失敗例
どんなに運動しても体つきが変化しない6つの理由

体つき、特に太ももを細くしたい女性は本当に多いですね。太ももは実はお腹よりも痩せにくい部分です。体重を落とすとお腹回りはスッキリしますが、太ももやふくらはぎ、いわゆる「足部分」はあまり変化がありません。

では、なぜ一生懸命エクササイズしても変わらないのでしょう?残念なことに遺伝という場合もありますが、実は太ももが引き締まらないのには理由があります。この理由を分かっていなければ、いくらエクササイズしても変わりません。ぜひとも下記の項目をチェックしてください。

スポンサーリンク

軽すぎるトレーニング

思案中の女性

週に2、3回の軽いトレーニングでは、太ももは変化しないと言い切ってもいいでしょう。そして2、3種類のエクササイズメニューでも変化は期待できません。どんな部分の引き締めもそうですが、毎日エクササイズをしなくてはいけません。

そして変化が少し現れてくるのは、エクササイズを始めて約1ヶ月後からです。特に太ももに関してはダイエットする人に起こりがちな「すぐに結果が出る」という非現実的な思考を持つのはやめましょう。

ダイエットを3ヶ月続ける3つのコツ

下半身に良くないものを摂取している

塩分過多の食べ物

ひょっとして下半身に良くないものを食べていませんか?いくらデトックスにいいからと「体にいい水」を飲んでいても、塩分過多の物を食べていては意味がありません。むしろ、塩分を摂り過ぎた状態で水を飲むと、余計に下半身肥大の原因になります。

体質を変えていくために一番大事なのは、エクササイズをする前に栄養です。その中で、必ず塩分を控えめに、そしてタンパク質は不可欠です。タンパク質は代謝を上げて筋肉をつくるので、より素早く油分を体の中から放出します。毎日の食べるものを意識して、体にいいものを摂取するようにしましょう。

「塩・砂糖・油」の摂り過ぎをリセットしてくれる食材とは?

有酸素運動が足りない

階段を使用する人々

十分な有酸素運動をしていますか?もし有酸素運動が足りない場合、太もも引き締めは期待できません。例えば週に3回以上下半身トレーニングをしていて、少しの変化も見えてこない場合は有酸素運動を加えることをおすすめします。階段の上り下り、急斜面を歩く、ウォーキングをするなど、一日10分~15分でもいいので有酸素運動を加えてみましょう。

年齢を考えていますか?

ダンベルを持ち上げる女性

家でもできる単純な運動は、足、ヒップ、太ももの引き締め、そして脂肪を取り除くことにも良いことです。年をとるほどこのような単純運動はより重要になってきます。なぜなら女性は年をとるにつれて、筋肉を失うからです。

筋肉層は、より痩せていき、より弱ってきます。そして筋肉の上にある脂肪層は、その安定主成分を失うことになり、やがてシワになります。だから年齢がいってからダイエットで脂肪を落とすと、筋肉量がないのでシワシワの体になってしまうということです。

ダイエット方法 › ジム&家での本格的な運動方法

細くするのではなく筋肉質に

美脚

たいていの日本人女性が望む脚のラインは、いわゆるモデルのような筋肉のない「か細い貧弱な脚」です。だから太ももに筋肉がつくのを嫌がる傾向にあるようですね。本来の美しい脚のラインは、筋肉がしっかりとついている美筋脚です。

欧米のモデルやセレブたちは、「筋肉質こそが本来の美」ということで日々トレーニングに励んでいます。だから体重を落とすことに着目するのではなく、下半身の筋肉トレーニングもしっかりやることが大切。美しい太ももラインは、体重を落とすだけでは作れません。

しなやかな筋肉を手に入れる7つの方法

間違った種類のエクササイズ

筋トレする女性

誰でも自分が生まれ持った基本的な体型を変えることはできません、でも努力することにより、少しは改善することができます。例えば細すぎてガリガリの足なら、筋肉を壊してしまうので長距離走を避けるようにしましょう。短くて太めの足ならば、さらに足ががっしりしてしまうので、あまりにたくさんの重いウェイト・トレーニングを避けることをおすすめします。

太ももエクササイズに限らず、体型や体質によりエクササイズ方法はかわります。筋力運動は自分の体型に合うかどうかが大切になります。間違ったエクササイズをしてしまうと、逆効果になってしまうので、しっかり自分にあったものを取り入れましょう。誰にでも共通しておすすめされるエクササイズは有酸素運動です。これだけは毎日しっかりとやるようにしましょう。

エクササイズでやりがちな6つのエラー

まとめ

トレーナーとダイエッター

あれもこれもやって効果が無かったとしたら、それはあなたに合わなかったやり方です。体型や体質などにより、筋力トレーニングなどのやり方は変わってきます。まずはしっかりとリサーチすること、そして自分にあったやり方を見つけることが大切です。今ではYoutubeなどでたくさん情報がありますが、一日ジム体験などで専門のトレーナーなどに相談してみてもいいのではないでしょうか。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ