診断
あなたの1日に必要なエネルギーは?サクっと計算してみよう

今回は1日に必要なエネルギーについて説明したいと思います。必要なエネルギーより低エネルギーな食事を摂り続けると、体重が減る可能性が高いですので参考にして下さいね。

スポンサーリンク

エネルギー必要量とは

人が呼吸や循環など生きていく上で必要となる基礎エネルギーに加え、生活活動に必要なエネルギーを考慮して求めます。対象者の摂取エネルギーから推定する方法と消費量から推定する方法とがあります。

いくつか推定方法がありますが、2つをご紹介します。

食事摂取基準

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準(2015年版)」として推定エネルギー必要量を発表しています。

基準として用いられている平均身長と平均体重

18~29歳(女性) 30~49歳(女性)
身長 158㎝ 158㎝
体重 50.0kg 53.1kg

身体活動レベル別の推定エネルギー必要量

18~29歳(女性) 30~49歳(女性)
低い 1650kcal 1750kcal
ふつう 1950kcal 2000kcal
高い 2200kcal 2300kcal

活動レベル
〔低い〕安静状態が長い方
〔ふつう〕主婦やデスクワークが主な方
〔高い〕重労働や活発なスポーツ習慣がある方

基準となる身長より低い方、あるいは高い方は誤差があります。また、個々人によって消化・吸収能力や筋肉量が異なるため、あくまでも推定される値です。

(参考)厚生労働省HP
[PDF]日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

糖尿病の食事療法から

健康食でもある糖尿病の食事療法から、1日に必要なエネルギーの算出方法をご紹介します。

1発で計算できる1日に必要なエネルギー計算機

〈step1〉
BMI22を用いて標準体重を求めます。

身長(m) × 身長(m) × 22 = 標準体重〇kg

〈step2〉
標準体重を元に活動レベルをかけて1日に必要なエネルギー量を計算します。

標準体重〇kg × 体重1kg当りに必要なエネルギー△ = 必要エネルギー☐kcal

活動レベルに応じて△に数字を入れます。

〔軽労働〕主婦やデスクワークの方 25~30kcal
〔中労働〕立仕事の多い方 30~35kcal
〔重労働〕力仕事の多い方 35~kcal

(例) 160㎝女性、デスクワークの場合は
1.6m × 1.6m × 22 = 56.3kg
56.3kg × 28 = 1576cal
となるので、1日に必要なエネルギーはおおよそ1600kcalとなります。

(活動レベル25~30の中間をとって28を入れました)
実際の患者さんでは、医師が個々人に合わせた指示エネルギーを示します。

まとめ

1日に必要なエネルギーを説明しましたが、いかがでしたでしょうか?数値だけ見てもピンとこない方は、1日だけでもどのくらいのエネルギーを摂っているのか把握することが大切ですよ!

必要エネルギーを上回って食べている方はまず必要エネルギーの範囲にしましょう。また、必要エネルギーよりかなり制限するのではなく、緩やかなダイエットをお勧めします。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ