やせ見え
【2016年版】スタイルアップするシューズデザイン3選

重ね着でごまかしがきかない夏はシューズをチェンジしてスタイルよく見せましょう。ラグジュアリーブランドのルイヴィトンのスニーカーもインソールに工夫がほどこしてあり脚長効果の高いものがあります。各社スタイルアップにつながるシューズの開発に余念がないので、いろいろ履き比べて美脚になる1足をみつけましょう。

スポンサーリンク

ポインテッドトゥで爪先まで伸びるスレンダーな脚

赤いハイヒールをはく女性

ポインテッドトゥとは、爪先のとがったシューズのことです。ひざ下からつながるスリムなラインが脚をほっそりと美しく見せてくれます。ヒールは細く7cm以上あるほうが脚長効果もありスタイルよく見えますよ。デザインもクールで大人っぽい印象にしあげてくれます。足首見せとセットでコーディネートするとより美脚につながります。

ヒールがあまり高すぎると体重が前にかかりすぎて足指が痛くなるので、長時間履く時は注意しましょう。

ウエッジソールのボリュームと厚底で脚長効果アップ

ウェッジソールの厚底のヒール

もともとは、ラグジュアリーブランドのフェラガモが考案したウエッジソール。ソールの部分に厚みがあり、脚長効果を高めてくれ、対比で脚が細く見えます。ピンヒールと比べて安定感があるのもうれしいところ。ヒール靴に履きなれてない人も楽にスタイルアップしてくれます。

注意点は、あまり厚底のものだと、歩いている時にガクっと足首をひねってしまいそうになることです。歩きなれたらそんなこともありませんが、ウエッジソールビギナーの方は大衆の面前でひっくり返ってしまわないようにご注意ください。

ストラップシューズで縦やXのラインをつくりましょう

ハイヒールをはいて階段で座る女性

脚の甲をつつむTストラップで縦のラインを作ったりクロスストラップでXラインを作ったりすると、脚を細く見せることができます。細めのストラップだと、華奢さも強調されます。ストラップ分で縦ラインを作っているのでトゥの形はラウンドでも細見え効果があります。

脚の指は、人差し指や中指が長い欧米人と違い、日本人のほとんどは親指が長いものです。外反母趾が気になる方は、ラウンドトゥで指先を休めストラップで縦ラインを作りましょう。注意点は、ストラップ部分の靴ずれです。ジョンソン・エンド・ジョンソンの「マメ・靴ずれブロック」は半透明でクッション性もあり、痛みを緩和させると高レビューのアイテムですよ。

シューズをチェンジしてスタイルアップを叶えて

スニーカーから黒いヒールに履き替える女性

オシャレの基本は足元から、と言われる通り、シューズ選びはファッションにとって重要です。ヒールの高さからデザインまで2016年のシューズは幅広くラインナップされています。脚長効果が高く細見えが叶うおすすめデザインのシューズをぜひ見つけてください。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ