やせ見え
小柄な人向け、スタイルよく見える着やせのコツ3選

小柄な人のスタイルよく見える着やせのコツをご紹介いたします。ポイントさえおさえておけばスレンダーボディが手に入ります。Iラインを意識して縦長に見えるように工夫をしましょう。

スポンサーリンク

トップスとボトムスのカラーを同系色に

黒の上下を着る女性

低身長さんは、なるべく縦長になるようIラインを意識しましょう。そのために、ネイビーなどのダークカラーで上下を同じ色でまとめるのがおすすめです。どこかで差し色が欲しい時は、色味の違うインナーシャツと重ね着して裾を出してはいかがでしょうか。

ヒップが気になる人はヒップ周りもカバーできます。ただ、視線が分断されるので、同系色でまとめた時より足が短く見えます。ヒップが気になるのか足の短さが気になるのか、ご自身のカバーしたい部位で着こなしをセレクトしてください。

ライトカラーを使うならアースカラーをセレクト

アースカラーのハット

細く見せたい時に選ぶ色はダークカラーが多めになってしまうもの。でも、ライトカラーも恋しくなりますよね。そんな時は、少しくすんだアースカラーをプラスしてみませんか。ハットやベルトなど小物にもってくるだけでこなれた印象になりますよ。ボトムスがダークブラウンでしたら、トップスにキャメルなどを持ってくるのも洗練された雰囲気になります。

でも、シューズだけはできたらパンツやスカートと同系色かヌーディーなカラーにして、脚長効果を高めましょう。ヒールは7センチ以上のハイヒールがおすすめです。ハイヒールはかかとの化粧部分が削れやすいので、減ってきたら定期的にはりかえましょう。歩きやすく姿勢もよくなり、背が高く見えます。

トップスもボトムスもタイトめを意識

タイトなシャツとジーンズを着る女性

ゆったりラフな服装が流行していますが、トップスもボトムスもタイト目のデザインのほうがスタイルよく見えます。ゆったり目のデザインのものが着たければ、ウエスト部分や足首部分など、締めるところは締めているデザインがおすすめです。

特に足首のデザインは、締まっていたり出したりしたほうが細く見えますしトレンドです。2014年春夏の三陽商会の「マッキントッシュ フィロソフィー」はすべてのパンツを6~9分丈にして話題をよびました。足首見せはもはやファッションにかかせない要素です。

タイトなラインを同系色でまとめてスッキリIライン

タイトなラインを意識して同系色でまとめたら、縦長効果で細く見えます。ライトカラーが欲しい時は、小物やインナーに着たシャツなどでプラスしましょう。小柄な人は可憐な印象でもともとかわいいので、細見えも獲得して魅力UPを狙っていきましょう。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ