基礎知識
割れた腹筋を作りたい!そんな女性がやるべきこと

6パックとまでいかなくても、バキッと割れた腹筋に憧れる女性が増えてきました。割れた腹筋を作るのは相当努力が必要ですが、できないことはありません。

健康的な食事(例えそれが体重減少目的でなくても)、それと定期的な運動をすることは当然のこと。しかしそれだけでは割れた腹筋への道のりは遠いです。腹筋を割るためにはどうすればいいか、下記のガイドを読んでください。

腹筋女子、バキバキ腹筋が熱い世代のモチベーション

スポンサーリンク

手法をしっかり知ること

足のびする女性

「夏までに平らな腹筋を得ることは、餓死するか、ジムに住みつくしかない」米国ではこんなジョークも言われるほど、割れた腹筋を得るには厳しい戦いが必要だといいます。

今までのように食べ、今までのような運動では、おそらく割れた腹筋は手に入らないでしょう。腹筋を作るには特別なエクササイズも必要です。まずはしっかりとリサーチすることが大切です。

正しい姿勢をクセづける

腕をストレッチする女性

お腹に脂肪が載りやすい人は、体質もありますが姿勢が大きな原因だと思います。毎日姿勢を真っすぐすることを意識しましょう。

正しい姿勢は腹筋の筋肉を強くし、また健康にもいいことです。姿勢を正しただけで、ウエスト周りが減ったと言う人も少なくはありません。

体幹を鍛える日常生活の過ごし方

有酸素運動で脂肪を落とす

プールサイド目線でプールのレーン

腹筋運動は部分的に筋肉をつける助けになりますが、全体的な体重減少には効果的ではありません。ぜひとも有酸素運動を取入れましょう。

有酸素運動が無ければ、すべての腹筋運動は無駄になります。結果をいち早く出したい方は、強めのインターバル・トレーニングを試してください。

ストレスは常に解消する

ストレスを抱えて仰向けになる女性

ストレスは心にも身体にも、ダイエットにも大敵です。ストレスホルモン・コルチゾールが高い濃度になると、お腹のまわりに保存する脂肪の量を増やすことになります。「ストレス=脂肪」と思って、常に解消してください。

デトックスドリンクを飲む

毎日デトックスドリンクを飲むことにより、体から毒素を排出することができます。例えば毎朝レモン水を飲むと、体をアルカリ化するのを助けます。

レモン水が注目される8つの理由

レモン水の他にも、お好きなデトックスドリンクを飲むことで、脂肪をため込まない体つくりができます。

毎日やりたい朝・昼・晩のトータルデトックス【プラン例】

糖分・脂質から離れましょう

アイスクリームを持つ満足気の少女

特に腹筋作りを強化させたいなら、甘いものや脂肪分の多いものは徹底して控えましょう。アイスクリームやケーキはもちろん、バター類たっぷりのパン類もNGです。できれば野菜などを多めに食べ、満腹感を保つことをお勧めします。

マフィントップを常に見る

マフィントップをこしらえる女性

米国ではお腹に乗った脂肪のことを「マフィン・トップ(マフィンの形に似ているので)」と言います。
常にお腹に乗った脂肪を見て、意識することによりモチベーションアップに繋がります。

また、腹筋運動をするときは、鏡を見ながらするのがおすすめです。最初はそれこそ見たくないかもしれませんが、筋肉の動きがわかるので、筋肉がついてきているのも確認できます。

マフィントップに効果的な4つのエクササイズ

まとめ

割れた腹筋を手に入れるには、やはり持続継続は当たり前です。体重を落とすよりも厳しいので、ほとんどの人が途中で挫折してしまうと聞きます。

筆者自身も今チャレンジしていますが、結果を急がないことが大切。長い目で見て毎日コツコツと地味にやっていくことがポイントです。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ