普段の食事
トレーニング後の何とかしたい空腹対策

せっかく運動したのに、運動しただけお腹が空いて結局食べてしまう→痩せない→運動がストレスに。なんて事はありませんか?もしかしたら、ダイエット中の食事内容が問題だったのかもしれません。

スポンサーリンク

ダイエット中の食事だからこそ、十分なエネルギーを摂取する

数人と食事

ダイエット中だからと言って、十分なエネルギーを摂取せずに運動すれば、体は栄養・エネルギー不足から「飢餓状態」と判断。脳にブドウ糖を送る為に筋肉の分解を始めてしまいます。筋肉はエネルギー消費に欠かせない存在ですから、かえって太りやすい体になってしまうのです。

ダイエット停滞期を乗り越える6つの方法

それだけではありません。エネルギー不足のまま運動を続けると、糖は消費し続けられ低血糖になる可能性も。米エール大学のKathleen Page氏(内分泌内科学)らによって行なわれた研究では、低血糖になるほど高カロリーの食品を求める傾向がみられると報告されています。

運動前に必要なカロリーをしっかりと摂取する事が、運動後の食欲抑制に役立つと考えられるのです。

ダイエット中の食事では「低GI食品」を味方に!血糖値の急上昇を抑える

低GIを促すノート

血糖値の乗降幅が、空腹に関係しています。血糖値が高い程にインスリンが分泌され、血糖を肝臓や筋肉や脂肪組織に送り込み、血中の血糖濃度を一定に保とうとします。結果、血液中の血糖が急に少なくなる事で、またお腹が空いたように感じてしまうのです。さて、ここで運動と血糖値の関係を見ていきましょう。

運動をすると血糖値が下がる事が一般的です。この時、血糖値の下げ幅が大きいとどうなるでしょうか?お腹が減った様に感じ、空腹感に襲われてしまうのです。空腹感に対抗するには「血糖値を急激に上げない事・なるべく一定に保つ事」が大切と言えるでしょう。

そんな時に役立てて頂きたいのが「低GI食品」です。摂取後の血糖値の上昇が緩やかとなり、インスリンも適度に分泌されます。血糖値の急降下が起きにくいのです。それに対して糖質などは消化吸収のスピードが早く、血糖値が急上昇する傾向にあります。

運動後の空腹感にお悩みの方は、通常の炭水化物や糖質を多く含んだ食品よりも、低GI食品をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

カロリー制限ではないダイエット、「GI」という指標を理解する

極端な空腹時間を作らない

サラダをたべる女性

4~5時間おきに食事をしてみましょう。3食中1食でもスキップすると、次の食事で血糖値が上がり易くなります。血糖値を一定に保つためにも定期的な体への栄養注入を心掛けたいですね。

最後に

運動後にお腹が空く原因として、エネルギー不足や、血糖値の急降下が上げられます。ダイエット中だからこそ、普段の食事を少し工夫してみましょう。血糖値の急上昇を防ぐ低GI食品を利用するなどして、空腹対策&運動効果をしっかりと実感したいですね。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ