やせ見え
浴衣の痩せ見えする選び方と着こなし方法

浴衣の2016年新作も販売され始めましたね。今年はどんな柄のものを着るか考えてますか?せっかくなら着痩せして見えるようにスッキリ着こなしたいもの。着物のファッションショーに出演した時に感じた浴衣の細見えする着方と選び方を紹介します。

スポンサーリンク

色と柄の選び方は洋服と同様に

紺の浴衣を着た女性

着物や浴衣などの和服の痩せて見える選び方は基本的には洋服と同じです。浴衣は、少しふっくらしている人のほうが似合いますので、サイズはあまり気にしなくていいでしょう。まっすぐでストンとした体形になるようにタオルをウエストに巻いて補正して着たりもするものです。

浴衣を選ぶ時は、ボディラインを拾わないようにハリのある素材で、紺や黒などのダークカラーや青などの寒色で引き締め効果を狙いましょう。白や淡いピンクは膨張してしまいがちです。柄は、ストライプなどの縦を意識させるものがおすすめです。小花などの小さめの柄より大きめの柄のほうが痩せ見え効果が高いものです。大きすぎる柄を選ばないように注意しましょう。

痩せて見える浴衣の着こなしポイントは襟

紺の浴衣を着て和傘を持つ女性

襟はV字になるように少し開きます。ほんの少し襟元を開いた感じで着るとネック周りやフェイスラインがスッキリして見えます。お洋服でもVネックは痩せ見え効果が高いですよね。浴衣も同様です。

浴衣の襟の後ろの部分を衣紋といいます。浴衣はカジュアル着だから衣紋は下げなくていい、という意見もありますが、「少し」だけ下げてあげるとスッキリして見えます。衣紋を下げる目安は握りこぶし1個分くらいです。浴衣はそれより狭くてもいいでしょう。白シャツでも襟抜きをした着こなしが人気ですよね。浴衣も襟を抜くと首の細さが強調されて痩せた印象になります。うなじもキレイに見えますよ。

襟の注意点とおはしよりや帯締めのポイント

白い浴衣を着て赤いうちわを持った女性

襟元がきまっているとそれだけでキレイですが、開きすぎたり下げすぎたりすると、下品になるので注意しましょう。心もち開く、下げる、というほんの少しのひと手間を加える感じです。着崩れする時は襟から崩れてくるので、開きすぎていないか定期的にチェックしましょう。

襟以外のポイントとして、V字を意識して着るようにしましょう。おはしよりや帯締めという帯の上の飾りの紐のようなものも、少しV字になるように仕上げましょう。具体的なやり方として、帯締めは前から見た時に少しV字型のシルエットを描くように帯の中へ入れ込みましょう。帯締めも帯の真ん中の部分を少し下にさげるように結べばV字風に仕上がります。

浴衣を上手に選んで着こなしで痩せ見えに

白地にあじさいの浴衣を着た女性

浴衣の痩せて見える選び方と着こなし方法を紹介しました。季節を彩る浴衣はすっきりキレイに着たいですよね。素敵な1着を選んで涼しげに夏を楽しんでくださいね。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ