運動
運動前は控えたい飲み物5選

エクササイズ前にお腹いっぱい食べる人は、もういないと思います。しかしあまり知られていないのが、飲んではいけない飲み物の種類。ある種の飲み物を飲んだ後にエクササイズをして気分が悪くなったことありませんか?では、どんな飲み物がいけないのでしょうか。下記をチェックしてください。

スポンサーリンク

ミルクベースの飲み物

牛乳

タンパク質が豊富だと思って、ミルクベースのプロテインドリンクや、ミルクシェイクを飲んでいませんか?ミルクはタンパク質にくわえ炭水化物と脂肪を含むので、消化するのに多くの時間がかかります。プロテインドリンクを飲むのなら、エクササイズ後にしましょう。できれば、お砂糖は控えめにしましょう。

減量用のプロテイン、ダイエット中にオススメな理由

甘い果汁のジュース

ジュース

ジュースと言われるものは、ハイフルクトース・コーンシロップ(HFCS)(肝臓機能不全、メタボリックシンドロームと肥満の原因ともいわれる合成甘味料)を含んでいます。エクササイズ前にそれらを飲むと、余計に吸収を高めてしまいます。

できればこのような果汁飲料は、普段から避けたいところですね。その代わりに新鮮な柑橘類の果物や、ミント、バジルなどを、お水に混ぜて飲みましょう。またはココナッツ水を選んでください。トレーニングの間、失う電解質を補充してくれます。

お酒

ビール

当たり前ですがアルコール類は絶対にNGです。しかし、欧米ではたまにアルコール度が低めのビールを飲んだ後に、エクササイズをする人もいるのです。アルコールは水分を失うだけでなく、刺激が強く意思判断に影響を与えます。もし少しの刺激が必要ならば、ライトローストのコーヒーにしてください。機敏さが増して、運動パフォーマンスを向上させることができます。

炭酸飲料

炭酸飲料

炭酸飲料は腹痛とガスを引き起こすことがあります。そしてかなりの量のナトリウムを含み、脱水症状を引き起こす場合もあります。もし、ダイエットソーダなどを飲んだなら、片頭痛のようないくつかの副作用が出る場合もあります。人工甘味料は、めまい、記憶喪失、気分変動などの影響が出る場合もある、ということを知っていてください。できれば、ソーダの代わりに、冷たい緑茶などを持参してください。

スポーツドリンク

スポーツドリンク

意外に思われるかもしれませんが一部のスポーツ飲料の正体は、実は砂糖水でありほとんど栄養を含みません。中には多少の添加ビタミンと電解質をうたっているメーカーもありますが、高い砂糖含有量はエネルギー事故を引き起こすこともあります。

「スポーツドリンクを飲むと、水分を早く体に入れることができる」と言いますが、信用しすぎてはいけません。飲むなら添加物の少ないトマト・ジュース(カリウム含)や、自然の砂糖(ココナツシュガーなど)を少しお水に混ぜる程度にしましょう。

まとめ

水分をとる女性

運動をする前は、食べ物、飲み物ともに気を付けないと、運動中に気分が悪くなることもあります。先日も、水泳前に甘いジュースをたくさん飲んでいた子供が気分を悪くして吐いている姿を見ました。そして友人の話ですが、長距離サイクリングをする前にまだ時間があるからと言って「オレンジジュース」と「クリームパン」を食べ、気分が悪くなってサイクリングを中止した、ということもありました。運動する前は特に気を付けて、ベストなコンディションを心がけましょう。

運動前には避けたい6つの食品

ヤセタガール動画でやせよう!

チャンネル登録

チャンネル登録して最新動画をチェックしよう!


関連コンテンツ