季節やせ
今から覚えておきたい!夏太りの原因と対策

本格的な夏も、もうすぐそこですよね。背中の開いた洋服や、水着、短パン、ミニスカートなどを着るシーンも多い夏。そんな時に女性を悩ませるのが、「真夏太り」。特に過食した訳でもないのに「何故か、夏場に太って見える」なんてことはありませんか?熱い時期特有の環境そのものや、何気ない生活習慣が、その原因となっているのかも知れません。原因と対策をご紹介させて頂きますね。

スポンサーリンク

夏太りのメカニズム

鏡越しに微笑む女性

その1:体質の変化
夏の暑さが原因で静脈が広がり、そこから血液が逆流→然るべき循環が出来ず水分をため込んでしまう→むくみを生じさせるケースがあります。適宜の運動が、解消に役立ちます。

その2:冷房の効き過ぎ
オフィス、学校、家の中、デパートなど、どこも冷房だらけですよね。冬場はしっかり着込んでいるので急速に体が冷え込むことはありませんが、夏場は薄着なので体はあっという間に冷えてしまいます。

体の冷え→血行不良となり、特にオフィスで働く方は足を動かす機会があまりなく、脚のむくみが出やすい時期となります。

その3:本当に必要?塩○○
夏になると「夏バテ予防に」と、キャラメル・飴・チョコや飲料水などに「塩」を含んだ商品が人気を集める傾向があるようです。確かに脱水症状を予防する為には、水分と適量の塩分が必要ではあります。

ですが、しっかりと水分を取り、日常生活で多少汗をかく位では特別に塩分が必要なレベルではありません。「運動をする場合」・「汗を大量に書く場合」に限って、こうした補助塩分の力を借りるようにしたいですね。

その4:冷たい飲み物
耐え難い暑さから、ついつい冷たい飲み物を一気飲みしたくなりますよね。冷えたビールも一層美味しく感じる時期です。ですが、これこそ夏太りの原因。内臓が冷えてしまい、血行不良→むくみとなってしまいます。お水などは、出来れば常温で飲みたいところです。

その5:水分不足
水分不足になると、体が水分をため込もうと、尿の排出を遅らせる「抗利尿ホルモン」を分泌。1度このホルモンが出ると、2日間はこの効果を発揮してしまうのだとか。慌てて水分を取ってもこの間の水分は溜め込まれたままの状態になってしまいます。

そんな事にならない為に、食事からの水分も含めて1日で2~2.5リットルの水分摂取を心掛けてみましょう。オフィス勤めの方などは、涼しい為、水分補給をついつい忘れがちに。時間を決めて少しずつでも良いので、水分摂取するようにしたいですね。

最後に

川に向かって伸び

夏太りの5大要因をご紹介させて頂きました。こうしてみると対策可能な原因がほとんどですよね。ちょっとした工夫や意識で、夏太りを寄せ付けない体質を目指してみたいものです。

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ