減量する場合に最初に気を付けたい、3つの「あ」をご紹介します。

スポンサーリンク

3つの「あ」

3つの「あ」とは
◎あまいもの(甘いもの)
◎あぶらもの(油もの)
◎アルコール

気を付けなくてはと分かっていてもついつい食べ過ぎる、飲み過ぎるものではありませんか?しかし、減量を目指すならまず3つの「あ」を見直して下さい。

「甘いもの」

女性が大好きな甘いもの。しかし、甘いものは炭水化物が多く含まれ、高エネルギーです。炭水化物は1gで4kcalの 熱量があります。クッキー、ケーキ、ドーナッツ、プリン、アイス、ケーキ、ミルクチョコレート、和菓子、ジュースや炭酸飲料などたくさんの種類があります。 

また、菓子パン、砂糖入りの珈琲や紅茶、スポーツドリンクも甘いものに含まれます。たくさん食べたり飲んだりしていませんか?

好きな方は「1日に100kcalまで」などと決めて減らしていきましょう。砂糖を使用した甘いものの代わりにフレッシュな果物にすれば、大幅なエネルギーダウンにつながりますよ!

「油もの」

油を使った料理は、コクと旨味が加わり美味しいです。しかし、脂質は1gで9kcalの熱量があり、とても高エネルギーです。 揚げ物や炒めもの、油の多いドレッシングにマヨネーズなど好んで食べていませんか?調理に使う油やバターだけでなく、カレー、ベーコンやバラ肉、スナック菓子や焼き菓子に含まれる油なども要注意です。また、外食や加工品にはたくさんの油を使用している場合があります。

1日の摂取の目安量は脂質で30~50ℊですが、様々な食品に脂質が含まれるので、調理に使う油は大さじ1程度と覚えると良いでしょう。食べたくても1食に1品までにするなどと決めて減らしていきましょう!

「アルコール」

アルコールは1g7kcalの熱量があります。ビールやワイン、甘いカクテルは炭水化物等を含むので、それらを含まない焼酎やウイスキーなどの蒸留酒がお勧めです。しかし、お酒を飲むと食欲が増し、食べ過ぎる傾向にあるのでどのお酒にしても飲み過ぎないことが大切です。

お酒は純アルコールで1日20g(ビールなら中瓶1本、日本酒なら1合、ワインならグラス2杯)程度にしましょう。
そして、週に2日はお酒を飲まない日を作りましょう。

まとめ

3つの「あ」覚えられましたか?

そして、あなたはどの「あ」を摂り過ぎていたのか気づく点はありましたか?全て禁止するのは大変ですが、適量にすることで身体が変わってくると思います。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ